フェイクニュース検証サービス「Adverif.ai」の独占契約をAtlas Associatesが締結

イスラエル企業Adverif.aiがAtlas Associates 合同会社と日本における独占契約を締結したことを発表しました。この契約はプラットフォーマーの統合管理を目指すAtlas Associates...

ミンカブ・ジ・インフォノイド、投資家向けマーケティングプラットフォームを提供するウィルズへ資本業務提携

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドと株式会社ウィルズは、株主優待分野を中心とした連携強化を目的に、ミンカブがウィルズの一部株式を取得し、資本業務提携に合意しました。

GIFMAGAZINEが増資と借入で新たに3億円の資金調達・・・コミュニケーション領域におけるGIFコンテンツ配信サービスに投資へ

株式会社GIFMAGAZINEは、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、みずほキャピタル株式会社より第三者割当増資、みずほ銀行などからの借入により総額3億円の資金調達を実施しました。

時事通信社とFinatextが、新サービス「JIJI Disclosures Dashboard」を提供開始へ・・・上場企業の開示情報を可視化

株式会社時事通信社とFintechベンチャーの株式会社Finatext(フィナテキスト)が、日々発表される上場企業の開示情報を可視化する新サービス「JIJI Disclosures Dashboard」(時事ディスクロージャーズダッシュボード、略称:J-DD)」を共同で開発、3月1日に提供を開始します。

Forbes JAPAN 初の採用ブランディングサービス、「Forbes CAREER」をローンチ

株式会社アトミックスメディアは3月6日、採用・採用ブランディングに特化した新サービス「Forbes CAREER」をローンチしました。

キメラ、次世代CMSエージェンシーのHumanMadeと業務提携…新CMSの提供を開始

キメラは、 DXP(デジタルエクスペリエンス・プラットフォーム)Altis(アルティス)を開発する新世代CMSエージェンシーのHuman Madeと業務提携し、国内パブリッシャー向けにCMSの開発・サポートの提供を開始することを発表しました。

キャリア、マネー、メディカルなどの領域特化で高収益のメディアを運営・・・新規上場のポートのビジネスモデル

就職や金融関係のバーティカルメディアを運営するポートが12月21日に東証マザーズと福岡証券取引所に新規上場しました。公募価格1480円に対して、初日は売り気配1110円で値段が付かないという珍しい自体となりました。仮に1110円で寄った場合の時価総額は127億円という計算です。

アジア最大級のベンチャーコミュニティ「Tech in Asia」日本法人が閉鎖

アジアでのビジネスの洞察や刺激し合うためのコミュニティを提供してきたTech in Asia日本法人が31日、閉鎖することになりました。

CCI、The Trade Desk、SpotXの3社が国内インストリーム動画広告取引で連携…SpotX利用客へのプログラマティック配信を実施

株式会社サイバー・コミュニケーションズ(以下、CCI)、The Trade Desk Japan...

PR TIMESとロボスタ、CMSへプレスリリースを転送するシステム連携を開始

プレスリリース配信サービス「PR TIMES」は、ロボットスタートが運営するロボットメディア「ロボスタ」編集部が利用するCMSへ、報道素材としてロボット関連プレスリリースを転送するシステム連携を本格開始しました。

Spotify、ポッドキャスト領域の成長を加速するため、Gimlet MediaとAnchorを買収

世界で最も人気のある音楽ストリーミングサービスであるSpotify Technology SAは6日、ポッドキャストコンテンツの有名な独立系プロデューサーであるGimlet Media...

世界の70%の女性は、女性の画像表現に不満を感じていることが判明

2019年3月27日、ダヴは同社最大規模の最新イニシアチブ「#ShowUsプロジェクト」をパートナーのゲッティイメージズ、Girlgazeとともに開始しました。

ソーシャルワイヤー、@Pressなど堅調で1Qは増収増益も通期は減益見通し

ソーシャルワイヤー株式会社が5日に発表した2020年3月期 第1四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年6月30日)は、売上高8億7600万円(前年同期比14.0%)、営業利益1億円(14.1%)、経常利益9200万円(19.7%)、親会社株主に帰属する四半期純利益5400万円(8.2%)となりました。

LINEとエムスリー、オンライン医療事業で合弁会社を設立・・・医療費削減に繋げられるか

LINE株式会社とエムスリー株式会社は、オンライン医療事業を目的とした合弁会社「LINEヘルスケア株式会社」を1月4日付で設立しました。出資比率はLINEが51%でエムスリーが49%でLINEの連結子会社となります。代表にはLINE執行役員の室山真一郎氏が就任します。

