fbpx

博報堂DYメディアパートナーズがGunosyと協業プロジェクトを開始

株式会社博報堂DYメディアパートナーズと株式会社Gunosyは、広告市場のデジタルトランスフォーメーション(DX)を通じて、広告の多種多様な潜在価値を可視化し、需要創造を行う協業プロジェクトを開始します。

協業プロジェクトの背景や狙い

5GやIoTといったテクノロジーの進化に伴い、今後はあらゆるモノと生活者が常時接続されるようになります。その結果、様々なタッチポイントが創造されるでしょう。タッチポイントの創造で、これまでにない多種多様な広告商品が生まれ、広告市場の大きな変化も考えられます。

これまで広告業界ではインターネット広告などを中心に様々なデジタル化に対応してきましたが、広告商品の取引プロセス、広告素材の制作、広告効果の可視化や評価について様々な偏りや非効率さが顕著になってくると推測しています。

そのような非効率を可視化、効率化することで広告業界の潜在需要を活性化できると考え、協業プロジェクトの開始を決断したとのことです。具体的には、以下の取り組みを予定しています。

  • 広告枠の潜在価値を定量化できる広告PDCAシステムの開発
  • 様々な広告枠を一元的にパッケージ化できる販売支援ツールの開発
  • 広告取引のDX化に関する技術開発ならびに人材開発
2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

ニュースに支払うプラットフォーム、慈雨ではなく新たな利権に過ぎない【Media Innovation Newsletter】2/28号

本誌でも再三お伝えしているように、オーストラリアで議論されていたプラットフォーマー(グーグルとフェイスブック)に対して、ニュース利用に対する対価の支払いについて交渉を義務付け、仲裁の仕組みも導入した「ニュースメディア交渉法」(News Media Barganing Code)が修正の上で可決される見通しとなりました。

雑誌を買収して巨大化する米Pocket Outdoor Media、セコイアから調達して新たな買収

雑誌やテレビなど約40のブランドを展開する、米国...

お知らせ

関連記事