静岡新聞社と静岡放送が「FUJIYAMA BRIDGE LAB」を設立…新規事業開発とCVCを柱に事業を展開

株式会社静岡新聞社と静岡放送株式会社は、グループ会社として新会社「FUJIYAMA BRIDGE LAB株式会社」を2022年4月1日に立ち上げました。

「FUJIYAMA BRIDGE LAB」は、新規事業開発と有望なベンチャー企業等への投資(CVC)を事業の2本柱として設立。新会社として「新しい価値・サービスの創造」「企業・事業との協業を積極的に推進」「地域社会に対する価値提供への約束」の3つを提供できるように事業を拡大していきます。代表取締役には大石剛氏、取締役には阿部満氏、松本真尚氏が就任しました。

新規事業開発チームには、2021年1月に立ち上げた静岡新聞社・静岡放送の社内組織Future Creation Studio(未来創造工房)を移管。継続して活動し、社内コミュニケーション活性化サービス「GOFUN!」の開発、カルチャースクール・SBS学苑を活用した「biima Sports静岡」の展開などを進行していきます。また、その他の事業アイデアも鋭意検証中です。CVCは、6月の設立に向けて準備しています。

「FUJIYAMA BRIDGE LAB」という社名には、静岡発、日本発であることと、海外での展開を鑑みて海外でも知名度の高い富士山こと、FUJIYAMAを使用しています。BRIDGEには、人と人をつなぐ、地域とつなぐ、企業とつなぐ、その架け橋になっていきたいという強い想いが込められています。

新会社のロゴには、社名にも使用した「FUJIYAMA:富士山(上)」と「BRIDGE:架け橋(下)」で大きな正円を描いています。コーポレートカラーは、日本の伝統色である紺藍です。

新規事業の取り組み

社員同士の価値ある結びつきを提供するコミュニケーション活性化サービス「GOFUN!」は現在、パートナー企業セールス実施中です。ローンチは、企業数を段階的に増やしたのち行う予定です。

最新のスポーツ科学と21世紀型幼児教育学を融合した総合キッズスポーツスクール「biima sports」は、株式会社biimaと2021年10月にパートナーシップ契約を締結し、SBS学苑の講座として、静岡市に「SBS静岡校」を新規開校。会員数の拡大、開催レッスン数の増大、県内他エリアへの新規校舎開設、出張イベントの開催などに取り組んでいきます。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,459フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

期待の新メディアスタートアップ「セマフォー」とは?【Media Innovation Weekly】7/4号

ニュースサイクルが一巡し、ニュースメディアの成長は一段落した感がありますが、2024年の大統領選挙に向けて、この領域にチャレンジしようとするスタートアップ「セマフォー」(Semafor)が注目を集めています。

NewsPicks、新編集長に泉秀一氏が就任「希望を灯すメディア」を目指す

ソーシャル経済メディア「NewsPicks」は、...

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger