LINEとJR東日本、電車内広告の閲覧・視聴のユーザー体験向上を目指す

コミュニケーションアプリ「LINE」を運営するLINE株式会社(以下、LINE)は、

オトナルとニッポン放送、ポッドキャスト番組でのプログラマティック音声広告の販売を開始

株式会社オトナルと株式会社ニッポン放送は、マルチプラットフォームで聴取可能なポッドキャスト番組でのプログラマティック音声広告の販売を開始します。

「いこーよデータ」を活用した広告配信を開始…子どもの年齢や沿線データを利用

アクトインディ株式会社が運営する子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」が、株式会社オリコムとデータ領域で協業し、「いこーよデータ」を活用した広告配信サービスを開始しました。

タブーラとアウトブレインが合併、コンテンツディスカバリーでGoogle、Facebookに対抗

コンテンツディスカバリーやネイディブアドの世界大手のタブーラ(Taboola)とアウトブレイン(Outbrain)という競合2社が合併に合意したと発表しました。合併後はタブーラのブランドを使い、タブーラの創業者でCEOのAdam Singolda氏が引き続きCEOを務めるとのこと。アウトブレインの株主は新会社の株式の30%と2.5億ドルを現金で受け取るとのこと。

「日本初のCDO」の長瀬次英氏がブランディングカンパニー「柴田陽子事務所」CSOに就任

ユニリーバでブランド開発責任者を経て、インスタグラムの日本事業代表責任者や日本ロレアルのCDO等を務めた長瀬次英氏が、東急電鉄「LOG ROAD代官山」、「渋谷ヒカリエ レストランフロア」、2015年ミラノ国際博覧会の日本館レストランプロデュースなどを手がけてきた今最も勢いのあるブランディングカンパニー「柴田陽子事務所(通称:シバジム)」のChief Strategic...

Gunosy、機械学習を活用した入札機能「UOP」をリリース

ニュース配信アプリ「グノシー」を運営する株式会社Gunosy(以下Gunosy)は、運営する広告プロダクト「Gunosy Ads」において、機械学習を活用した入札機能「UOP」(User Optimized Pricing、以下「UOP」)をリリースします。

電通デジタル、LINE公式アカウント向けサービス「BOT BOOSTaR」を提供開始

株式会社電通デジタル(以下、電通デジタル)は、LINE株式会社(以下、LINE社)が提供するMessaging API ※1を活用し、LINE公式アカウントで多様なコミュニケーションが可能になる新規顧客獲得・既存顧客育成支援サービス「BOT BOOSTaR(ボットブースター)」を開発、提供を開始しました。

大日本印刷とソネット・メディア・ネットワークス、ヘッダービディングによる広告配信に対応

大日本印刷株式会社(DNP)とソネット・メディア・ネットワークス株式会社(SMN)は、最適な広告枠の買付とプランニングを支援するサービス「Logicad for Publishers」(LFP)と「DNP BookAD...

Facebook、3つの新しい広告フォーマットを発表。ビジネスと利用者のよりインタラクティブな対話を可能に

Facebookは9月19日(米国時間)、ビジネスが利用者とよりインタラクティブに対話できる3つの新しい広告フォーマットを発表しました。

VOYAGE GROUPの広告プラットフォーム「PORTO」と「Oracle Data Cloud」が連携強化

CARTA HOLDINGSのグループ会社であるVOYAGE GROUPと日本オラクルは、 VOYAGE...

BuzzFeed、Group Nine、Insiderの3社が動画広告販売で協業か

WSJは、米国の動画パブリッシャーが広告の共同営業に向けて協議を進めていると伝えています。参加しているのは、BuzzFeed、Group Nine Media、Insiderの3社。また、Group Nineの親会社であるDiscoveryも会話に参加しているとのこと。Group...

