UUUMの2Qは売上高が100億円を突破

UUUM株式会社が14日に発表した2020年5月期 第2四半期の連結業績(2019年6月1日~2019年11月30日)は、売上高109億1900万円(前年同期比24.8%)、営業利益7億7300万円(7.3%)、経常利益7億7000万円(6.4%)、親会社株主に帰属する四半期純利益4億5900万円(1.8%)となりました(決算短信)。

イースト・ファクトリー、サイバーエージェントと共同で、タレントのYouTubeチャンネル開設における企画・開発支援サービスを開始

テレビ番組・インターネット番組・劇場用映画の企画と制作を行う株式会社イースト・ファクトリーが、株式会社サイバーエージェントと共同でタレントのYouTubeチャンネル開設における支援サービスの提供を開始しました。

みずほ銀行、凸版印刷のAI校閲で印刷物等のチェックを省力化

凸版印刷株式会社が、AIを活用することで印刷物・デジタル媒体に関する業界・企業特有の表記や専門用語を学習し、企業ごとの基準に合わせて文章の校閲・校正を可能にする「AI校閲・校正支援システム」を2019年10月に開発しましたが、1月よりみずほ銀行で採用が決定しました。

GunosyのQ2業績、アクティブユーザーが増加するものの積極的な広告宣伝で増収減益

株式会社Gunosyが14日に発表した2020年5月期 第2四半期の連結業績(2019年6月1日~2019年11月30日)は、売上高75億8500万円(前年同期比0.6%)、営業利益1億5600万円(▲89.7%)、経常利益1億3100万円(▲91.3%)、親会社株主に帰属する四半期純利益1億2700万円(▲91.6%)となりました(決算短信)。

アイスタイル、「Beauty & Health」に特化したクリエイティブエージェンシーを設立 

株式会社アイスタイルが、@cosmeサービスプラットフォーム群の活用と、アイスタイルのアセットにクリエイティブとプロデュースの力を掛け合わせることで、Beauty & Health市場に新しいマーケティングとクリエイティブソリューションを提供する新会社「株式会社Dot &...

ベクトルのQ3業績、メディア事業やあしたのチームが苦戦

株式会社ベクトルが10日に発表した2020年2月期 第3四半期の連結業績(2019年3月1日~2019年11月30日)は、売上高277億7800万円(前年同期比30.9%)、営業利益22億6600万円(4.2%)、経常利益29億2100万円(5.8%)、親会社株主に帰属する四半期純利益1億5400万円(▲86.9%)となりました(決算短信)。

グルメサイト評価、信頼しない飲食店が7割…”グルメサイト離れ”も【グルメサイトに関する意識調査】

飲食店の予約・顧客管理システムの開発・提供を行う株式会社TableCheckが「グルメサイトに関する消費者意識調査」を実施。調査対象は20~60代の全国の男女1,112名と、20~50代の飲食店に勤務する全国の男女588名です。

『Business Insider Japan』、新編集長就任、ならびに有料版開始

メディアジーンは、2020年1月より、運営するビジネスニュースメディア『Business Insider Japan』の新編集長に、伊藤有氏が就任することを発表しました。

フェイスブック ジャパンの代表取締役に味澤将宏氏が就任

フェイスブック ジャパン株式会社は、2020年1月6日付で代表取締役に味澤 将宏氏(あじさわ まさひろ)が就任することを発表しました。

テレビ朝日とクラスターが資本業務提携…VR領域で事業シナジー創出を目指す

株式会社テレビ朝日ホールディングスが、バーチャルイベントプラットフォームを開発・運営するクラスター株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

サムライト、JALグループ機内誌SKYWARDの新規WEB版「SKYWARD+」の立ち上げ・運用を支援

企業のビジネスやマーケティングを支援するサムライト株式会社(以下「サムライト」)は、株式会社JALブランドコミュニケーションが開設した新規メディア「SKYWARD+(スカイワードプラス)」の開発・運用にあたっての支援を行ったと発表しました。

2020年はメディアのサブスク元年になる、Zuora Japan桑野社長・・・メディア業界2020年の展望(7)

早いものでもう年の瀬。皆様にとって2019年はどのような一年だったでしょうか? 2019年1月にオープンしたMedia...