ホームページ作成サービス「Wix.com」が日本法人を設立、サポートを充実

ホームページ作成サービスの Wix.com Ltd.(本社:イスラエル・テルアビブ)は、日本法人、Wix.com Japan株式会社を東京に設立しました。日本での事業を本格化し、ユーザーの問い合わせ窓口となるサポートの拡充を行います。

ライブ配信プラットフォーム「Mirrativ」を運営する株式会社ミラティブのCFOに、元Gunosy取締役の伊藤光茂氏が就任

Mirrativとは、株式会社ミラティブが提供する、スマホ1つで誰でも簡単にゲーム配信・生配信ができる、スマホ画面共有型ライブ配信プラットフォームです。子どものころ、友だちの家に集まってテレビを見ながらゲームを楽しんだような世界観をアプリ内で再現するものです。

電通、MERY社と資本業務提携・・・電通デジタルとの共同でU25向けマーケティング活動を強化

株式会社電通は、女性向けのメディア事業を展開する株式会社MERYが実施する第三者割当増資を引き受け、本日付で同社と資本業務提携契約を締結しました。この提携は、電通デジタルとの共同でU25向けのマーケティング活動とメディア事業の強化を目的としています。

株式会社ぐるなび、「レッツエンジョイ東京」事業を会社分割…新設会社の株式を株式会社エヌケービーに譲渡へ

株式会社ぐるなびは、運営する「レッツエンジョイ東京」事業を9月1日予定で、会社分割により新設会社に承継し、新設会社の株式の90%を株式会社エヌケービー(NKB)に譲渡します。

シェアリングテクノロジー3Q業績、コンテンツ投資や広告宣伝費が重く赤字が続く

シェアリングテクノロジー株式会社が14日に発表した2019年9月期 第3四半期の連結業績(2018年10月1日~2019年6月30日)は、売上収益55億4200万円(前年同期比97.4%)、営業利益▲5億7900万円(―)、税引前利益▲6億1500万円(―)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲4億9300万円(―)となりました。

日本経済新聞社、中国スタートアップ情報サイト「36Kr」と提携

日本経済新聞社が中国のスタートアップ情報サイトと業務提携

ソーシャルドッグが10万アカウント突破・・・運営元のAutoScaleは3000万円の資金調達を実施し人材採用と海外展開を加速へ

株式会社AutoScaleがが運営するTwitter運用ツールの「Socialdog(以下、ソーシャルドッグ)」が10万アカウント突破したことが分りました。

ポート1Q業績は主要メディアが堅調、買収の「債務整理の森」も業績貢献

ポート株式会社が9日に発表した2020年3月期 第1四半期の業績(2019年4月1日〜2019年6月30日)は、売上高8億8800万円(前年同期比―)、営業利益1億5300万円(―)、経常利益1億5100万円(―)、純利益1億300万円(―)となりました。当社の提供しているサービスである、キャリア系メディア「キャリアパーク!」、ファイナンス系メディア「マネット」等の主要インターネットメディアの業績が堅調に推移したほか、前事業年度より参入したリーガル系メディア「債務整理の森」は既に当社の業績に貢献してます。また、当第1四半期会計期間において、複数のインターネットメディアをM&Aにより取得するなど、新たな収益源の確保に向けた取り組みも積極的に推進してます。今期の通期業績予想は、売上高17億2300万円(前年同期比27.8%)、営業利益2億5000万円(8.3%)、経常利益2億3500万円(1.8%)、純利益1億6600万円(▲13.8%)としています。※本記事は決算AIによって生成されました

noteクリエイター支援プログラムに10社が参画、合計43パートナーに

ソーシャルメディアサービス「note」を運営するピースオブケイクは、noteクリエイター支援プログラムのパートナーシップを青山ブックセンター、イースト・プレス、セブン&アイ出版、大和書房、TOKYO FM、徳間書店、トレンド・プロ、早川書房、PHP研究所、平凡社と締結しました。

ログリー、1Q業績は利益が大幅減・・・広告審査厳格化の影響は収束

ログリー株式会社が14日に発表した2020年3月期 第1四半期の業績(2019年4月1日~2019年6月30日)は、売上高6億2400万円(前年同期比15.7%)、営業利益600万円(▲86.3%)、経常利益600万円(▲80.2%)、純利益300万円(▲81.5%)となりました。

