ロイター

https://jp.reuters.com/
ジャンル
運営開始年月日
データがありません
電話番号
データがありません
プレスリリースアドレス
データがありません
                 
13

ロイターに関連する記事一覧

「ワシントン・ポスト」と「フィナンシャル・タイムズ」がサブスクのバンドルパッケージを提供
2020/09/18

各メディアがサブスクリプションの会員獲得に躍起になる中で、有力なメディア同士の契約をバンドルにしたパッケージが新規獲得の手段として注目されています。 今回、「ワシントン・ポスト」と「フィナンシャル・タイムズ」がバンドルのパッケージを提供開始しました。申し込み期限は10月8日までということで期間限定のキャンペーンという位置付けのようです。 これは「ワシントン・ポスト」の年間契約を申し込んだユーザーに、3ヶ月間の「フィナンシャル・タイムズ」へのアクセスが提供されるというもの。「All Access Digital」が通常100ドルのところ39ドルに、「Premium Digital」が年間150ド […]

オラクルが「TikTok」の”テクノロジーパートナー”として米国事業を主導か…報道
2020/09/14

ウォール・ストリート・ジャーナルやワシントン・ポストなどが報じたところによれば、中国のバイトダンスが運営する「TikTok」の米国事業を巡り、オラクルが「信頼できるテクノロジーパートナー」に選ばれたとのこと。数時間前にマイクロソフトはバイトダンスから買収提案が却下されたと発表していました。 バイトダンスは米国政府に対して、バイトダンスが引き続き「TikTok」の所有権を保持しながら、データのクラウド管理をオラクルが担う選択をしたと述べたとのこと。また、バイトダンスが中国以外の国に本社を移転するという選択肢も俎上に載る可能性があります。ロイター通信によればオラクルは米国事業への出資も模索している […]

ニュース情報源として存在感を増すInstagram、その理由は?
2020/09/12

最近の調査では、ニュースのためにインスタグラムを利用する人が増加していることが明らかになっています。ロイター・インスティテュートの報告書によると、ニュースを目的としたインスタグラムの利用は2018年以降、全ての年齢層で2倍に増加していることが分かりました。

独占批判に対して雇用創出をアピールするアップル、身を低くして乗り切れるか【Media Innovation Newsletter】9/6号
2020/09/06

毎週末発行、メディア業界の一週間を振り返る「Media Innovation Newsletter」です。今週のテーマ解説では、集中砲火を浴びるアップルについて書きます。 メディアの未来を一緒に考えるMedia Innovation Guildの会員向けのニュースレター「Media Innovation Newsletter」 では毎週、ここでしか読めないメディア業界の注目トピックスの解説や、人気記事を紹介していきます。バックナンバーはこちらから。 今週のテーマ解説 独占批判に対して雇用創出をアピールするアップル、身を低くして乗り切れるか 「AppStoreのエコシステムは全米全ての州で合計2 […]

新型コロナウイルスに破壊された報道機関、ジャーナリズムは存続可能なのか?
2020/09/04

米国に拠点を構える報道機関のオフィスの多くは、コロナウイルスのロックダウンが解除され従業員がオフィスに戻ってくる時には、静かになっていることでしょう。