記事配信

    108

    記事配信(記事提供)とは、制作している記事を自社サイトのみでなく、外部企業の運営するポータルサイトニュースアプリ、その他の媒体など、にも配信することを指す。

    メリット

    多くのユーザーを抱えている配信先に記事を配信することで、その記事を目にするユーザーを増加させることができる。

    多くの配信先では記事提供元に対して、関連リンクなどの形で、元のメディアに戻る導線を設置するため、トラフィックの獲得に繋げられる可能性がある。

    大手のポータルサイトやニュースアプリに配信をすること自体が、適切に運営されているメディアという信頼感を醸成することにも繋がる。

    デメリット

    自社サイトを訪れなくても、自社の記事を読む手段を提供することに繋がり、自社サイトの成長を阻害する可能性がある。

    配信先がカノニカル(canoniacl)の設定をしてれないと、検索エンジン上で自社サイトとカニバリが生じてしまう。

    収益配分

    記事配信をする場合の主な経済条件は以下のようなパターンがあり、両社の媒体力と交渉によって決定される場合が多い。

    • 有償提供 配信の対価として一定の金額を設定する
    • レベニューシェア 配信面の広告収入を配信元と配信先でシェアする
    • トラフィックバーター 対価は戻すトラフィックとする

    注意点

    大多数の配信先で、広告記事の配信は受け付けていないケースが多い。一方で、一定の条件で広告記事を配信するためのプランを用意している媒体もある。

    配信方法

    主に、配信先によって独自拡張されたXMLやRSSを自社のサーバー上に設置し、それを配信先が一定の間隔で取得することで配信が行われる。

    スマートニュースが策定している仕様であるスマートフォーマットは標準仕様として他の配信先などでも、これに準じた仕様が採用されている場合がある。

    配信を受け入れている主な媒体

    • ヤフーニュース
    • スマートニュース
    • グノシー(NewsPass)
    • LINE NEWS
    • NewsDigiest
    • エキサイトニュース
    • ライブドアニュース
    • infoseekニュース
    • MSN

    参考資料