博報堂DYHD、音声テクノロジーのHmcommと資本業務提携

株式会社博報堂DYホールディングス(以下博報堂DYホールディングス)は、音声・音域領域のテクノロジーを活用した生活動線におけるマーケティング活動の推進を目的として、株式会社Hmcomm(以下Hmcomm)の株式を取得し、資本業務提携を行いました。

ジモティーがマザース上場承認、月間1000万UUを超えるクラシファイドサイト

日本全国を網羅した地域別の掲示板を提供し、地元での情報交換や不用品のやりとり、求人広告の掲載などのクラシファイドサイト「ジモティー」を運営する株式会社ジモティーが2020年2月7日に東証マザーズに上場することが承認されました。上場時想定時価総額は約54億円で、公募で約4200万円を調達する見込み(一の部 / 有価証券届出書)。

トリップアドバイザー、飲食店向けのデジタルマーケティングツール「SinglePlatform」を買収

TripAdvisor(トリップアドバイザー)は、、エンデュランス・インターナショナル・グループの大手メニュー管理会社「SinglePlatform」の買収を発表しました。

災害情報のSpectee、ソニービジネスソリューションと資本業務提携

株式会社Specteeが、ソニービジネスソリューション株式会社を引受先とする第三者割当増資を実施するとともに、業務提携契約を締結しました。

Rubicon Projectとtelariaが合併、広告SSPで世界最大に

ロサンゼルスを拠点とするRubicon Projectと、ニューヨークを拠点とするtelariaが合併する事で合意したと発表しました。Rubicon Projectの元株主は合併後の会社の52.9%を、telaraiは47.1%を所有することになります。

シーセンス日本法人、2月1日にPiano Japanに社名変更

Cxenseの日本法人であるシーセンス株式会社は、CxenseがPiano Softwareに買収されたのに伴い、2020年2月1日付で社名をPiano Japan株式会社に変更すると明らかにしました。これに伴う提供中のサービス契約への変更は無いとのこと。

ユーザベース、梅田氏がCEOに、稲垣氏がCOOに就任する人事

ユーザベースは2020年1月1日付で、それぞれ共同創業者で代表取締役を務めている、梅田優祐氏が代表取締役CEO、稲垣祐介氏が代表取締役COOに就任する人事を発表しました。これはCEOとCOOとして業務執行体制を明確化することが目的だとしています。

オリックス、香港で日本コンテンツを扱う合弁会社を設立…中国の大手映画配給会社と共同でライセンス事業に参入へ

オリックス株式会社は、中国の映画制作・配給会社Phoenix Entertainment Group(北京市)と共同で、日本のコンテンツを中国で展開する合弁会社「Open Culture...

企業YouTubeアカウントの開発・運用を行う広告ソリューション「ブランデッドチャンネル」ワンメディアとサイバーエージェントが共同開発

ワンメディア株式会社が、株式会社サイバーエージェントと共同で、広告主企業の自社YouTubeチャンネルの開発・運用を行うソリューション「ブランデッドチャンネル」の提供を開始することを発表しました。

GameWith、アットフリークスの「アットウィキ」事業を譲受

「ゲームをより楽しめる世界を創る」をミッションとして掲げる株式会社GameWithは、有限会社アットフリークス(以下アットフリークス社)との間で、国内最大級のウィキレンタルサービス事業「@WIKI(以下、アットウィキ)」の譲受に関する契約を締結しました。

電子チラシサービス「Shufoo!」、サブスクリプション型サービスを導入…2020年3月から

凸版印刷株式会社グループの株式会社ONE COMPATHが運営する電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」は、2020年3月から、チラシや店舗情報のリアルタイムな投稿を一定の条件内で配信し放題となるサブスクリプション型の新モデルを導入すると発表しました。

新興メディア「Axios」、最新のラウンドで2000万ドルを調達

recodeは、新興メディアのAxiosが最新のラウンドで少なくとも2000万ドル(約20億円)を調達したと発表しました。時価総額は2億ドルと見積もられているようです。同社が調達したのは3度目ですが、前回の資金も使い切れておらず、「環境が良いから」という理由で調達をしたと伝えられています。

