毎日新聞

https://mainichi.jp/
運営会社
ジャンル
運営開始年月日
データがありません
電話番号
データがありません
プレスリリースアドレス
データがありません
                 
6

毎日新聞に関連する記事一覧

米国上位25紙の発行部数、2022年3月までの6か月間平均で前年比12%減【Media Innovation Newsletter】6/28号
2022/06/28

こんばんは、Media Innovationの浜崎です。 Media Innovationでは、イノベーターズサロンの運営に力を入れています。ぜひご一緒にメディア業界全体を盛り上げていきたいと考えていますので、さまざまディスカッションができたら嬉しいです。 「Media Innovation Daily」では毎朝、メディア関係者必読のニュースや、Media Innovationに、オススメ記事を紹介していきます。 6月28日の注目記事チェック Trust in media: Times, Telegraph and BBC see record drops in trust(Andrew Ke […]

編集DXでユーザーファーストの実現へ、毎日新聞の挑戦【Media Growth Summit 2022】
2022/06/28

Media Innovationでは、世界中のパブリッシャーを支援するPiano JAPAN株式会社との共催で、5月29日にメディアのグロースをテーマにしたオンラインイベント「Media Growth Summit 2022」を開催しました。 毎日新聞社デジタル編集本部長の高塚保氏は、「編集DXでユーザーエンゲージメント向上目指す〜毎日新聞社の取り組み」と題して、組織体制を改変し、サブスク獲得を目指す同社の挑戦について紹介しました。 高塚氏は、記者職として政治部で編集委員を務めた後、社長室で新規事業立ち上げを担当しました。その際に、多くのベンチャー企業や大企業の新規事業担当者と交流したことが、 […]

参院選に向けニュース各社特集続々、各社工夫を凝らして投票率向上を目指す
2022/06/28

7月10日に参院選の投票日がせまるなか、ニュースメディア各社は投票率向上への機運醸成のため、さまざまな企画や特集に取り組んでいます。 日本最大のアクセス数を有するYahoo!Japanでは、参院選期間中に「Yahoo!ニュース参議院選挙2022」とする特集を実施し、スマートフォン向けブラウザーとアプリのトップ画面に参院選タブを表示することでユーザーに訴求しています。 提供する参院選関連情報のうち、候補者情報は読売新聞社及び時事通信社から、開票速報はTBS/JNNから、各種政策や基礎知識に関する記事は毎日新聞社から、政党・候補者へのアンケート結果は選挙ドットコムからの提供を受けています。 また、 […]

誹謗中傷への罰則強化、侮辱罪の改正は効果を上げるか【Media Innovation Weekly】6/20号
2022/06/20

ソーシャルメディアなどでの誹謗中傷対策として、刑法の改正が13日の参議院本会議で可決され、侮辱罪の法定刑が「1年以下の懲役もしくは禁錮」と「30万円以下の罰金」が加えられ、公訴時効が1年から3年に伸びる事になりました。これまでは「勾留」(30日未満)または「過料」(1万円未満)でした。

BBC、守りから攻めに転じたい「デジタルファースト」宣言【Media Innovation Weekly】5/30号
2022/05/30

英国の公共放送BBCが「デジタルファーストの公共メディアを再構築する」と宣言しました。BBCは日本のNHKと同じように視聴者からの受信料で番組制作を行う公共放送ですが、政治からの圧力もあり、深刻な資金不足に陥ると予想されていました。攻めである一方、守りの色も濃い、この宣言について解説します。

PRDBから

記事がありません