OZmall「東京女子部」を組織し、スマートシェアと共同でインフルエンサーマーケティングを開始・・・運営にはSaaSを活用

スマートシェア株式会社とスターツ出版株式会は、SNSやオウンドメディアで発信するコンテンツをインフルエンサーと共に創造し、企業のマーケティング活動を支援するインフルエンサーマーケティング事業を共同で開始しました。

じげん、留学生・実習生向けに向けに保険販売を行うビバビーダを子会社化

じげんは、日本在住の外国人に向けた少額短期保険の販売を行う「ビバビーダメディカルライフ(以下、ビバビーダ)」の株式を取得し、子会社とすることを発表しました。

吉本興業、アジア動画配信大手「iflix」に出資…日本の動画コンテンツをアジア市場に提供

吉本興業が8日、アジアを中心にインターネットの映像ストリーミングサービスを展開するマレーシアの動画配信大手「iflix(アイフリックス)」に出資することで合意したことを発表しました。

電通デジタル、LINE公式アカウント向けサービス「BOT BOOSTaR」を提供開始

株式会社電通デジタル(以下、電通デジタル)は、LINE株式会社(以下、LINE社)が提供するMessaging API ※1を活用し、LINE公式アカウントで多様なコミュニケーションが可能になる新規顧客獲得・既存顧客育成支援サービス「BOT BOOSTaR(ボットブースター)」を開発、提供を開始しました。

AppBankの3Q、新規事業の抑制、販管費の圧縮で赤字縮小

AppBank株式会社が12日に発表した2019年12月期 第3四半期の連結業績(2019年1月1日~2019年9月30日)は、売上高10億200万円(前年同期比▲2.6%)、営業利益▲1400万円(%)、経常利益▲1500万円(%)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲1700万円(%)となりました。

「RICHKA」を展開するカクテルメイク、2.1億円を調達を実施…SaaS型動画生成ツールのサービスを強化

SaaS型動画広告自動生成ツール「RICHKA(リチカ)」を運営するカクテルメイク株式会社が、シリーズAラウンドにて、2.1億円の第三者割当増資を実施したことを発表しました。今回の資金調達を通じて、「5G」時代到来に向けて「RICHKA」の更なる拡充とブランディングの強化・パートナー企業との提携・人材強化およびオフィス移転を行い、事業拡大を目指すとしています。

GameWithが第2四半期業績を発表・・・英語版が好調、ブロックチェーンゲームの開発にも乗り出す

ゲーム攻略メディアを運営する株式会社GameWithが、2019年5月第2四半期の業績を発表しています。

Gunosyが第3四半期決算、アドネットワーク中心に売上伸び悩み、アルゴリズムの改善とクーポンでの訴求でアクティブユーザーが活性化

ニュースアプリを運営する株式会社Gunosyは、2019年5月期 第3四半期の業績を発表しました。

3ミニッツ、買えるAbemaTVと協業で、新ブランド「mewen」を開始

株式会社3ミニッツが、インターネットテレビショッピング事業を行う株式会社買えるAbemaTV社と協業し、新ブランド「mewen(ミューエン)」を開始することを発表しました。

弁護士ドットコム、有料会員が順調に伸び増収増益・・・1Q業績

弁護士ドットコムが29日に発表した2020年3月期 第1四半期の業績(2019年4月1日~2019年6月30日)は、売上高9億3500万円(前年同期比+35.9%)、営業利益1億8200万円(+46.6%)、経常利益1億8200万円(+46.4%)、純利益1億1900万円(+46.6%)となりました。

「LINEノベル」、アプリの提供を開始…読書時間に応じて無料チケットが貰える「読めば読むほど、無料」

LINE株式会社は、小説プラットフォーム「LINEノベル」において、「LINEノベル」アプリを提供開始しました。※iOSアプリの先行配信

カカクコム子会社が運営する「バスとりっぷ」の月間ユーザー数が100万人を突破

株式会社カカクコム子会社である株式会社LCLが運営する「バスとりっぷ」は2019年3月の月間ユーザー数が100万人を突破しました。

GMOメディア、新規サイトが好調な一方既存サイトが苦戦し減収減益・・・第1四半期

GMOメディア株式会社が25日に発表した2019年12月期第1四半期の業績(2019年1月1日~2019年3月31日)は、売上高11億3,400万円(前年同期比▲18.5%)、営業利益6,800万円(▲56.4%)、経常利益6,800万円(▲56.3%)、純利益4,600万円(▲56.4%)となりました。

