トラフィックバーター

    258

    トラフィックバーターとは、記事配信などの対価の支払いを現金ではなく、配信元にトラフィックを還元することによって実施しようという魔法の言葉

    媒体社にとってコンテンツ提供が直接的に収益を産まなくとも、膨大なトラフィックが獲得できれば、それによって有形無形のメリットがあることから提案される言葉だが、実際には雀の涙のようなトラフィックしかもたらされず、実質的に「タダでよこせ」と言い換えられるケースもあるので注意が必要(※)。

    ※独自研究