Business Insider Japan

https://www.businessinsider.jp/
ジャンル
運営開始年月日
データがありません
電話番号
データがありません
プレスリリースアドレス
データがありません
                 
11

Business Insider Japanに関連する記事一覧

CNETの身売りはメディアブランドより成果型広告の時代を象徴か
2020/11/03

米国のRed Venturesが、バイアコムCBSから「CNET」や「GameSpot」などのバーティカルメディアを運営するCNET Media Groupを5億ドルで買収しました。巨額の買収、どのような狙いがあるのでしょうか? リック・エリアスCEO兼共同創業者が当のCNETに答え「多くの人が情報を発見し、円滑に意思決定する事をサポートできる」と述べています。 「ハドソン川の奇跡」に遭遇 Red Venturesは2000年にエリアスCEOが創業。旅行・健康・金融・教育・不動産など消費者の購買行動をサポートするメディアを多数抱え、顧客企業への送客が主なビジネスモデルです。買収によってポートフ […]

ニュースレターをグロースさせる5つの方法… 250万購読で成長中の「MorningBrew」が解説
2020/10/29

メディアが読者にリーチする手段としてニュースレターが注目されています。メールを読者に定期的に届けるという手法は古く昔からありますが、高い確率で読者のメールボックスまで直接に届けられるという点が見直されています。検索エンジンやソーシャルメディアなど外部の巨大なプラットフォームに握られている経路とは異なり、自分たちでコントロールできる手段という点も評価の一部です。 近年ではニュースレターで課金をしようとするメディア企業も増えていて、日本ではユーザベースが「Quartz Japan」を展開しています。米国ではニュースレターの配信プラットフォームも次々に誕生していて、代表格である「Substack」で […]

インフォバーングループ、Amazon DSPを活用した広告メニューの提供を開始
2020/10/20

インフォバーングループである株式会社インフォバーンと株式会社メディアジーンが、Amazon DSPを活用したAmazonでの販売強化を目指す広告メニューの取り扱いを開始しました。インターネット広告事業においては株式会社5(ファイブ)社が協力しています。 このたび、同グループが持つ広告運用の知見と運営メディア(ギズモード・ジャパン、Business Insider Japan、DIGIDAY[日本版]他)の広告販売の知見、また株式会社5(ファイブ)社の知見をかけあわせたAmazon DSPの運用サービスが開始されました。 同サービスでは、メディアジーンが運営するギズモード・ジャパンをはじめとした […]

【10月17日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ
2020/10/14

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

Business Insider Japan、新タグライン「Better Capitalismーやさしさがめぐる経済をつくろう」
2020/10/13

株式会社メディアジーンが運営する『Business Insider Japan』がブランドサイトを刷新し、新タグラインを発表しました。 Business Insiderは、ニューヨークに拠点を置くミレニアル世代のためのオンライン経済メディア。日本をはじめ世界17カ国8言語に展開し、2.8億人(月間UU)の読者をもつグローバルメディアです。 成長から循環へ―働き方も、ビジネスも、社会のあり方も大きく変わろうとしている中、Business Insider Japanはやさしさがめぐる経済をつくることを目指し、今回、新タグライン「Better Capitalismーやさしさがめぐる経済をつくろう」を […]