ワシントン・ポスト、広告主がオンラインから直接購入し運用できる「Zeus Prime」を開発

米国のワシントン・ポストは、広告主がワシントン・ポストの広告在庫をオンラインでリアルタイムに購入できる「Zeus Prime」を開発し、導入すると発表しました。今後、同社以外のプレミアムメディアの広告枠にも対称を広げていくとのことです。ZeusはArc Publishingの一部として開発されていますが、どのCMSを利用しているパブリッシャーでも利用できるとのこと。

日本でのオンライン広告詐欺の被害総額は680億円と予測

サイバーセキュリティを提供するCHEQ AI Technologies Ltd(CHEQ)が実施した世界的な経済調査によると、日本でのオンライン広告詐欺の被害総額が680億円に上ると予測されていることがわかりました。

ハースト婦人画報、ブランドマーケティングに特化した組織「Hearst Data Studio」を創設

株式会社ハースト婦人画報社が、クライアントブランドの課題に沿った広告施策を提案・実施する組織として、Hearst Data Studio (ハースト...

DACのDMP「AudienceOne」とCriteoの広告配信ソリューションが連携

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(以下 DAC)が、自社で開発・提供するDMP「AudienceOne®」※において、インターネット上のオープンな広告プラットフォームを提供するCriteoの広告配信ソリューションとの連携を開始。これにより企業は、Criteoで配信する際に「AudienceOne®」が持つオーディエンスデータを活用し、フルファネルへ対応したダイナミック広告キャンペーンを効果的に展開できるようになります。

CHEQ JAPANとCCIが広告効果分析を実施・・・掲載面によってCTRが最大2.5%上昇することが判明

CHEQ JAPAN株式会社と株式会社サイバー・コミュニケーションズは、CHEQの技術を活用した広告配信における広告効果分析を実施。その結果、CTRは最大2.5倍、ブランド好意度は4倍以上の数値になっていることていることがわかりました。

CCI、デジタル広告のプランニングやレポーティングを支援する「lake.」を基本無料で提供開始

株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社である株式会社サイバー・コミュニケーションズ は、デジタル広告業務をサポートするツール「lake.(レイク)」を開発し、提供を開始します。

Glossom、グリーメディアを活用した広告マーケティング施策の提供を開始

グリー株式会社の100%子会社であるGlossom株式会社が、グリーグループの複数メディアの広告キャンペーンやマーケティング施策の提供を開始、メディア横断での取り組みやデータ分析をもとにした企画など、幅広いジャンルの広告クライアントの移行に対応が可能となりました。

電通、効果的なマーケティングを実現するメソッドを開発…ビッグデータを活用して購買効果を可視化

株式会社電通は、主に飲料・食品・トイレタリー等の日用消費財ブランドでの活用を想定したマーケティングメソッド「モーメントアーキテクチャ™」を新たに開発、サービス提供を開始しました。

オプト、早稲田大学との産学連携プロジェクトで、数理統計や機械学習による広告の費用対効果向上を共同研究

株式会社オプトのData Intelligence Teamは、広告の費用対効果の向上を目指すため、早稲田大学 基幹理工学部...

ログリー、DACの「AudienceOne」と連携…「LOGLY lift」でオーディエンスデータを活用した広告配信が可能に

ログリー株式会社は、自社が提供しているネイティブ広告プラットフォーム「LOGLY lift」において、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DAC)が提供するDMP「AudienceOne」との連携を開始しました。

Supershipと中国のMininglamp Technology、クロスボーダーマーケティングで協業

Supership株式会社と明略科技集团有限公司(以下:Mininglamp Technology)およびMininglamp Technologyの日本法人である株式会社Leading Smart...