イードの通期業績は増収増益、複数事業を取得しPVも増加

株式会社イードが13日に発表した2019年6月期の連結業績(2018年7月1日~は、売上高51億9200万円(前年同期比10.1%)、営業利益3億1000万円(20.9%)、経常利益3億1300万円(16.6%)、親会社株主に帰属する四半期純利益1億9400万円(287.4%)となりました。

Gunosyが第3四半期決算、アドネットワーク中心に売上伸び悩み、アルゴリズムの改善とクーポンでの訴求でアクティブユーザーが活性化

ニュースアプリを運営する株式会社Gunosyは、2019年5月期 第3四半期の業績を発表しました。

UUUMとガーブーが資本業務提携…インフルエンサー経済圏の拡大を加速化

クリエイターサポート事業やインフルエンサーマーケティング事業など幅広く展開するUUUM株式会社と、ソーシャルメディアマーケティングに強みを持つ株式会社ガーブーが、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

ヤフー「Yahoo!コンテンツディスカバリー」サービスの終了を発表

ヤフーが提供している「Yahoo!コンテンツディスカバリー」サービスを、2019年9月末に終了することを発表しました。

バリューコマース、「Yahoo!ショッピング」向けCRMやアフィリエイト広告が好調で売上が大幅増加・・・第1四半期業績

バリューコマース株式会社が24日に発表した2019年12月期第1四半期業績は、売上高63億円(前年同期比34.7%)、営業利益12億4200万円(50.2%)、経常利益12億4200万円(51.3%)、親会社株主に帰属する四半期純利益8億3600万円(51.8%)となりました。

ファイナンシャルタイムズ(FT)の有料購読者数が100万人を突破、3/4がデジタルに

フィナンシャルタイムズ(以下FT)は1日、有料購読者数が過去最高の100万人を超え、目標としていた読者数を突破したと発表しました。

広告プラットフォーム提供のTeads、日経BP社と動画広告領域にてパートナーシップ締結

広告プラットフォームを提供するTeads Japan(ティーズ ジャパン)株式会社は、株式会社日経BPと、インリード動画広告領域における戦略的パートナーシップ契約を締結しました。

ぐるなび、楽天と協業深化も1Qは利益が大幅減

株式会社ぐるなびが31日に発表した2020年3月期 第1四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年6月30日)は、売上高75億5100万円(前年同期比▲8.0%)、営業利益8000万円(▲86.6%)、経常利益9000万円(▲85.0%)、親会社株主に帰属する四半期純利益6100万円(▲84.7%)となりました。

BuzzFeed、ニュース部門などで約220名をレイオフ

CNNなどが報じたところによれば、米国BuzzFeedが従業員の約15%に当たる、約220名をレイオフする準備を進めているとのこと。ニュースを含む複数の部門に影響がありそうです。

Apple TVチャンネル、「Apple TVアプリケーション」を100か国以上で提供開始

Appleは、テレビを視聴する手段を一つのアプリケーションにまとめて、iPhone、iPad、Apple TVや一部のSamsung製スマートテレビ向けに提供する「Apple TVアプリケーション」の提供を、本日から開始しました。

GMOメディア、新規サイトが好調な一方既存サイトが苦戦し減収減益・・・第1四半期

GMOメディア株式会社が25日に発表した2019年12月期第1四半期の業績(2019年1月1日~2019年3月31日)は、売上高11億3,400万円(前年同期比▲18.5%)、営業利益6,800万円(▲56.4%)、経常利益6,800万円(▲56.3%)、純利益4,600万円(▲56.4%)となりました。

ADKマーケティング・ソリューションズ、ジェイアール東日本企画、東急エージェンシーの3社がデータマーケティング領域の新会社発足

株式会社ADKマーケティング・ソリューションズ、株式会社ジェイアール東日本企画、株式会社東急エージェンシーの3社は、データマーケティング領域での共同取り組みを行う新会社「株式会社Data Chemistry(データ・ケミストリー)」を発足しました。

AppBankのQ2業績、ストア事業が黒字転換で赤字縮小

AppBank株式会社が13日に発表した2019年12月期 第2四半期の連結業績(2019年1月1日~2019年6月30日)は、売上高6億7800万円(前年同期比▲3.0%)、営業利益▲1800万円(―)、経常利益▲1800万円( ― )、親会社株主に帰属する四半期純利益▲2000万円(...