電通、MERY社と資本業務提携・・・電通デジタルとの共同でU25向けマーケティング活動を強化

株式会社電通は、女性向けのメディア事業を展開する株式会社MERYが実施する第三者割当増資を引き受け、本日付で同社と資本業務提携契約を締結しました。この提携は、電通デジタルとの共同でU25向けのマーケティング活動とメディア事業の強化を目的としています。

ライムライト・ネットワークス、「デジタルライフスタイルの現状 2019」調査結果を発表 デジタル技術に対して懐疑的な日本人、セキュリティへの意識が高まる

世界最大級のコンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)を提供するライムライト・ネットワークスの日本法人、ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社は、2019年7月にグローバルが発表した報告書「デジタルライフスタイルの現状(State of Digital Lifestyle)」の日本調査結果を発表しました。

AIでメディア報道間の意見相違を把握・・・東大発ベンチャーが三井物産戦略研究所向けに提供

東大発AIベンチャーのストックマーク株式会社は、株式会社三井物産戦略研究所向けにAIテクノロジーを活かした論説ニュース分析システム「LOGOS(ロゴス)」の運用を開始しました。

Candee、アフィリエイト型ライブコマースで電通ダイレクトマーケティングと協業

モバイル動画を軸にメディア事業、動画マーケティング支援事業、タレントマネジメント事業を展開するCandeeは、電通ダイレクトマーケティング(DDM)とアフィリエイト型ライブコマースで協業することを発表しました。

ソーシャルワイヤーの2Q、増収ながら減益・・・「アットクリッピング」が増加

ソーシャルワイヤー株式会社が5日に発表した2020年3月期 第2四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年9月30日)は、売上高18億3000万円(前年同期比16.7%)、営業利益1億4600万円(▲20.8%)、経常利益1億3100万円(▲25.2%)、親会社株主に帰属する四半期純利益7600万円(▲34.0%)となりました。

Apple、ビデオサブスクリプションサービス「Apple TV+」を今秋公開すると発表

Appleは、Apple TVアプリケーションから登録し、テレビ番組、映画、ドキュメンタリーを広告なしのオンデマンドで楽しめるビデオサブスクリプションサービス「Apple TV+」を今秋公開すると発表しました。

Gunosyの1Qは積極的なマーケティングで増収も大幅減益

株式会社Gunosyが15日に発表した2020年5月期 第1四半期の連結業績(2019年6月1日~2019年8月31日)は、売上高38億7900万円(前年同期比4.8%)、営業利益2億3200万円(▲70.7%)、経常利益2億1800万円(▲72.5%)、親会社株主に帰属する四半期純利益1億9500万円(▲64.1%)となりました。

ホームページ作成サービス「Wix.com」が日本法人を設立、サポートを充実

ホームページ作成サービスの Wix.com Ltd.(本社:イスラエル・テルアビブ)は、日本法人、Wix.com Japan株式会社を東京に設立しました。日本での事業を本格化し、ユーザーの問い合わせ窓口となるサポートの拡充を行います。

カカクコム通期決算・・・食べログの新料金プランが好調、「求人ボックス」や「バス比較なび」も伸びる

株式会社カカクコムが9日に発表した2019年3月期の連結業績(2018年4月1日~は、売上高494億7400万円(前年同期比12.5%)、営業利益250億7000万円(9.6%)、経常利益232億6100万円(6.2%)、親会社株主に帰属する四半期純利益166億9700万円(6.4%)となりました。

Amazonプライムデーで買い物をする会員が昨年より増加…プライムデー消費行動予測調査

ECモール分析ツールの開発企業「Profitero(プロフィテロ)」は、2019年5月に行った「2019 Prime Day Predictions:...

