fbpx

インフォバーン、新規事業・サービス開発に必要なデザインプロセスを支援する新サービス

株式会社インフォバーンのデザインコンサルティング、UX/サービスデザイン事業部であるIDL [INFOBAHN DESIGN LAB.](IDL)は、新規サービスとして「Making & Meaning」と「Critical Story Making」を開始しました。

今回開始した新規サービスでは、新規事業や新規製品・サービスを開発する上で必要となるデザインプロセスを支援します。「Making & Meaning」は新規事業創出のためのデザインイノベーションの支援、「Critical Story Making」は仮説を批判的に捉え直すことを支援するサービスとなります。

IDLでは、デザインをR&D活動そのものとして扱うコンセプトを「Design as R&D(DRD)」と定義し、新規事業や新規の製品・サービスの開発時に重要に扱うべきデザインテーマ(研究課題)の探索から新しい意味のデザイン、個別の製品・サービスへの展開までをProof of Vision(PoV)、Proof of Concept(PoC)、Proof of Business(PoB)の三つのステージを経て、継続的かつホリスティックにサポートしていきます。

Making & Meaningとは

新規事業をデザイナー視点から開発したい、イントレプレナー育成プログラムを実践、推進したい人を対象に、多角的な視点から批判的に磨き込まれたコンセプトを開発し、新たな事業機会を生み出します。

想定ユーザーと「サービスの仮説形成→プロトタイプを通した仮説の具現化→仮説検証」のサイクルを伴走しながらサービスデザインの手法を利用した事業開発方法を提供します。

Critical Story Makingとは

新規事業や新規の製品・サービスの企画者、ストーリーメイキング手法に興味のある人を対象に、ユニークな文脈、切り口を新規事業の出発点探しやビジョンづくりのプロセスとして生み出します。

新規事業や新規の製品・サービスの開発に向け、過去の文脈とは切り離された新しい視点を探索する手段を提供。「文章を書く」という行為に根ざしたサービスとなっており、アイデアを仮説として文字に落とし込む作業により、仮説そのものを批判的に捉え直すことを支援します。

同社では、新規サービスと最新のポートフォリオについての資料を公開しています。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

お知らせ

関連記事