庭リノベで急成長のストロボライト、総額約4.9億円の資金を調達

「植物と暮らしを豊かに。」をミッションに掲げ、ITと園芸・造園を組み合わせて様々な事業展開を行う株式会社ストロボライトが、合計8社を引受先とする第三者割当増資と日本政策金融公庫からの融資を合わせ、総額4.9億円の資金調達を実施したことを発表しました。

GMOインターネットの2Q業績は、仮想通貨マイニングが黒字転換も金融で減益

GMOインターネット株式会社が6日に発表した2019年12月期 第2四半期の連結業績(2019年1月1日~2019年6月30日)は、売上高960億3800万円(前年同期比5.2%)、営業利益109億5700万円(▲7.0%)、経常利益106億5300万円(▲6.0%)、親会社株主に帰属する四半期純利益40億3500万円(▲4.6%)となりました。

ZUUとM&Aセンター、中堅・中小企業経営者向けメディア 「THE OWNER」を公開

株式会社ZUUと株式会社日本M&Aセンターが業務提携し設立した合弁会社ZUUM-Aが、第一弾サービスとなる「THE OWNER」を公開しました。

ジーニー、第1四半期はMAツールなど伸びるも広告は苦戦

株式会社ジーニーが9日に発表した2020年3月期 第1四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年6月30日)は、売上高33億9300万円(前年同期比▲15.7%)、営業利益▲1億6200万円(-%)、経常利益▲1億6900万円(-%)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲1億5100万円(-%)となりました。

イード、国内最大級の雑誌定期購読サービスを提供する富士山マガジンサービスと業務提携

イードは、日本最大級の雑誌オンラインサイトFujisan.co.jpを運営する富士山マガジンサービスと、同社が出版社向けに提供するECサイト運営支援事業(マガコマース事業)において、業務提携しました。

アドウェイズの1Q業績は売上利益ともに減少し赤字に・・・EC案件などが縮小

株式会社アドウェイズが5日に発表した2020年3月期 第1四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年6月30日)は、売上高90億2600万円(前年同期比▲21.1%)、営業利益▲1億900万円(-%)、経常利益▲7500万円(-%)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲2億6600万円(-%)となりました。

小学館集英社プロダクションとAutomagi、色指定業務を効率化する画像ソリューションの実証実験を実施

小学館集英社プロダクション(ShoPro)とAutomagiは、デザインチェック業務での色変換・色指定業務を効率化する画像ソリューションの実証実験を共同で実施し、社内テストで変換精度98.1%を達成しました。

「みんかぶ」「株探」運営のミンカブ・ジ・インフォノイドが東証マザーズへ上場へ

投資家向けのメディア「みんなの株式」「株探(Kabutan)」や金融機関向けのソリューション事業を展開する株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(旧社名: 株式会社みんかぶ)が3月19日に東証マザーズに上場することが承認されました。「Iの部」を元に同社の事業を整理してみます。

OZmall「東京女子部」を組織し、スマートシェアと共同でインフルエンサーマーケティングを開始・・・運営にはSaaSを活用

スマートシェア株式会社とスターツ出版株式会は、SNSやオウンドメディアで発信するコンテンツをインフルエンサーと共に創造し、企業のマーケティング活動を支援するインフルエンサーマーケティング事業を共同で開始しました。

メディアのサブスクリプション支援プラットフォーム「Piano」が22万ドルを調達

メディアのサブスクリプション管理プラットフォームを開発する米Pianoは、Update Partnersが主導したシリーズBのラウンドで2200万ドル(約24億円)を調達したと発表しました。

ファイナンシャルタイムズ(FT)の有料購読者数が100万人を突破、3/4がデジタルに

フィナンシャルタイムズ(以下FT)は1日、有料購読者数が過去最高の100万人を超え、目標としていた読者数を突破したと発表しました。

日本経済新聞、知的財産データベースを運営するアスタミューゼと資本業務提携

株式会社日本経済新聞社が、アスタミューゼ株式会社と資本業務提携しました。両社の持つ膨大なデータベースと知見を連携し、企業の新規事業開発やイノベーションを加速する付加価値の高いコンテンツ、未来創造を支援するサービスを提供します。