EVERRISEが広告費の支払先を分析・・・インターネット型運用広告の出稿先の50%がGoogleであることが判明

広告運用のデータ収集をするサービス「HARBEST(ハーベスト)」を提供する 株式会社EVERRISEは今回、企業がHARBESTを活用して収集した運用データについて広告費の支払先を分析しました。

オトナル、音声広告に接触したユーザーをリタゲで追跡できる広告商品を開発

"オト"×アドテクノロジーを活用したデジタル音声広告事業を展開する株式会社オトナルが、デジタル音声広告を聴き広告接触したユーザーを、ディスプレイ広告や動画広告といった運用型広告のリターゲティングで追跡することが可能な『デジタル音声広告 for リターゲティング』 を2019年8月20日より開始します。

D2C Rとブログウォッチャー、位置情報×アプリ内行動分析による広告配信を開始

株式会社D2C Rと、株式会社ブログウォッチャーは、D2C Rが提供するスマートフォン向け広告効果測定データ基盤「ART DMP(アート...

dely、「クラシル」オーディエンスデータを活用した新広告メニューをヤフーと展開

レシピ動画サービス「kurashiru(クラシル) 」を運営するdelyは、ヤフーが提供するYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)にクラシルオーディエンスデータを活用した新広告メニューの提供を開始しました。

Phybbitがアドフラウド調査レポートを公開

株式会社Phybbitは、「アドフラウド調査レポート2019年7月」を公開しました。(調査期間:2019年1月1日 〜 2019年6月30日)この定点調査は今回で2回目となります。

VR技術を活用した広告評価システムを開発…VR空間にてOOH広告に対する消費者の反応を測定

株式会社360Channelの総合VRプロデュース事業であるVR PARTNERS、株式会社ディーアンドエム、及び株式会社HOLIDAY STUDIOが31日、バーチャルリアリティ(VR)技術を活用した広告評価システム「バーチャルアドバリュー」を共同で企画・開発したことを発表しました。

LINE、8月より新たなアドネットワークサービスの提供を開始…TikTokにも配信可能に

LINE株式会社は30日、同社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」および「LINE」関連サービスにおいて、8月より新たなアドネットワークサービス「LINE Ads Platform for...

マイナビ、電通RM及びZOOOG、ID-POSを活用した広告配信パッケージを展開

株式会社マイナビ、株式会社電通リテールマーケティング(以下「DRM」)、株式会社ZOOOGは、3社共同で広告パッケージを展開することを発表しました。

良質なコンテンツにより広告の好感度が74%上昇…IASが脳科学の観点から、コンテンツとデジタル広告の関係を調査

Integral Ad Science(本社:米国ニューヨーク)は、スマートフォンで閲覧するコンテンツの質が広告のパーセプションに及ぼす影響を脳神経学の観点からの調査レポートを発表し、IAS Japanは、同レポートの日本語版を発表しました。

電通系3社、日本発「物販系ECプラットフォーム広告費」を推計…2019年には前年比128%へ成長見込み

株式会社D2C、株式会社サイバー・コミュニケーションズ、株式会社電通のグループ3社は、「日本の広告費」関連市場を把握するため、日本で初となる「物販系ECプラットフォーム広告費」の推計を共同で実施、29日に結果を発表しました。

SupershipがDMP「Fortuna」を「TikTok Ads」にOEM提供…より豊富で正確なデータを用いた広告配信が可能に

Supership株式会社は、ByteDance株式会社が提供する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads」へ、ハイブリッド型DMP「Fortuna(フォーチュナ)」のOEM提供を開始しました。

訪日客に受け入れられるインターネット広告とは…アウンコンサルティングが調査

アウンコンサルティング株式会社は、訪日客数の多い中国、香港、アメリカに対して、Web広告に関する意識調査の結果を発表しました。

D2C R、D2C、Gunosy、ドコモのデータを活用したアドネットワーク「GRID Platform for docomo Ads」を販売開始

株式会社D2C Rと株式会社D2Cは、株式会社Gunosyと協業し、株式会社NTTドコモが提供するデータを活用したアドネットワーク「GRID Platform for...

