CCCグループのTマガジン、小学館と博報堂DYMPが資本業務提携…雑誌広告ビジネス、新規事業開発の強化を目指す

月額定額制の雑誌読み放題サービス「T-MAGAZINE」を運営する株式会社Tマガジンは、株式会社小学館と株式会社博報堂DYメディアパートナーズを引受先とする、第三者割当増資を行ったことを発表しました。

Vice Media、従業員の10%にあたる250名をレイオフ

Hollywood Reporterは、Vice Mediaが世界2500名の従業員のうち、10%に当たる250人をレイオフすると報じました。これはNancy Dubuc...

RiLiがXTech Venturesなどから1億円を調達…「RiLi.tokyo」の規模拡大や新展開に投資へ

株式会社RiLiはXTech Ventures株式会社と個人投資家を引受先とする第三者割当増資により、1億円を調達しました。また、手嶋浩己氏が社外取締役に就任することも発表しています。

電通、MERY社と資本業務提携・・・電通デジタルとの共同でU25向けマーケティング活動を強化

株式会社電通は、女性向けのメディア事業を展開する株式会社MERYが実施する第三者割当増資を引き受け、本日付で同社と資本業務提携契約を締結しました。この提携は、電通デジタルとの共同でU25向けのマーケティング活動とメディア事業の強化を目的としています。

ユーザベース、2019年は「Quartz」に戦略投資で赤字見通し・・・「SPEEDA」「NewsPicks」ともに成長加速

企業・業界情報や統計データを束ねる情報プラットフォーム「SPEEDA」、経済ニュースメディア「NewsPicks」「QUARTZ」を運営する株式会社ユーザベースが2018年12月期の業績を発表しています。

サイバーエージェント、タレント・インフルエンサーのD2C事業サポート専門組織「Insta Shopping」設立

株式会社サイバーエージェントは、インターネット広告事業でタレント・インフルエンサーと共にブランドや商品の開発・製造から販売までをプロデュースする専門組織「Insta Shopping(インスタ ショッピング)」を設立しました。

リストラも伝えられたBuzzFeed、動画メディア運営のGroup Nineとの合併を模索か

15%のスタッフをレイオフするなど、苦境が伝えられているBuzzFeed。米国のテック系メディア、ReCodeが、同社が分散型のビデオパブリッシャーであるGroup Nine Mediaとの合併を交渉中であるとスクープしました。ただしまだ最終段階ではなく、すぐにまとまる可能性は低いとも指摘しています。

アメリカの多くの地域で、十分なローカル情報が提供されてない・・・Facebookが支援に乗り出す

フェイスブックは、地元のローカル情報を知りたいというニーズを受けて、「Today In」というシステムを提供しています(アメリカとオーストラリアの一部の地域)。しかし、400以上の地域に展開する中で、十分なローカル情報が提供されないケースが多発したことから、情報過疎地域の支援に乗り出しています。

伊藤忠商事、クラウドファンディング運営のCAMPFIREへ出資…クラウドファンディングとファッションブランドビジネスとのシナジー創出へ

伊藤忠商事株式会社は、株式会社CAMPFIREが第三者割当増資により発行する株式の一部を引き受けました。クラウドファンディング「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」を活用し、クラウドファンディングと既存のファッションブランドビジネスとのシナジー創出を目指すとしています。

ライムライト・ネットワークス、「デジタルライフスタイルの現状 2019」調査結果を発表 デジタル技術に対して懐疑的な日本人、セキュリティへの意識が高まる

世界最大級のコンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)を提供するライムライト・ネットワークスの日本法人、ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社は、2019年7月にグローバルが発表した報告書「デジタルライフスタイルの現状(State of Digital Lifestyle)」の日本調査結果を発表しました。

Audiostockのクレオフーガ、GameWithと業務提携…クリエイターの動画制作を音楽面でサポート

ストックミュージックサービス「Audiostock」を運営する株式会社クレオフーガが、ゲームメディア「GameWith」を運営する株式会社GameWithと業務提携契約を締結しました。

朝日新聞社、広告プロダクション・イベント運営会社のDECをグループ会社に…イベント事業を経営の柱に

株式会社朝日新聞社は、広告プロダクション・イベント運営会社の株式会社ディーイーシー・マネージメントオフィス(DEC)をグループ会社としたことを発表しました。DECは今後、朝日新聞社が手掛ける各種イベントの運営拠点となるほか、広告企画・制作でも協働を進めるとしています。