CCI、データ活用を推進する新会社「DataCurrent」設立

CARTA HOLDINGSのグループ会社であるサイバー・コミュニケーションズ(CCI)は、生活者主体の考え方に基づくデータ活用を推進する専門会社「DataCurrent」を2019年6月3日に設立することを発表しました。

RiLiがXTech Venturesなどから1億円を調達…「RiLi.tokyo」の規模拡大や新展開に投資へ

株式会社RiLiはXTech Ventures株式会社と個人投資家を引受先とする第三者割当増資により、1億円を調達しました。また、手嶋浩己氏が社外取締役に就任することも発表しています。

カカクコム通期決算・・・食べログの新料金プランが好調、「求人ボックス」や「バス比較なび」も伸びる

株式会社カカクコムが9日に発表した2019年3月期の連結業績(2018年4月1日~は、売上高494億7400万円(前年同期比12.5%)、営業利益250億7000万円(9.6%)、経常利益232億6100万円(6.2%)、親会社株主に帰属する四半期純利益166億9700万円(6.4%)となりました。

スペクティ、ロイターと動画コンテンツのパートナーとして事業提携・・・UGC動画の提供が可能に

SNSリアルタイム速報サービス「Spectee」を展開する株式会社Spectee(スペクティ)は、国際通信社ロイターが運営する「ロイターコネクト」において、動画コンテンツのパートナーとして事業提携することで契約を締結しました。

イード、メディアグロース支援事業を強化・・・CMS「CREAM」、暮らしの悩み解決サイト 「タスクル」運営のSODA株式会社に資本参加

株式会社イードは、企業のオウンドメディアやコンテンツマーケティングの運営⽀援、成⻑⽀援を⽬的とした、これまで「メディア運営⽀援事業」と呼んできた「メディアグロース⽀援事業」を強化するため、オウンドメディア向けCMS「CREAM」を提供するSODA株式会社に資本参加しました。

ヤフー株式会社が持株会社体制へ移行・・・商号をZホールディングス株式会社に変更

ヤフー株式会社は、2019年10月1日を目処に会社分割による持株会社体制に移行するため、子会社として分割準備会社2社を設立し、「Yahoo! JAPAN 事業」及び「金融系グループ会社の経営管理事業」をそれぞれ承継させ、同社の商号をZホールディングス株式会社に変更します。

扶桑社、「天然生活」の出版事業を譲受…デジタルとの連携により幅広いビジネス展開を目指す

株式会社扶桑社が、株式会社地球丸が運営していた「天然生活」の出版事業を譲り受け、扶桑社より発行することを発表しました。

インフォバーングループ、ソリューション事業の強化を目的とした新体制を発表

インフォバーングループは、ソリューション事業の強化を目的とした新体制を発表、新執行役員には羽村悠己氏と、中村圭氏が就任しました。

ユーザベース、2019年は「Quartz」に戦略投資で赤字見通し・・・「SPEEDA」「NewsPicks」ともに成長加速

企業・業界情報や統計データを束ねる情報プラットフォーム「SPEEDA」、経済ニュースメディア「NewsPicks」「QUARTZ」を運営する株式会社ユーザベースが2018年12月期の業績を発表しています。

ログミーがコーポレートアイデンティティを刷新。MissionとValueを新たに掲げ、リブランディングへ

ログミー株式会社は2019年3月5日よりCI(コーポレートアイデンティティ)とコーポレートロゴを刷新し、コーポレートサイトのデザインもリニューアルしました。

CyberZ、VTuber分野の広告商品開発・プロモーション戦略に特化した組織「VTuber戦略室」を設立

株式会社サイバーエージェントの連結子会社でスマートフォン広告事業を行う株式会社CyberZが、VTuberに特化した広告商品の開発およびプロモーション戦略に特化した組織「VTuber戦略室(VTUBER STRATEGY DIV.)」を設立しました。

電通が新会社「株式会社電通メディアランウェイ」を設立・・・メディアソリューション領域における成長戦略の加速が狙い

株式会社電通はメディアソリューション領域における成長戦略を加速させるため、新会社「株式会社電通メディアランウェイ」を設立。7月1日より営業を開始することを発表しました。
1,472ファンいいね
7フォロワーフォロー
1,604フォロワーフォロー

お知らせ

最新ニュース