ネットの誹謗中傷、「迅速な被害回復」と「匿名表現の自由」をどう両立すべきか(弁護士ドットコム)

    18

    ネットの誹謗中傷を受けた際に、どのようにして迅速に被害回復できるようにするか。総務省の有識者会議「発信者情報開示の在り方に関する研究会」で議論が進んでいる。