C Channel

https://www.cchan.tv
運営会社
運営開始年月日
データがありません
電話番号
データがありません
プレスリリースアドレス
データがありません
                 
0

C Channelに関連する記事一覧

英国で地元紙を運営するArchant、「Media for Equity」でベンチャーを育成
2020/09/10

英国各地で多数のローカルメディアを展開するArchantは、地元のベンチャー企業に対して「Media for Equity」の形で投資を行うArchant Venturesを設立しました。 「Media for Equity」は、メディア企業が投資を行う際に、株式の対価を現金で支払うのではなく、所有するメディアの広告枠を対価に支払うというものです。メディア企業にとっては現金支出なく将来有望な企業に投資でき、投資を受ける側としては、初期からマーケティングによって急拡大を狙う事が出来ます。また、割引価格が適用される事も多く、広告宣伝を目的に資金調達を行う企業にとっては有利と言えます。 英国では公共 […]

世界で4億人突破のPinterest、日本での展開やメディアでの活用について日本代表に聞く
2020/09/04

全世界で月間ユーザー数(MAU)が4億人を突破したというピンタレスト(Pinterest)。2010年に現在もCEOを務めるベン・シルバーマン氏が創業。ビジュアル探索ツールを標榜し、世界的にユーザー数を伸ばしています。楽天が初期からの主要な投資家の一つで、2019年には上場を果たしています。 日本でも陣容が拡大していて、成長が加速しているようです。ピンタレスト・ジャパンの代表を務める舩越貴之氏に、ピンタレストが目指す世界観、日本での状況、そしてピンタレストを日本のメディアはどう活用していけば良いのか、お話を伺いました。 ―――これまでのご経歴を教えてください ピンタレストに加わる前は、グーグル […]

日経とC ChannelがYouTubeチャンネルを開始…働く女性を応援
2020/09/02

日本経済新聞社と女性向け動画配信のC Channelは、9月1日、働く女性を応援するYouTubeチャンネル「newme(ニューミー)」を開始しました。 コンテンツは「出会う。学ぶ。未来が変わる。次の一歩のヒントがここに。」をテーマに、金融や政治など各分野のプロフェッショナルをゲストとして招待、従来の概念にとらわれない生き方を選ぶために必要な情報が提供されます。 「newme」編集長には株式会社KALPHAの金本頌子氏が就任。シンクタンクのソフィアバンク代表でJリーグの理事も務める藤沢久美氏を初回ゲストとして招き、投資の始め方や投資初心者が購入しやすい金融商品などについて解説するとのことです。 […]

オラクルまで参戦、TikTok買収の行方は? 破談も大いに有り得ると思う3つの理由【Media Innovation Newsletter】8/23号
2020/08/23

毎週末発行、メディア業界の一週間を振り返る「Media Innovation Newsletter」です。今週のテーマ解説では、TikTokの買収の行方について書きます。 メディアの未来を一緒に考えるMedia Innovation Guildの会員向けのニュースレター「Media Innovation Newsletter」 では毎週、ここでしか読めないメディア業界の注目トピックスの解説や、人気記事を紹介していきます。 もくじ・今週のテーマ解説 オラクルまで参戦、TikTok買収の行方は? 破談も大いに有り得ると思う理由・今週の人気記事トップ10 ・会員限定記事から ・編集部からひとこと 今 […]

「C CHANNEL」アプリを提供終了…今後はSNS運営・DX支援を強化
2020/08/19

C Channel株式会社は女性向け動画メディア「C CHANNEL」のアプリサービスを2020年9月末にて終了することを発表しました。 アプリで配信されていた動画は「C CHANNEL」のウェブサイトにて掲載、今後はSNSを中心としたコンテンツ配信に注力していくとのことです。 サービス終了の経緯としては、「縦型動画を閲覧できるSNSは存在していなかったため、質の高いコンテンツを最適なかたちでユーザーに届けるべく自社アプリの開発を行いました。しかし、SNSでの動画閲覧が一般的になった昨今においてC CHANNELアプリの役割を終えたと判断いたしました。」と発表しています。 今後は同社の強みであ […]