『DELISH KITCHEN』を運営するエブリー、購買行動データを有するカタリナマーケティングと業務提携、O2Oサービスの共同開発

レシピ動画メディア「DELISH KITCHEN」を運営する株式会社エブリーとカタリナ マーケティング ジャパン株式会社が業務提携しました。

サイバーエージェントの通期業績は「AbemaTV」への投資続くも他事業が補う

株式会社サイバーエージェントが30日に発表した2019年9月期の連結業績(2018年10月1日~は、売上高4536億1100万円(前年同期比8.1%)、営業利益308億2500万円(2.2%)、経常利益304億9300万円(6.8%)、親会社株主に帰属する四半期純利益16億9400万円(▲65.1%)となりました。

ソフトバンク、博報堂、Armがデータ活用による変革をサポートするインキュデータを設立

ソフトバンク、博報堂、Arm Limited(Arm)は、日本にてデータ活用による企業の変革を支援する合弁会社「インキュデータ株式会社」を設立しました。

アイティメディア通期は売上高が過去最高を更新、「ねとらぼ」など非IT領域が伸びる

アイティメディア株式会社が9日に発表した2019年3月期の連結業績(2018年4月1日~は、売上高45億5800万円(前年同期比7.5%)、営業利益6億9100万円(▲7.3%)、経常利益7億9800万円(11.4%)、親会社株主に帰属する四半期純利益3億7600万円(▲23.8%)となりました。

News Picksの新編集長に池田光史氏が就任…News Picksアカデミアにも編集長ポストを新設

ユーザベースグループの株式会社ニューズピックスは2019年5月7日付で、News Picksの新編集長に池田光史氏(現副編集長)が就任しました。また、News Picksアカデミアにも編集長ポストを新設し、野村高文氏が就任します。

イノベーションのQ2は黒字転換、メディア集客が回復傾向

株式会社イノベーションが11日に発表した2020年3月期 第2四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年9月30日)は、売上高9億3200万円( ― )、営業利益5000万円(...

「Voicy」の新アプリがリリース ・・・ストリーミング再生に対応

音声テクノロジーで新しい音声体験をデザインする株式会社Voicyが、12月2日、ボイスメディア「Voicy」のストリーミング再生に対応した新アプリをリリースしました。

アイモバイルの1Q業績、広告もコンシューマーも減収減益

株式会社アイモバイルが12日に発表した2020年7月期 第1四半期の連結業績(2019年8月1日~2019年10月31日)は、売上高33億4500万円(前年同期比▲37.9%)、営業利益3億3700万円(▲69.8%)、経常利益3億1600万円(▲71.6%)、親会社株主に帰属する四半期純利益2億800万円(▲72.4%)となりました(決算短信)。

Apple TVチャンネル、「Apple TVアプリケーション」を100か国以上で提供開始

Appleは、テレビを視聴する手段を一つのアプリケーションにまとめて、iPhone、iPad、Apple TVや一部のSamsung製スマートテレビ向けに提供する「Apple TVアプリケーション」の提供を、本日から開始しました。

XTechグループが子会社「BizSuite」を設立…スタートアップ向け管理業務のアウトソーシングサービス

XTech(クロステック)株式会社は、子会社として、スタートアップ向け管理業務のアウトソーシングサービス「BizSuite(ビズスイート)株式会社」を設立しました。

オタクコイン協会が一般社団法人化、理事に小学館・専務取締役の相賀信宏氏などが就任

オタクコイン協会は一般社団法人を設立し、協会理事に小学館・専務取締役の相賀 信宏氏、TVアニメ「進撃の巨人」などを手掛けるアニメ制作スタジオWIT STUDIO創業者兼取締役・中武 哲也氏などの理事が就任したと発表しました。

インタースペースがグローバルキッズと業務提携…保育園の空き定員数を「ママスタ保活」に掲載

株式会社インタースペースは、保育所や学童保育施設の運営事業を行う株式会社グローバルキッズと業務提携し、「ママスタ保活」にて保育園の空き定員数の掲載を開始しました。

時事通信社とFinatextが、新サービス「JIJI Disclosures Dashboard」を提供開始へ・・・上場企業の開示情報を可視化

株式会社時事通信社とFintechベンチャーの株式会社Finatext(フィナテキスト)が、日々発表される上場企業の開示情報を可視化する新サービス「JIJI Disclosures Dashboard」(時事ディスクロージャーズダッシュボード、略称:J-DD)」を共同で開発、3月1日に提供を開始します。

