ホーム タグ ブロックチェーンとメディアのこれから

タグ: ブロックチェーンとメディアのこれから

NFTを使った音楽の原盤権や3Dデータ流通にも取り組む、ブロックチェーンの社会実装を目指すBlockBase真木社長インタビュー

先日公開したカオスマップからも分かるように、多岐に渡るユースケースが模索されているブロックチェーン。技術の持つ素晴らしい特性を、いかに現実社会に適応させていくのか、という努力が求められています。

「ゲーム遊ぶ」だけで生活できる未来を作りたい、ゲーム領域のトークンエコノミーに挑む「GameDays」・・・イード宮崎氏

メディアにおけるブロックチェーンの活用として、トークンエコノミーという考え方があります。ブロックチェーンによって発行したトークンを、コミュニティの通貨として活用し、その活性化や円滑な運営に当てようというものです。

ブロックチェーンで資本主義的な世界を超える!全領域に積極投資を進めるgumi國光会長に聞く

ブロックチェーンに特化した投資ファンド「gumi Cryptos」の組成、個人がトークンを発行できる『FiNANCiE』のサービス開始、ブロックチェーンゲームを開発するdoublejump. tokyo株式会社との資本業務提携など、ブロックチェーン領域に積極的な姿勢を見せる株式会社gumi。これらを陣頭指揮する、同社創業者で代表取締役会長CEOの國光宏尚氏に、同社の取り組みと、ブロックチェーンのこれからについて聞きました。

活用が広がるブロックチェーン領域のカオスマップを大公開!全135の企業・サービスを掲載

ブロックチェーンは分散型台帳技術とも呼ばれ、仮想通貨のビットコインの中核を担う技術です。改ざんに極めて強く、分散型で、データの安定性や透明性を確保することができるという特徴を持ちます。

メディアにおけるブロックチェーン技術の活用とは? 著作権管理と許諾のプラットフォームにも取り組む、コンテンツジャパンの堀代表に聞く

仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーン技術は、さまざまな分野で活用され、注目されています。デジタル化が進むメディア業界でもブロックチェーンの活用が模索されています。

Media Innovation 8月の特集は「ブロックチェーンとメディアのこれから」、gumi國光氏、bitFlyer blockchain加納氏ら登壇のイベントも28日(水)開催

ビットコインに代表される仮想通貨(金融庁は暗号資産と名称を変更しました)の基盤技術として登場したブロックチェーン。 分散型台帳技術とも呼ばれ、鎖のように連続的に繋がれたブロック構造でデータを保持し、遡っての改変が極めて困難という信頼性、自律的に複数のノードが同期する安定性、取引履歴が公開される透明性などが特徴とされます。
1,630ファンいいね
7フォロワーフォロー
1,605フォロワーフォロー

お知らせ

最新ニュース