11月30日(土)に開催される『一冊会サミットvol.1「メディアのミライ事業戦略」with Media Innovation Academy Sponsored by pasture』にて、読書をもっと面白くするソーシャルリーディングプラットフォーム「ReadHub」の登壇が決定いたしました。

ReadHubは、7月30日、シードラウンドにおいてIncubate Fund、豊吉隆一郎氏、山口豪志氏らを引受先とする第三者割当増資を発表しました。

 『出版業界にインターネットという武器を授けたい』という思いをReadHubの青木郷師社長は持っているようで、読書体験のアップデートを目指しているとのこと。

「実名ソーシャルリーディングアプリReadHubは人から本が探せるサービスとなっています。大学教授や起業家、投資家など、様々な業界の人のオススメの本が閲覧できます。また、友人や職場の先輩などと、ご自身の読んだ本を共有できるアプリとなっているので、ぜひ読書が好きなご友人と誘い合ってご活用していただきたいです。」

引用元:出版業界にインターネットという武器を授けたい

クックパッドの広告事業・マーケティング事業創成期より参加し、同社IPOにもトップセールスで貢献した山口豪志氏は、投資した理由を下記のように述べています。

本という媒体の持つ可能性を感じており、書籍の販売部数が下がる中においても、やはり書籍で読むことの価値を感じている身としては、是非とも、この領域での事業を応援させていただくことに致しました。

11月30日(土)に開催される『一冊会サミットvol.1「メディアのミライ事業戦略」with Media Innovation Academy Sponsored by pasture』では、ReadHubの事業を直接聞くことができます。是非会場にお越しください!