Insight for D

https://d-marketing.yahoo.co.jp
運営会社
運営開始年月日
データがありません
電話番号
データがありません
プレスリリースアドレス
データがありません
                 
0

Insight for Dに関連する記事一覧

グーグル、検索順位を「ユーザー体験」を重視したものに変更へ・・・来年以降に実装
2020/06/02

グーグルは、検索エンジンのランキングロジックを「ユーザー体験」(User Experience)を重視したものに変更することを明らかにしました。ただしこの変更は2021年までは実装されず、実装される少なくとも6ヶ月前までには予告するとしています。 一方、モバイル検索でのトップストーリー機能には「ユーザー体験」のロジックが組み込まれ、AMP対応は要件から取り除かれるとのことです。 「ユーザー体験」は この記事は会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

ワシントン・ポスト、独自開発の広告技術をローカルメディアに提供
2020/05/23

ワシントン・ポストは、ローカルメディアの戦略的アライアンス「Local Media Consortium」と提携し、同社が開発した広告プラットフォーム「Zeus Performance」をローカルメディアに提供していくと明らかにしました。 ワシントン・ポストが独自開発した広告向けソリューションは「Zues Technology Suite」と総称されていて、その中には広告のパフォーマンスを最大化す この記事は会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

コロナの影響で最も効率的なSNS投稿時間に変化が
2020/05/03

Sprout Socialが2020年3月に、ソーシャルメディアに投稿する最適な時間について調査を発表しました。しかしそれ以降、新型コロナウイルスの感染拡大により人々のソーシャルメディア利用時間は増加し、一部では利用時間も大幅に変化していることが判明。今回それらの影響も踏まえた新しいレポートが発表されました。 Facebookは平日のエンゲージメントが高い 前回のレポートでは、水曜日の11時と13 この記事は会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

「女性のデジタルサービス利用」の6個のクラスターとは?・・・「女性オーディエンス・インサイト」Vol.2
2020/04/27

前回は最近のコトバと女性との関わりをご紹介しましたが、第2回では、女性のデジタルサービスの利用状況を俯瞰的に把握しながら、各サービス同士の関係性について解説します 女性のデジタルサービス利用の全体像 今回、分析対象としたデジタルサービスは合計93個(各ジャンルにおける「その他サービス」の計19個を含む)。それにコレスポンデンス分析と階層的クラスター分析を行った結果が図表1です。 この分布図では、右下に10代に人気の高い<TikTok>や<PicsArt>のグループがあり、上の方に20代、30代がメインユーザーになる<たまひよ>や<mamari>などの出産・育児系サ-ビスのグループがあります(後 […]

【解説】アリババが総力を挙げた新型コロナウイルスとの戦い、100ページの報告資料を5000文字で読み解く
2020/04/17

新型コロナウイルスが最初に拡大した中国。政策と資源を総動員して感染拡大を防ぐ決死の努力を支え、存在感を発揮したのはBAT(Baidu、Alibana、Tencent)に代表される成長著しい中国のデジタルプラットフォーム企業です。企業のリモートワーク、学校のリモート学習、流通のデジタル化など、この危機をむしろ好機と捉えて積極的な手を打ったようにも見えます。