「ギグ・エコノミー法」でVox Mediaの「SB Nation」が数百名のフリーランスとの契約を打ち切る

カリフォルニア州で成立した通称、ギグ・エコノミー法は、「Uber」や「Lyft」のドライバーなどを想定し、独立の請負業者ではなく、実質的に雇用状態にあると見なし、雇用関係を結び、必要な保障を付与することを求めています。一方で、メディアで執筆するライターについてもこの対象に含まれるとされています。

Google、検索結果のニュース表示を改善

Google12月11日(現地時間)は、Google検索結果でのニュース表示を改善したと発表しました。

テレビ朝日とKDDIが共同出資会社を設立…5G時代に向けた新たな動画配信サービスを目指す

株式会社テレビ朝日とKDDI株式会社が、新たな動画配信サービスの展開を目的として共同出資会社を設立することを発表しました。 テレビ朝日はこれを機に、定額型の動画配信サービス事業に本格的に参入するとしています。

アイモバイルの1Q業績、広告もコンシューマーも減収減益

株式会社アイモバイルが12日に発表した2020年7月期 第1四半期の連結業績(2019年8月1日~2019年10月31日)は、売上高33億4500万円(前年同期比▲37.9%)、営業利益3億3700万円(▲69.8%)、経常利益3億1600万円(▲71.6%)、親会社株主に帰属する四半期純利益2億800万円(▲72.4%)となりました(決算短信)。

楽天、ディスプレイ広告の運用型広告配信プラットフォーム「RMP – Display Ads」の提供を開始

楽天株式会社は、これまで提供していたディスプレイ広告の運用型広告配信プラットフォーム2つをブランド統合し、「RMP - Display Ads」として提供を開始しました。

メディアジーン、分子生理化学研究所と共同でサプリのサブスクサービスを開始…医師監修は日本初

株式会社メディアジーンと株式会社分子生理化学研究所は共同で、35歳以上の人を中心としたサプリメントのサブスクリプションサービス「wellvis(ウェルビス)」を開始すると発表しました。

ユーザベース、TBSと資本業務提携・・・20億円を調達し第5位株主に迎える

株式会社ユーザベースは、株式会社東京放送ホールディングス(TBS)との資本業務提携を締結し、第三者割当増資により約20億円を調達、同社が3.02%を保有する第5位株主になると発表しました。

TotallyAwesomeが日本進出…子供向けに安全な広告を配信

子供向けデジタル広告配信企業「TotallyAwesome(トータリーオーサム)」が日本市場向けサービスを開始しました。

「Audiostart」を利用したスキルがAmazon Alexaニューススキルの30%を突破…約1か月で10%の増加

ロボットスタート株式会社が運営するサービス「Audiostart」による音声スキルが2019年12月4日、Amazon Alexaニューススキルの32.8%(89スキル)を突破したことを発表しました。

音楽DLサービス・定額配信サービスを利用したことがない人は6割以上【音楽ダウンロードの利用に関するアンケート調査】

マイボイスコム株式会社は、2019年11月1日~5日に実施した「音楽ダウンロードの利用」に関する12回目のインターネット調査結果を発表しました。回答数は10,169件でした。

XTechグループが子会社「BizSuite」を設立…スタートアップ向け管理業務のアウトソーシングサービス

XTech(クロステック)株式会社は、子会社として、スタートアップ向け管理業務のアウトソーシングサービス「BizSuite(ビズスイート)株式会社」を設立しました。

「Voicy」の新アプリがリリース ・・・ストリーミング再生に対応

音声テクノロジーで新しい音声体験をデザインする株式会社Voicyが、12月2日、ボイスメディア「Voicy」のストリーミング再生に対応した新アプリをリリースしました。

Tastemade Japan、ECサイトをオープン…動画に登場する食器類を紹介

ライフスタイルコンテンツプラットフォーム「TASTEMADE(テイストメイド)」を運営するTastemade Japan株式会社は、ECサイト「TASTEMADE公式 Online Store」をオープンしました。