スマートニュース、Webアプリ技術に優れた米Tomboを買収

スマートニュースは、米国サンフランシスコに拠点を置くTombo,Inc.を2018年12月21日に買収したと発表しました。同社はiOSアプリからWebアプリへの変換技術とサービスを提供していましたが、現在はサービスを終了しており、アクハイアリング(買収を通じた人材獲得)の側面が強いものと思われます。

LINE、小説プラットフォーム「LINEノベル」を発表・・・新たな才能の発掘と書籍化をサポート

LINE株式会社は新たなコンテンツ事業として「LINEノベル」を2019年4月16日より提供開始しました。

テレビ朝日HDの1Q業績、CMが苦戦も動画配信が伸びる

株式会社テレビ朝日ホールディングスが31日に発表した2020年3月期 第1四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年6月30日)は、売上高716億4900万円(前年同期比▲0.4%)、営業利益25億9200万円(0.3%)、経常利益41億8300万円(7.2%)、親会社株主に帰属する四半期純利益25億2100万円(1.4%)となりました。

スペクティ、ロイターと動画コンテンツのパートナーとして事業提携・・・UGC動画の提供が可能に

SNSリアルタイム速報サービス「Spectee」を展開する株式会社Spectee(スペクティ)は、国際通信社ロイターが運営する「ロイターコネクト」において、動画コンテンツのパートナーとして事業提携することで契約を締結しました。

ZUU、今期業績は営利ゼロ予測・・・成長投資に3億円

株式会社ZUUが14日に発表した2019年3月期の連結業績(2018年4月1日~は、売上高13億1700万円(前年同期比39.5%)、営業利益1億8200万円(155.0%)、経常利益1億6700万円(138.9%)、親会社株主に帰属する四半期純利益1億700万円(139.4%)となりました。

Quartz、共同CEOや編集長が退任・・・新CEOは課金事業を統括してきた人物

ユーザベースの100%子会社で、米国で経済メディア「Quartz」を運営するQuartz Media,Inc.が創業者や編集長を含む経営体制を変更したことが明らかになりました。

タウンニュース社の通期業績、WEB強化や紙面以外強化で増収増益

株式会社 タウンニュース社が9日に発表した2019年6月期の業績(2018年7月1日~2019年6月30日)は、売上高31億2100万円(前年同期比0.8%)、営業利益3億2300万円(10.7%)、経常利益3億5000万円(4.4%)、純利益2億3600万円(13.3%)となりました。

イード、キャンピングカー株式会社と資本業務提携・・・新しいドライブ体験、旅行体験などを実現するサービス開発

株式会社イード(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮川 洋 以下、イード)は、キャンピングカーのレンタルやメディアサービスを運営するキャンピングカー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:頼定 誠...

じげん、留学生・実習生向けに向けに保険販売を行うビバビーダを子会社化

じげんは、日本在住の外国人に向けた少額短期保険の販売を行う「ビバビーダメディカルライフ(以下、ビバビーダ)」の株式を取得し、子会社とすることを発表しました。

CCI、The Trade Desk、SpotXの3社が国内インストリーム動画広告取引で連携…SpotX利用客へのプログラマティック配信を実施

株式会社サイバー・コミュニケーションズ(以下、CCI)、The Trade Desk Japan...

日経とnote、集中講座や定例会を通した学びのコミュニティ「Nサロン」先行受付スタート

日本経済新聞社は、会社の枠を超えて個を高めたいユーザーに向けた学びのコミュニティ「Nサロン」を、ピースオブケイクが運営するメディアプラットフォーム「note」と共同で7月1日から本格始動します。

テレビ東京コミュニケーションズとZeppyが資本業務提携

株式会社テレビ東京コミュニケーションズ(以下 TXCOM)と、投資や経済に特化した日本初のYouTuberプロダクション 株式会社Zeppyが資本業務提携を行うことを発表しました。今回の業務提携では、TXCOMがZeppyに出資し、TXCOMが配信する動画コンテンツの共同制作を開始します。

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)と博報堂DYデジタルが経営統合

博報堂は、グループでデジタル領域を担当する、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(DAC)と株式会社博報堂DYデジタルを、成長するデジタルビジネス領域における競争力のさらなる強化のため経営統合すると発表しました。