BuzzFeed Japan、創刊編集長 古田大輔氏が退任… 「オリジナル」「ニュース」「動画」の独立した3組織の新体制へ

BuzzFeed Japan株式会社は、創刊編集長の古田 大輔 氏が5月31日(金)に退任し、2019年6月1日(土)より、編集部の組織を改編し、「オリジナル」「ニュース」「動画」の独立した3つの組織へ移行すると発表しました。

ザッパラスの2Q業績、赤字幅は大幅縮小

株式会社 ザッパラスが2日に発表した2020年4月期 第2四半期の連結業績(2019年5月1日~2019年10月31日)は、売上高17億6600万円(前年同期比▲15.9%)、営業利益▲3500万円(―)、経常利益▲6100万円(―)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲9100万円(―)となりました(決算短信)。

スマートニュースが新体制を発表・・・久夛良木健氏ら3名を経営陣に招聘しグローバル開発体制へ

スマートニュース株式会社が、アメリカ市場での急成長のさらなる加速のため、グローバル開発体制への移行を目的として、久夛良木 健氏、任 宜氏、Youlin Li氏を同社経営陣に招聘し、鈴木...

noteクリエイター支援プログラムに10社が参画、合計43パートナーに

ソーシャルメディアサービス「note」を運営するピースオブケイクは、noteクリエイター支援プログラムのパートナーシップを青山ブックセンター、イースト・プレス、セブン&アイ出版、大和書房、TOKYO FM、徳間書店、トレンド・プロ、早川書房、PHP研究所、平凡社と締結しました。

Factual、位置情報マーケティングプラットフォームを日本で提供…三井物産と資本業務提携

位置情報マーケティングプラットフォームを提供するFactual, Inc.は、三井物産株式会社との資本業務提携を通じて、日本市場に参入することを発表しました。

メディアジーン、分子生理化学研究所と共同でサプリのサブスクサービスを開始…医師監修は日本初

株式会社メディアジーンと株式会社分子生理化学研究所は共同で、35歳以上の人を中心としたサプリメントのサブスクリプションサービス「wellvis(ウェルビス)」を開始すると発表しました。

2018年度のPR業売上高は推計1,290億円…PR業実態調査

日本パブリックリレーションズ協会(PRSJ)は、PR業界の最新の潮流を探るとともにPR業全体の売上規模を推計することを目的に、通算7回目となる「PR業実態調査」を実施し、その結果を発表しました。

地域新聞社の通期業績、原価コントロールで黒字転換

株式会社地域新聞社が10日に発表した2019年8月期の連結業績(2018年9月1日~は、売上高39億9200万円(前年同期比▲1.9%)、営業利益2200万円(7.3%)、経常利益4500万円(107.7%)、親会社株主に帰属する純利益2200万円(-%)となりました。

ユナイテッド、投資期が続くもアドテクが伸び1Qは利益を確保

ユナイテッド株式会社が31日に発表した2020年3月期 第1四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年6月30日)は、売上高60億8300万円(前年同期比▲61.2%)、営業利益16億9400万円(▲86.3%)、経常利益16億6200万円(▲86.5%)、親会社株主に帰属する四半期純利益7億6400万円(▲90.8%)となりました。

リクルート、ブロックチェーンを活用したポイントサービスプラットフォームを提供するLoyyalへ出資

株式会社リクルートは、投資子会社である合同会社RSPファンド6号を通じ、ポイントサービスプラットフォームを提供するLoyyal Corporation(ロイアルコーポレーション、米国サンフランシスコ)へ出資しました。

博報堂DYグループ、ベンチャー企業への出資を通じ、共に未来をデザインするファンドを結成

株式会社博報堂DYホールディングスは、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)株式会社博報堂DYベンチャーズを設立し、ベンチャー企業との連携を深め、革新的なテクノロジーや新たなビジネスモデルで生活者や社会の未来を共にデザインする「HAKUHODO DY FUTURE DESIGN...