ザッパラスの2Q業績、赤字幅は大幅縮小

株式会社 ザッパラスが2日に発表した2020年4月期 第2四半期の連結業績(2019年5月1日~2019年10月31日)は、売上高17億6600万円(前年同期比▲15.9%)、営業利益▲3500万円(―)、経常利益▲6100万円(―)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲9100万円(―)となりました(決算短信)。

スマートニュースが日本の起業家ランキングで1位受賞・・・鈴木氏「米国でも民主主義のプラットフォームに」

スマートニュース株式会社の共同創業者の鈴木健氏、浜本階生氏が、Forbes JAPAN発表の「日本の起業家ランキング2020」にて、1位を受賞しました。

はてなの1Qはアドネットワークが軟調で減収減益

株式会社はてなが29日に発表した2020年7月期 第1四半期の業績(2019年8月1日~2019年10月31日)は、売上高6億1700万円(前年同期比▲6.7%)、営業利益7200万円(▲54.3%)、経常利益7500万円(▲53.4%)、純利益5100万円(▲53.8%)となりました(決算短信)。

ニールセン デジタル、広告主企業と「デジタル広告におけるメディアデータ活用に関する研究会」発足

ニールセン デジタル株式会社は、大手広告主各社と「デジタル広告におけるメディアデータ活用に関する研究会」を発足しました。

ユーザーローカル、東証一部に市場変更

株式会社ユーザーローカルは、2019年11月28日より東京証券取引所市場第一部銘柄になることが決定しました。

凸版印刷とキメラが資本業務提携…メディアの価値向上と新たな収益モデル構築を目指す

凸版印刷株式会社と、出版社・新聞社・テレビ局などのパブリッシャー向けにビジネスグロース支援・プロダクト提供を行う株式会社キメラが、資本業務提携したことを発表しました。

朝日新聞社のQ2業績、単体では赤字転落

朝日新聞社が25日に発表した2020年3月期の第2四半期累計期間の業績は、売上高1794億1100万円(前年同期比▲2.4%)、営業利益6億5300万円(▲78.2%)、経常利益29億6900万円(▲49.3%)、純利益14億2800万円(▲68.3%)と売上高は微減でしたが、利益面では大幅に減少しました。

【書評】ニュースプラットフォーム覇権競うYahoo!・日経・読売の一大絵巻…『2050年のメディア 』下山進

1980年代から90年代にかけて、日本経済新聞をはじめとするメディア各社の戦略大転換をスリリングに描いたノンフィクション『勝負の分かれ目』が業界内外で話題を読んだ下山進氏の最新作。本書は、Yahoo! JAPAN、日本経済新聞そして読売新聞の3社を中心として、国内ニュースプラットフォームの覇権をかけた競争(と人間模様)を克明に綴ったノンフィクションとなっています。

アドウェイズと博報堂が資本業務提携、博報堂DYMPが第3位株主に(2)

インターネット広告大手のアドウェイズは、博報堂DYメディアパートナーズ(博報堂DYMP)と資本業務提携を締結し、自己株式の処分の方式で、同社が発行済株式の6.82%を取得すると発表しました。これによってアドウェイズは約9.6億円を調達します。これによって博報堂DYMPは創業者の岡村氏、伊藤忠商事に続いてアドウェイズの第3位株主になります。

SHOWROOMが資金調達…株式譲渡と合わせ総額31億円に

SHOWROOM株式会社(代表取締役社長:前田裕二氏)は、更なる事業の発展を目的に、株式会社電通、株式会社ニッポン放送、株式会社ドリームインキュベータ、GMOインターネット株式会社、株式会社アカツキなど7社から資金を調達し、併せて株式会社ディー・エヌ・エー(以下「DeNA」)が保有するSHOWROOMの株式の一部譲渡を行ったことを発表しました。資金調達額と株式譲渡の対価は総額31億円にのぼります。

ログリーが投資会社「ログリー・インベストメント」の設立を決定

ログリー株式会社は会社分割を行い、投資事業を目的とする100%子会社「ログリー・インベストメント株式会社」を設立することを決定しました。効力発生日は12月2日です。
1,852ファンいいね
7フォロワーフォロー
1,616フォロワーフォロー

お知らせ

最新ニュース

人気記事ランキング