日本ビジネスプレスとイー・エージェンシーが業務提携を開始…メディア企業へのソリューションサービス強化が目的

株式会社日本ビジネスプレスと株式会社イー・エージェンシーは、メディア企業へのソリューションサービス強化のための業務提携を開始すると発表しました。

グリー、北米デジタルメディア・エンターテインメント領域のスタートアップ企業を支援する新ファンド「GFR Fund Ⅱ」を設立

グリー株式会社は、北米に設立した「GREE Capital Partners, LLC」を通じて北米の最先端技術やデジタルメディアおよびエンターテインメント領域のスタートアップ企業を支援する新ファンド「GFR...

note運営のピースオブケイクがテレビ東京HDと資本業務提携

株式会社ピースオブケイクと株式会社テレビ東京ホールディングスは、資本業務提携の契約を締結、ピースオブケイクはテレビ東京HDを引受先とした第三者割当増資を実施する事を発表しました。

ファンコミQ2は減収減益、A8.netはITPや検索アルゴリズム変更の影響を受ける

株式会社ファンコミュニケーションズが8日に発表した2019年12月期 第2四半期の連結業績(2019年1月1日~2019年6月30日)は、売上高177億9500万円(前年同期比▲3.3%)、営業利益19億7300万円(▲13.4%)、経常利益19億9300万円(▲17.6%)、親会社株主に帰属する四半期純利益12億9000万円(▲20.5%)となりました。

CAMPFIRE、役員人事を発表・・・CxOを導入し経営強化

「資金調達の民主化」 をミッションに、個人やクリエイター、企業、NPO、大学、地方自治体など、様々な挑戦を後押しする株式会社CAMPFIREが、20日付で下記の役員人事を行いました。

Amazonプライムデーで買い物をする会員が昨年より増加…プライムデー消費行動予測調査

ECモール分析ツールの開発企業「Profitero(プロフィテロ)」は、2019年5月に行った「2019 Prime Day Predictions:...

博報堂DYMP「メディア定点調査2019」を発表・・・時系列分析の結果を報告

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア研究所は、生活者のメディア接触の現状を捉える「メディア定点検査」の結果を発表しました。接触時間、イメージなど時系列分析から見えたメディア環境の変化を報告しています。

「みんかぶ」「株探」運営のミンカブ・ジ・インフォノイドが東証マザーズへ上場へ

投資家向けのメディア「みんなの株式」「株探(Kabutan)」や金融機関向けのソリューション事業を展開する株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド(旧社名: 株式会社みんかぶ)が3月19日に東証マザーズに上場することが承認されました。「Iの部」を元に同社の事業を整理してみます。

GMOメディア、新規サイトが好調な一方既存サイトが苦戦し減収減益・・・第1四半期

GMOメディア株式会社が25日に発表した2019年12月期第1四半期の業績(2019年1月1日~2019年3月31日)は、売上高11億3,400万円(前年同期比▲18.5%)、営業利益6,800万円(▲56.4%)、経常利益6,800万円(▲56.3%)、純利益4,600万円(▲56.4%)となりました。

JR東日本、広報誌「JR EAST」6月号掲載記事に不正…休刊を決定

東日本旅客鉄道は、社外向けに発行している広報誌「JR EAST」6月号(夏号)に不正があったことを発表し、同誌の休刊を決定しました。

ポート1Q業績は主要メディアが堅調、買収の「債務整理の森」も業績貢献

ポート株式会社が9日に発表した2020年3月期 第1四半期の業績(2019年4月1日〜2019年6月30日)は、売上高8億8800万円(前年同期比―)、営業利益1億5300万円(―)、経常利益1億5100万円(―)、純利益1億300万円(―)となりました。当社の提供しているサービスである、キャリア系メディア「キャリアパーク!」、ファイナンス系メディア「マネット」等の主要インターネットメディアの業績が堅調に推移したほか、前事業年度より参入したリーガル系メディア「債務整理の森」は既に当社の業績に貢献してます。また、当第1四半期会計期間において、複数のインターネットメディアをM&Aにより取得するなど、新たな収益源の確保に向けた取り組みも積極的に推進してます。今期の通期業績予想は、売上高17億2300万円(前年同期比27.8%)、営業利益2億5000万円(8.3%)、経常利益2億3500万円(1.8%)、純利益1億6600万円(▲13.8%)としています。※本記事は決算AIによって生成されました

イード、国内最大級の雑誌定期購読サービスを提供する富士山マガジンサービスと業務提携

イードは、日本最大級の雑誌オンラインサイトFujisan.co.jpを運営する富士山マガジンサービスと、同社が出版社向けに提供するECサイト運営支援事業(マガコマース事業)において、業務提携しました。