株式会社ぐるなび、「レッツエンジョイ東京」事業を会社分割…新設会社の株式を株式会社エヌケービーに譲渡へ

株式会社ぐるなびは、運営する「レッツエンジョイ東京」事業を9月1日予定で、会社分割により新設会社に承継し、新設会社の株式の90%を株式会社エヌケービー(NKB)に譲渡します。

クリーク・アンド・リバー社がJR東日本企画と新会社設立…データドリブンマーケティング事業を推進

株式会社クリーク・アンド・リバー社は株式会社ジェイアール東日本企画と共同でデータドリブンマーケティング事業を推進する新会社「株式会社jeki Data-Driven Lab」(JDDL)の設立を決定しました。

ワンメディア、コーポレートロゴ・スローガン・サイトデザインを一新

新たな動画表現を追求し、様々なジャンルの動画を制作しているワンメディア株式会社(以下ワンメディア)は、11月11日より、コーポレートロゴデザイン、コーポレートスローガン、コーポレートサイトを一新したことを発表しました。

アイティメディアの1Q業績は、リードジェンが過去最高、「ねとらぼ」も伸びる

アイティメディア株式会社が31日に発表した2020年3月期 第1四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年6月30日)は、売上収益11億2900万円(前年同期比7.8%増)、営業利益1億9200万円(48.2%増)、四半期利益1億4600万円(105.1%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益1億4400万円(96.7%増)となりました。

シーエー・モバイルがCAM(キャム)に社名変更

アーティストファンビジネスやライフスタイル・占いコンテンツを展開する株式会社シーエー・モバイルは2019年3月1日から株式会社CAM(キャム)に社名変更しました。

「RICHKA」を展開するカクテルメイク、2.1億円を調達を実施…SaaS型動画生成ツールのサービスを強化

SaaS型動画広告自動生成ツール「RICHKA(リチカ)」を運営するカクテルメイク株式会社が、シリーズAラウンドにて、2.1億円の第三者割当増資を実施したことを発表しました。今回の資金調達を通じて、「5G」時代到来に向けて「RICHKA」の更なる拡充とブランディングの強化・パートナー企業との提携・人材強化およびオフィス移転を行い、事業拡大を目指すとしています。

ソーシャルドッグが10万アカウント突破・・・運営元のAutoScaleは3000万円の資金調達を実施し人材採用と海外展開を加速へ

株式会社AutoScaleがが運営するTwitter運用ツールの「Socialdog(以下、ソーシャルドッグ)」が10万アカウント突破したことが分りました。

モメンタム、米オラクルと連携し、安全性と視聴効果の高いメディアリストを提供

Momentum株式会社は、アドベリフィケーションを米オラクル社が提供する「Oracle Data Cloud」と長期間での戦略的な連携を開始すると発表しました。

イード、メディアグロース支援事業を強化・・・CMS「CREAM」、暮らしの悩み解決サイト 「タスクル」運営のSODA株式会社に資本参加

株式会社イードは、企業のオウンドメディアやコンテンツマーケティングの運営⽀援、成⻑⽀援を⽬的とした、これまで「メディア運営⽀援事業」と呼んできた「メディアグロース⽀援事業」を強化するため、オウンドメディア向けCMS「CREAM」を提供するSODA株式会社に資本参加しました。

スマートキャンプ、SaaSプラットフォーム実現に向けてKDDIから資金調達

SaaS比較サイト「ボクシルSaaS」、インサイドセールス支援サービス「BALES(ベイルズ)」を運営するスマートキャンプは、「KDDI Open Innovation Fund...

サイバーエージェントQ3業績発表・・・通期業績予想を上方修正

株式会社サイバーエージェントが24日に発表した2019年9月期 第3四半期の連結業績(2018年10月1日~2019年6月30日)は、売上高3418億5200万円(前年同期比9.6%)、営業利益233億9300万円(▲11.9%)、経常利益231億7400万円(▲7.8%)、親会社株主に帰属する四半期純利益17億7600万円(▲64.5%)となりました。

電通が新会社「株式会社電通メディアランウェイ」を設立・・・メディアソリューション領域における成長戦略の加速が狙い

株式会社電通はメディアソリューション領域における成長戦略を加速させるため、新会社「株式会社電通メディアランウェイ」を設立。7月1日より営業を開始することを発表しました。
1,852ファンいいね
7フォロワーフォロー
1,616フォロワーフォロー

お知らせ

最新ニュース

人気記事ランキング