サムライト、インフルエンサーを活用したダイレクトマーケティング特化型の新サービスを提供

企業のコンテンツマーケティングやメディアビジネス等を支援するサムライトは、ブランドアンバサダーマッチングサービス「SAME」と、SNS広告運用サービスを組み合わせたダイレクトマーケティング特化型サービスの提供を開始しました。

サイバーエージェント、ログリーなどインターネット広告配信事業者9社が、広告の課題解決に向けた共同声明を発表

ログリー株式会社など、インターネット広告配信事業者9社は、インターネット広告配信に携わる事業者と共同でネット広告の課題解決に向けて「ネット広告健全化に向けた9社による共同声明」に賛同することを表明しました。

Filmarks、映画のマーケティング支援サービスを提供…公開前の反応ユーザー層の違いを比較

株式会社つみきが運営する映画とドラマのレビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、映画の趣味嗜好クラスターを可視化するマーケティング分析ソリューションの提供を開始しました。

MediaMath、業界初となるプログラマティックビデオのコンテキスト広告ターゲティングソリューションを提供開始

マーケター向けの独立系プログラマティックベンダー、 MediaMathは、IRIS.TVと提携し業界で初めてプログラマティックビデオ向けのバイサイドビデオコンテンツターゲティングソリューションの提供を開始すると発表しました。

電通、世界の広告費成長率を予測・・・2019年の広告費は6,099億ドル

電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、世界59カ国・地域から収集したデータに基づいた「世界の広告費成長率予測」を発表しました。

Adjustが新たに2億2,700万ドルを調達・・・モバイル計測とアドフラウド防止を更に強化

モバイル計測およびアドフラウド防止の業界リーダーであるAdjust(アジャスト)株式会社は投資ラウンドによって2億2,700万ドル(約246億円)の資金調達が完了したことを発表しました。

SSP「adstir」が不正広告対策を強化、AI搭載アドフラウド対策ツール「SpiderAF」を導入

ユナイテッドは、SSP「adstir」にPhybbitが提供するAI搭載アドフラウド対策ツール「SpiderAF」の導入を開始しました。

カクテルメイク、簡単に最適な動画広告クリエイティブ制作を可能にする新しいフレームワーク「AIBAC」を公開

SaaS型動画広告自動生成ツール「RICHKA(リチカ)」を提供するカクテルメイク株式会社が、動画広告のクリエイティブ作成が可能なフレームワーク『AIBAC』を開発しました。このサービスでは、10万本以上の動画広告クリエイティブを制作してきた実績をもとに、「①Attention(注意喚起)」「②Interest(興味関心)」「③Benefit(利益)」「④Action(行動喚起)」の4つの要素を抽出し、専門的なノウハウがなくても効率的な動画広告のクリエイティブを作成することが可能です。

ONE MEDIA、ユーザーの傾向に沿った動画広告パッケージ「Yahoo! JAPANじぶんCM」を開発

ワンメディア株式会社は、ユーザー属性だけではなく、趣味・嗜好に合わせ動画広告を配信する「Yahoo! JAPANじぶんCM」を開発しました。

オトナル、「Spotify」向けにプロアナウンサー音声を使った広告の配信サービス開始

音声UX/UIサービスおよび関連するAIの開発を行う株式会社オトナルは、自社展開するプロアナウンサーの音声を使ったコンテンツ制作サービス「クラウドスタジオ」を活用し、定額音声サービス「Spotify(スポティファイ)」向け音声広告の制作、運用を行うサービス「Spotify広告配信 byクラウドスタジオ」を開始する事を発表しました。

ヤフー、アフィリエイト広告を掲載したサイトの広告出稿を排除へ

ヤフー株式会社は、2019年6月3日からYahoo! JAPAN広告掲載の判断基準を変更することを発表しました。ユーザー保護および広告掲載面の品質向上を目的としています。

朝日新聞社、訪日客向けPR映像の制作・配信・販売事業を開始…第一弾をYouTubeで配信開始

株式会社朝日新聞社と株式会社朝日アドテックが、訪日客向けPR映像の制作・配信・販売事業を開始しました。第一弾として、静岡県の春夏秋冬の魅力を映像化した「Inspiring SHIZUOKA」の配信をYouTubeで開始しました。
1,755ファンいいね
7フォロワーフォロー
1,595フォロワーフォロー

お知らせ

最新ニュース