DRIVE

https://drive.media
運営会社
ジャンル
運営開始年月日
データがありません
電話番号
データがありません
プレスリリースアドレス
データがありません
                 
0

DRIVEに関連する記事一覧

横断チーム編成で対応した日本コンベンションサービス、オンライン併用で参加者が5000人増加した学会も【特集 バーチャルイベントの内幕】
2020/11/27

MIの11月特集は「バーチャルイベントの内幕」。新型コロナウイルス感染拡大によって多くのイベントがリアルからオンラインに移行しました。そこにはどんな課題と可能性があるのか。イベントのプラットフォーム、イベント主催者の双方をインタビューします。11月27日には多数の登壇者が参加する「バーチャルイベント勉強会」も開催します。 日本コンベンションサービスは日本で最初に生まれたコンベンション専門会社です。大規模な国際会議の運営を数多く手がけ、業界では知らぬ人がいない老舗企業である同社ですが、新型コロナ禍の中で、バーチャルイベントサービスの提供へ、本格的に取り組み始めてもいます。 激変する業界環境に対応 […]

【無料開催】8社登壇!新型コロナ禍で需要急増する「バーチャルイベント勉強会」(11月27日17時〜)
2020/11/18

メディアのイノベーションを加速させるメディア「Media Innovation」がおくる毎月のイベント、11月は新型コロナウイルス以降、注目度が格段に上がったバーチャルイベントについて取り上げます。どのようにバーチャルイベントを開催すれば良いのか、今後のイベントはどうなっていくのか、第一人者の皆さまをお招きし議論します。来場者の皆様の参加をお待ちしております。 登壇するのは、10年来バーチャルイベントのプラットフォームを提供してきたアイティメディアで事業を統括する滝沢氏、名刺管理プラットフォームで成長し、新たにイベントテック事業にも参入したSanSanの林氏、そして日本を代表する大規模な展示会 […]

ニューズ・コーポレーション、米出版ビッグ5の一社Simon&Schusterの買収に名乗り
2020/11/17

ニューズ・ コーポレーションが、米出版大手Simon&Schusterの買収に名乗りを上げたと、ニューヨークタイムズが報道しています。同社は、すでにHarperCollinsを傘下に収めており、買収が成功すれば5大出版社のうち2社をグループ化することになります。Penguin Random Houseとともに、米国出版界を“ビッグ2”が支配する時代が訪れるかもしれません。 Simon&Schusterは、マーガレット・ミッチェルの「風と共に去りぬ」やデール・カーネギーの「人を動かす方法」など、有名ベストセラーを多く出版してきた大手出版社です。 しかし、一時期業績不振に陥る中で2006年 […]

再上場計画を発表した「プレイボーイ」、雑誌休刊もプラットフォーム戦略で成長加速
2020/11/14

ライブ番組の「Media Innovation Live」にて、「堀鉄彦メディア調査団が斬る『PLAYBOY再上場』に見る雑誌ビジネスモデルの再生シナリオ」と題して、いつものように株式会社コンテンツジャパン代表の堀鉄彦氏に、デジタル時代における雑誌ビジネスの今後の可能性について解説してもらいました。(聞き手: 株式会社メディアインキュベート 浜崎正己代表) 会員の方にはライブ番組の主な内容をテキストでもお届けします。(動画の内容をそのまま書き起こしたものではありません) デジタルファーストで再構築したプラットフォームの姿に何が学べるか 雑誌「プレイボーイ」で有名なPlayboy En […]

独禁法によるGAFAの解体は21世紀には意味のない議論…潜む深刻な誤解とは?
2020/08/29

本記事はThe Conversationに掲載された、アメリカのTufts Universityで国際経済を専門とするBhaskar Chakravorti教授による記事「Lawmakers keen to break up ‘big tech’ like Amazon and Google need to realize the world has changed a lot since Microsoft and Standard Oil」をCreative Commonsのライセンスおよび執筆者の翻訳許諾の下、掲載するものです。 現在、ビッグテックが再び大きな注目を集めています。 アマゾ […]

PRDBから

記事がありません