JTBとジャパンタイムズ、スポーツ観戦を目的とした訪日客向け情報発信で協力

旅行大手のJTBと、英字新聞を発行するジャパンタイムズは、スポーツ観戦を目的とした訪日客向けの英語での情報発信で協力していくと発表しました。

バリューコマース、「Yahoo!ショッピング」向けCRMやアフィリエイト広告が好調で売上が大幅増加・・・第1四半期業績

バリューコマース株式会社が24日に発表した2019年12月期第1四半期業績は、売上高63億円(前年同期比34.7%)、営業利益12億4200万円(50.2%)、経常利益12億4200万円(51.3%)、親会社株主に帰属する四半期純利益8億3600万円(51.8%)となりました。

ワンメディア、インフルエンサーの動画出演をサポートするインフルエンサーネットワーク事業開始

ワンメディア株式会社は、今年7月に発表した「ONE BY ONE」プロジェクトの第二弾として、インフルエンサーの動画出演をサポートするインフルエンサーネットワーク事業を開始しました。

Tokyo XR Startups、第5期インキュベーションプログラム開始を発表・・・中国向けVTuber事業やヘルステック事業など5チームが採択

Tokyo XR Startupsは15日、XR・ブロックチェーン領域のスタートアップを対象とした「TXS第5期インキュベーションプログラム」を開始し、本プログラム参加企業のプロダクトの進捗などを共有する開始式を行いました。

ユーザベース、2019年は「Quartz」に戦略投資で赤字見通し・・・「SPEEDA」「NewsPicks」ともに成長加速

企業・業界情報や統計データを束ねる情報プラットフォーム「SPEEDA」、経済ニュースメディア「NewsPicks」「QUARTZ」を運営する株式会社ユーザベースが2018年12月期の業績を発表しています。

ドリームリンク、EC運営を支援するネットショップ総研を買収…ECコンサルティングビジネスに参入

株会社イードの連結子会社で、農業系DIY機器のEC事業を展開する株式会社ドリームリンクが、EC運営支援の事業展開を図るため“「売る」の達人”株式会社ネットショップ総研の全株式を取得しました。

イードの通期業績は増収増益、複数事業を取得しPVも増加

株式会社イードが13日に発表した2019年6月期の連結業績(2018年7月1日~は、売上高51億9200万円(前年同期比10.1%)、営業利益3億1000万円(20.9%)、経常利益3億1300万円(16.6%)、親会社株主に帰属する四半期純利益1億9400万円(287.4%)となりました。

メディア運営支援のINCLUSIVEが上場承認、想定時価総額は約54億円

メディア運営支援などを手掛けるINCLUSIVE株式会社(インクルーシブ)が東証マザーズの上場承認を受けました。上場は12月20日。想定株価2290円から算出した上場時時価総額は約54億円。公募で約4.15億円を調達します(一の部、有価証券届出書)。

CAMPFIREがソトコトを運営するRRデジタルメディアと業務提携…ソトコト オンラインサロンを開始

クラウドファンディング事業を展開する株式会社CAMPFIREは「ソトコト」「MADURO」などのメディアを運営するRRデジタルメディアと、業務提携を発表しました。この業務提携は「地方創生をテーマとしたコンテンツ発信強化」を目的としています。

マネーフォワード、「Boxil」のスマートキャンプをグループ会社化…既存株主から約20億円で72.3%の株式を取得

株式会社マネーフォワードが、利用者数国内No.1のSaaSマーケティングプラットフォームを提供するスマートキャンプ株式会社をグループ会社化することを決定しました。マネーフォワードは、既存株主から1,998百万円( 議決権所有割合ベース)で72.3%の株式を取得しました。

「@press」など運営のソーシャルワイヤー、通期業績を発表・・・来期は減益予想

ソーシャルワイヤー株式会社が26日に発表した2019年3月期の連結通期業績(2018年4月1日~2019年3月31日)は、売上高32億6400万円(前年同期比16.2%)、営業利益4億500万円(14.8%)、経常利益3億9600万円(14.8%)、親会社株主に帰属する四半期純利益2億4000万円(▲5.2%)となりました。

インフォバーングループ、ソリューション事業の強化を目的とした新体制を発表

インフォバーングループは、ソリューション事業の強化を目的とした新体制を発表、新執行役員には羽村悠己氏と、中村圭氏が就任しました。

ニューヨーク・タイムズ、始めてデジタル広告が印刷版を上回る・・・CEO「2025年には1,000万人の有料購読を」

ニューヨーク・タイムズ(NYT)が発表した2018年度(1~12月)の業績は、売上高10億4257万ドル(+3.4%)、営業利益1億9016万ドル(+7.7%)、株主に帰属する純損失▲177万ドルとなりました。

Quartz、共同CEOや編集長が退任・・・新CEOは課金事業を統括してきた人物

ユーザベースの100%子会社で、米国で経済メディア「Quartz」を運営するQuartz Media,Inc.が創業者や編集長を含む経営体制を変更したことが明らかになりました。

FacebookとInstagramが、中国の7企業・個人を提訴・・・「偽アカウント」「いいね」「フォロワー」の販売で

本日、FacebookとInstagramは、 中国に拠点を置く4社と3人に 対して、「偽造アカウント」「いいね」「フォロワー」の違法な販売に対し、米国連邦裁判所で ...

