ベライゾン・メディア・グループは水曜日、従業員の7%をレイオフすることを明らかにしました。CNNなどメディアが一斉に報じました。同グループは800人の従業員がおり、約60名と考えられます。同社はヤフーとAOLの合併に伴い11月に誕生し、旧Oathを含みます。主なメディアには、ヤフー、ハフポスト、タンブラーなどがあります。

翌木曜日の午前にはハフポストでレイオフが進められていると従業員らがソーシャルメディアで明らかにしました。また、TheWrapはハフポストで影響を受けたのは20名だと伝えています。

オピニオンコーナーを統括していたBryan Maygers氏は「オピニオンコーナーはもはやなく、他のスタッフも去った」とツイートしました。ピューリッツァー賞にノミネートされたこともあるJason Cherkis氏も自身がレイオフされたことを認めています。

TheWrapの取材に答えたある従業員は「困惑と苛立ちでいっぱいです。沢山の人が朝から予定を入れられ、恐らくレイオフを告げられています。素晴らしい記者を経営陣の愚かな選択でレイオフするというのはフェアではありません。」と述べています。

昨日には、BuzzFeedも約120名のスタッフをレイオフすると明らかにしています。