ホーム タグ イード

タグ: イード

イード、不動産投資に関する3メディアの事業取得

株式会社イードは、IdeaLink株式会社から各種不動産投資に関する3つのメディアと関連コンサルティング事業を取得しました。IdeaLinkがこれまで構築してきた情報コンテンツと、イードがメディア運営の中で培ったシステムやノウハウを組み合わせることで、メディアのさらなる成長が見込めるとしたものです。

イード、グルメ情報メディア「めしレポ」の事業を取得

株式会社イードは株式会社HITが運営するグルメ情報に特化したメディア「めしレポ」の事業を取得し、運営を開始しました。

出版社のECを全面サポート、富士山マガジンサービスとイードの合弁会社イデアの松延秀夫CEOらに聞く

MIの11月特集は「メディアとコマース(EC)の展望」です。広告に留まらない収益源を模索するメディアにとって有望であると常に挙げられるのが商品の販売です。しかしその実現は困難であり、多くの失敗事例が生み出されてきました。いま改めて、メディアがコマースに取り組むには何が必要か。キーパーソンを取材しました。

イードの1Q、増収増益・・・ネット広告が伸びる(訂正)

株式会社イードが12日に発表した2020年6月期 第1四半期の連結業績(2019年7月1日~2019年9月30日)は、売上高12億5600万円(前年同期比10.1%)、営業利益7900万円(30.3%)、経常利益7700万円(28.2%)、親会社株主に帰属する四半期純利益7600万円(82.2%)となりました。

イード、合弁会社「株式会社イデア」を設立富士山マガジンサービスと雑誌ブランドを活用した通販を行う

株式会社イードは、日本最大級のオンライン雑誌書店「Fujisan.co.jp」を運営する株式会社富士山マガジンサービスと合弁会社「株式会社イデア」を設立したことを発表しました。新会社では、出版社向けのECサイト運営支援事業及び雑誌の世界観に基づくEC店舗の運営を共同で行っていくとしています。

イード、音声広告プラットフォームの開発を進めるロボットスタートに投資

株式会社イードは、メディアの音声化、音声コンテンツの広告プラットフォームの開発を進めるロボットスタートに投資し、資本参加しました。

イードと瀬戸内ブランドコーポレーション、戦略的業務提携に合意

株式会社イードと、せとうちDMOを構成する株式会社瀬戸内ブランドコーポレーション(SBC)が戦略的業務提携について合意したことを発表しました。

「ゲーム遊ぶ」だけで生活できる未来を作りたい、ゲーム領域のトークンエコノミーに挑む「GameDays」・・・イード宮崎氏

メディアにおけるブロックチェーンの活用として、トークンエコノミーという考え方があります。ブロックチェーンによって発行したトークンを、コミュニティの通貨として活用し、その活性化や円滑な運営に当てようというものです。

イード、ティーガイア及びポプラ社と資本業務提携・・・2社が約5%の株主に

株式会社イードは、2019年8月13日の取締役会において、株式会社ティーガイア及び株式会社ポプラ社との間で資本業務提携を行うとともに、両社に対する第三者割当てによる自己株式の処分を行うことを決議しました。

イードの通期業績は増収増益、複数事業を取得しPVも増加

株式会社イードが13日に発表した2019年6月期の連結業績(2018年7月1日~は、売上高51億9200万円(前年同期比10.1%)、営業利益3億1000万円(20.9%)、経常利益3億1300万円(16.6%)、親会社株主に帰属する四半期純利益1億9400万円(287.4%)となりました。

イードがロボットスタートと業務提携…音声コンテンツ市場に本格展開

株式会社イードは、音声市場に本格展開することを発表しました。

エンファクトリー、「note pro 編集パートナー」に参加…コンテンツ制作運用を支援

株式会社ピースオブケイクが運営する企業の情報発信プラットフォーム「note pro」の利用企業を支援する「 note pro...

イード、国内最大級の雑誌定期購読サービスを提供する富士山マガジンサービスと業務提携

イードは、日本最大級の雑誌オンラインサイトFujisan.co.jpを運営する富士山マガジンサービスと、同社が出版社向けに提供するECサイト運営支援事業(マガコマース事業)において、業務提携しました。

M&Aを駆使して21ジャンル、57のメディア郡を構築したイード、その戦略とは?・・・土本執行役員に聞く

デジタルメディアを中心に21ジャンルで57のメディアを運営する株式会社イードは、創業当初からM&Aを積極的に活用し、事業規模を拡大してきたメディア企業です。これまでにM&Aで実に46サイトを取得し、13.4億円を投資してきたといいます。直近でも運営サイト数、PV、売上を堅調に伸ばしてきています。

イード、20~30代の社会人向けお役立ち情報サイト「マナラボ」の事業をスマートメディアより取得

21ジャンル57の専門メディアを運営する株式会社イードが29日、転職のプロが教える仕事や敬語のお役立ちサイト「マナラボ」の事業を株式会社スマートメディアより取得し、運営を開始したことを発表しました。

イード、メディアグロース支援事業を強化・・・CMS「CREAM」、暮らしの悩み解決サイト 「タスクル」運営のSODA株式会社に資本参加

株式会社イードは、企業のオウンドメディアやコンテンツマーケティングの運営⽀援、成⻑⽀援を⽬的とした、これまで「メディア運営⽀援事業」と呼んできた「メディアグロース⽀援事業」を強化するため、オウンドメディア向けCMS「CREAM」を提供するSODA株式会社に資本参加しました。

イード、キャンピングカー株式会社と資本業務提携・・・新しいドライブ体験、旅行体験などを実現するサービス開発

株式会社イード(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮川 洋 以下、イード)は、キャンピングカーのレンタルやメディアサービスを運営するキャンピングカー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:頼定 誠...

ゲームメディアは何故VTuberを作ったのか、メディアを飛び出して活躍する「インサイドちゃん」運営チームに聞く

既に7,000人を超えるVTuberが活動している現在、企業やメディアがVTuber作りにチャレンジする取り組みが増えています。そんな中で、株式会社イードが運営するゲームメディア「インサイド」は2018年5月からマスコットキャラクターの「インサイドちゃん」をVTuberとしてデビューさせました。

イードがバイク、クルマ好き女性のためのメディア「Lady Go Moto!」をオープン

メディアの運営を軸にしたコンテンツマーケティング企業の株式会社イードは、2019年1月30日にバイクやクルマ好き女性のためのメディア「Lady Go Moto!」をオープンしました。

イード、140万人が利用する訪日外国人向け観光情報サイト「SeeingJapan」を買収

株式会社イードは、訪日外国人向けに日本の観光情報を発信している「SeeingJapan」を株式会社Emooveから買収したと発表しました。同サイトは英語、繁体字、韓国語、タイ語、及び日本語で展開されていて、2017年4月の運営開始から現在では月間約140万ユーザー、200万PVにまで拡大しているとのこと。
1,837ファンいいね
7フォロワーフォロー
1,627フォロワーフォロー

お知らせ

最新ニュース

人気記事ランキング