オプトの動画メディア「JapanMade」が中国向けキュレーションメディア「良品志」と提携…

株式会社オプトの、Studio Opt(スタジオオプト)が運営する日本のモノづくりを世界に発信する動画メディア「JapanMade(ジャパンメイド)」は、Cross-Border Next(クロスボーダーネクスト)が運営するメディア「良品志(リョウヒンシ)」と提携し、動画コンテンツ制作・配信サービスの提供を開始しました。

CyberZ、VTuber分野の広告商品開発・プロモーション戦略に特化した組織「VTuber戦略室」を設立

株式会社サイバーエージェントの連結子会社でスマートフォン広告事業を行う株式会社CyberZが、VTuberに特化した広告商品の開発およびプロモーション戦略に特化した組織「VTuber戦略室(VTUBER STRATEGY DIV.)」を設立しました。

JX通信社、第三者割当増資により約5億円を調達

報道ベンチャーのJX通信社は、グローバル・ブレイン7号投資事業有限責任組合とSBI AI&Blockchain 投資事業有限責任組合を割当先とする第三者割当増資を実施し、約5億円を調達しました。

ベクトル、業績予想を下方修正・・・メディアで4.3億円の特損

ソーシャルメディア、IT広報などを手掛ける株式会社ベクトルは、2018年7 月に公表した2019年2月期の通期業績予想を修正し、過去に買収した事業ののれんなどを特損計上する見通しとなったと発表しました。

Gunosyの1Qは積極的なマーケティングで増収も大幅減益

株式会社Gunosyが15日に発表した2020年5月期 第1四半期の連結業績(2019年6月1日~2019年8月31日)は、売上高38億7900万円(前年同期比4.8%)、営業利益2億3200万円(▲70.7%)、経常利益2億1800万円(▲72.5%)、親会社株主に帰属する四半期純利益1億9500万円(▲64.1%)となりました。

サイバーエージェントQ3業績発表・・・通期業績予想を上方修正

株式会社サイバーエージェントが24日に発表した2019年9月期 第3四半期の連結業績(2018年10月1日~2019年6月30日)は、売上高3418億5200万円(前年同期比9.6%)、営業利益233億9300万円(▲11.9%)、経常利益231億7400万円(▲7.8%)、親会社株主に帰属する四半期純利益17億7600万円(▲64.5%)となりました。

GIFMAGAZINEが増資と借入で新たに3億円の資金調達・・・コミュニケーション領域におけるGIFコンテンツ配信サービスに投資へ

株式会社GIFMAGAZINEは、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、みずほキャピタル株式会社より第三者割当増資、みずほ銀行などからの借入により総額3億円の資金調達を実施しました。

扶桑社、「天然生活」の出版事業を譲受…デジタルとの連携により幅広いビジネス展開を目指す

株式会社扶桑社が、株式会社地球丸が運営していた「天然生活」の出版事業を譲り受け、扶桑社より発行することを発表しました。

ミンカブ・ジ・インフォノイド、投資家向けマーケティングプラットフォームを提供するウィルズへ資本業務提携

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドと株式会社ウィルズは、株主優待分野を中心とした連携強化を目的に、ミンカブがウィルズの一部株式を取得し、資本業務提携に合意しました。

gooが一部記事を「Apple Watch」向けに配信…重大ニュースの通知が届く

「goo」を運営するNTTレゾナントは、gooニュースアプリで提供している記事の一部の配信を「Apple Watch」に向けて開始することを発表しました。

「DELISH KITCHEN」運営のエブリー、伊藤忠食品と提携…

株式会社エブリーは、酒類・食品卸売業の伊藤忠食品株式会社を引受先とした第三者割当増資と業務提携契約締結しました。今後両社は、小売業の店頭販促や送客施策のデジタル化の推進と、メーカー商品の認知から販促強化まで支援するサービスを展開します。

オールアバウト、第3四半期決算を発表・・・「サンプル百貨店」やメディアが苦戦し通期赤字見込み

「All About」などのメディアや、「サンプル百貨店」などのコンシューマーサービスを運営する株式会社オールアバウトは平成31年3月期 第3四半期の業績を発表し、売上高107億7200万円(+5.4%)、営業損失4100万円、経常損失6900万円、四半期純損失4900万円になったと明らかにしました。
1,751ファンいいね
7フォロワーフォロー
1,599フォロワーフォロー

お知らせ

最新ニュース