TechCrunch Japan

https://jp.techcrunch.com/
運営会社
ジャンル
運営開始年月日
データがありません
電話番号
データがありません
プレスリリースアドレス
データがありません
                 
10

TechCrunch Japanに関連する記事一覧

Googleによる、ジャーナリズムのデジタル改革支援が進む【Newsletter Daily Edition】5/11号
2021/05/11

おはようございます、Media Innovationの多賀です。ClubhouseのAndroid版がついに米国でスタートしました。ブームが落ち着いてiOS版のダウンロード数が激減しているだけでなく、ライバルであるTwitterのSpacesが先行して正式リリースされています。ここから巻き返しできるでしょうか。 「Media Innovation Newsletter Daily Edition」では毎朝、メディア関係者必読のニュースや、Media Innovationに掲載されたオススメ記事を紹介していきます。 5月11日の注目記事チェック まずはMI編集部員が見つけたメディア関係の注目記事 […]

Twitterに新機能続々・・・ますます巨大なプラットフォームへ【Newsletter Daily Edition】5/8号
2021/05/08

おはようございます、Media Innovationの多賀です。暖かくなってきましたが、緊急事態宣言の延長が決定し、GWに引き続き家にこもる日々が続きそうです。居酒屋は、ノンアルコールカクテル、サワーの提供でなんとか乗り切ろうとするお店が多いですが、5月末まで続くのは非常に苦しいでしょう。 「Media Innovation Newsletter Daily Edition」では毎朝、メディア関係者必読のニュースや、Media Innovationに掲載されたオススメ記事を紹介していきます。 5月8日の注目記事チェック まずはMI編集部員が見つけたメディア関係の注目記事をご紹介します。 日本勢 […]

ベライゾン、メディア事業を50億ドルで売却・・・「ヤフー」の社名が復活
2021/05/03

米国の通信大手・ベライゾンは、傘下でメディア事業を行うベライゾン・メディア・グループを投資ファンドのアポログローバルマネジメント傘下のファンドに売却すると正式に発表しました。ベライゾンは引き続き10%の株式を所有する少数株主として残ります。売却額は総額50億ドル。 売却後の会社は現在のCEOのGuru Gowrappan氏が引き続き経営に当たり、「ヤフー」という名称になるということです。日本のヤフージャパンとは資本的な繋がりはありませんが、久しぶりに米国でもヤフーという会社が復活する事になります。 ベライゾンは2015年にAOLを44億ドルで買収、2016年にはヤフーの中核資産を48億ドルで買 […]

ソーシャルメディアの浸透で深まる社会の分断【Newsletter Daily Edition】5/1号
2021/05/01

おはようございます、Media Innovationの多賀です。米国でメンソールたばこが禁止となるようです。店内での禁煙など、日本でも徐々に規制が進んでいますが、米国では特に若者のたばこ喫煙助長へ厳しく、『ワンピース』のアニメが放送される際にはたばこがキャンディに修正されたことでも有名です。かなり徹底しているようですね。 「Media Innovation Newsletter Daily Edition」では毎朝、メディア関係者必読のニュースや、Media Innovationに掲載されたオススメ記事を紹介していきます。 5月1日の注目記事チェック まずはMI編集部員が見つけたメディア関係の […]

ベライゾン、「ヤフー」や「AOL」などメディア資産の売却検討か
2021/04/30

米通信大手のベライゾンが、「ヤフー」や「AOL」を含むベライゾン・メディア・グループの売却を検討しているとウォール・ストリート・ジャーナルが報じました。 売却先として名前が挙がっているのはPEファンドのアポロ・グローバル・マネジメントですが、売却プロセスのどの段階にあるのかは明らかにされていません。売却額は40~50億ドルになる可能性があるということです。 ベライゾンは2015年にAOLを44億ドルで買収、2016年にはヤフーの中核資産を48億ドルで買収し、Oathというブランドで統合しました。その後、ベライゾン・メディア・グループとブランドは変更されています。ただ、買収後の業績は順調とはいえ […]

PRDBから

記事がありません