ファイナンシャルタイムズ(FT)の有料購読者数が100万人を突破、3/4がデジタルに

フィナンシャルタイムズ(以下FT)は1日、有料購読者数が過去最高の100万人を超え、目標としていた読者数を突破したと発表しました。

イード、キャンピングカー株式会社と資本業務提携・・・新しいドライブ体験、旅行体験などを実現するサービス開発

株式会社イード(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮川 洋 以下、イード)は、キャンピングカーのレンタルやメディアサービスを運営するキャンピングカー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:頼定 誠...

PR TIMESとオールアバウトが提携…専門家へのプレスリリース配信提供スタート

株式会社PR TIMESと株式会社オールアバウトは業務提携契約を締結したことを発表しました。

トークンが貯まるグルメSNS「シンクロライフ」を運営する株式会社GINKANが2社から資金調達

食事で仮想通貨が貰える、トークンエコノミー「シンクロライフ」を運営する株式会社GINKANが、 kawara CAFE&DINING等を運営する株式会社エスエルディー 、飲食店グループを持つ株式会社DDホールディングスのベンチャーキャピタル部門から資金調達をしたと発表しました。

スペクティ、ロイターと動画コンテンツのパートナーとして事業提携・・・UGC動画の提供が可能に

SNSリアルタイム速報サービス「Spectee」を展開する株式会社Spectee(スペクティ)は、国際通信社ロイターが運営する「ロイターコネクト」において、動画コンテンツのパートナーとして事業提携することで契約を締結しました。

「EUの著作権指令に対応するとパブリッシャーへのトラフィックは45%減に」グーグルが改めるべきと声明

欧州連合(EU)がデジタル時代に適応した新たな著作権規則と指令を決定しようとしています。これに対して、プラットフォームを中心にデジタルでの活動を大きく規制するものとして反発が広がっています。グーグルもその一社で、欧州での「Google News」の撤退も検討していると伝えられます。7日には新たな声明を発表しました。

NewsPicks、出版事業に参入…書籍編集長に井上慎平氏が就任

ソーシャル経済メディア「NewsPicks」を運営する、ユーザーベースグループの株式会社ニューズピックスが4月、パブリッシングチームを新たに創設しました。

ログミーがコーポレートアイデンティティを刷新。MissionとValueを新たに掲げ、リブランディングへ

ログミー株式会社は2019年3月5日よりCI(コーポレートアイデンティティ)とコーポレートロゴを刷新し、コーポレートサイトのデザインもリニューアルしました。

スペースマーケットが上場承認、想定時価総額は約58億円

レンタルスペースのマッチングサービス「SPACEMARKET」を運営する株式会社スペースマーケットが上場承認を受け、12月20日に東証マザーズに上場します。仮条件520円から算出した上場時想定時価総額は約58億円(一の部、有価証券届出書)。

CARTA HOLDINGSが中期経営計画 「CARTA 2022」を発表・・・電通グループとの協業推進、経営基盤強化へ

メディア事業とアドテクノロジー事業を行うVOYAGE GROUPとサイバー・コミュニケーションズ(CCI)が統合した持ち株会社、CARTA HOLDINGS株式会社が、2019年12月期第1四半期決算発表にあわせ、中期経営計画 「CARTA...

Teads、2018年の収益は4億3,000万ドルと発表…2018年決算報告

ビューアブルでフラウドを排除した広告プラットフォームを提供するTeads(本社・フランス)はグローバルの決算に伴い、前期比35%という高い成長を記録したことを発表しました。

イトクロの3Q業績は増収ながら減益も依然として高い利益率

株式会社イトクロが6日に発表した2019年10月期 第3四半期の業績(2018年11月1日~2019年7月31日)は、売上高36億3700万円(前年同期比0.8%)、営業利益14億9200万円(▲16.7%)、経常利益15億400万円(▲16.3%)、純利益9億6900万円(▲16.2%)となりました。
1,830ファンいいね
7フォロワーフォロー
1,626フォロワーフォロー

お知らせ

最新ニュース

人気記事ランキング