ホーム タグ 業績

タグ: 業績

アイモバイルの1Q業績、広告もコンシューマーも減収減益

株式会社アイモバイルが12日に発表した2020年7月期 第1四半期の連結業績(2019年8月1日~2019年10月31日)は、売上高33億4500万円(前年同期比▲37.9%)、営業利益3億3700万円(▲69.8%)、経常利益3億1600万円(▲71.6%)、親会社株主に帰属する四半期純利益2億800万円(▲72.4%)となりました(決算短信)。

ザッパラスの2Q業績、赤字幅は大幅縮小

株式会社 ザッパラスが2日に発表した2020年4月期 第2四半期の連結業績(2019年5月1日~2019年10月31日)は、売上高17億6600万円(前年同期比▲15.9%)、営業利益▲3500万円(―)、経常利益▲6100万円(―)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲9100万円(―)となりました(決算短信)。

はてなの1Qはアドネットワークが軟調で減収減益

株式会社はてなが29日に発表した2020年7月期 第1四半期の業績(2019年8月1日~2019年10月31日)は、売上高6億1700万円(前年同期比▲6.7%)、営業利益7200万円(▲54.3%)、経常利益7500万円(▲53.4%)、純利益5100万円(▲53.8%)となりました(決算短信)。

朝日新聞社のQ2業績、単体では赤字転落

朝日新聞社が25日に発表した2020年3月期の第2四半期累計期間の業績は、売上高1794億1100万円(前年同期比▲2.4%)、営業利益6億5300万円(▲78.2%)、経常利益29億6900万円(▲49.3%)、純利益14億2800万円(▲68.3%)と売上高は微減でしたが、利益面では大幅に減少しました。

クラウドワークス通期業績、増収増益も今期は投資予定で赤字予想

クラウドワークスが14日に発表した2019年9月期通期の連結業績(2018年10月1日~2019年9月30日)は、売上高87億4900万円(前年同期比31.9%)、営業利益4800万円(104.1%)、経常利益6700万円(591.6%)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲1億2700万円(―)となりました(決算短信)。

ジーニーの2Q、アド低調で赤字拡大も通期では黒字化見込み

株式会社ジーニーが13日に発表した2020年3月期 第2四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年9月30日)は、売上高70億700万円(前年同期比▲10.6%)、営業利益▲2億2900万円(-%)、経常利益▲2億4600万円(-%)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲2億3900万円(-%)となりました。

ユーザベースの3Qは売上が大幅に伸びるもQuartzの赤字が続く、有料会員は1万人を突破

株式会社ユーザベースが12日に発表した2019年12月期 第3四半期の連結業績(2019年1月1日~2019年9月30日)は、売上高84億7300万円(前年同期比56.0%)、営業利益▲14億3600万円(%)、経常利益▲15億5800万円(%)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲15億7100万円(%)となりました。

AppBankの3Q、新規事業の抑制、販管費の圧縮で赤字縮小

AppBank株式会社が12日に発表した2019年12月期 第3四半期の連結業績(2019年1月1日~2019年9月30日)は、売上高10億200万円(前年同期比▲2.6%)、営業利益▲1400万円(%)、経常利益▲1500万円(%)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲1700万円(%)となりました。

イードの1Q、増収増益・・・ネット広告が伸びる(訂正)

株式会社イードが12日に発表した2020年6月期 第1四半期の連結業績(2019年7月1日~2019年9月30日)は、売上高12億5600万円(前年同期比10.1%)、営業利益7900万円(30.3%)、経常利益7700万円(28.2%)、親会社株主に帰属する四半期純利益7600万円(82.2%)となりました。

ポートの2Qは大幅に増収増益、複数のメディアをM&Aで取得

ポート株式会社が12日に発表した2020年3月期 第2四半期の業績(2019年4月1日~2019年9月30日)は、売上高18億200万円(前年同期比33.7%)、営業利益2億9800万円(29.1%)、経常利益2億9100万円(25.8%)、純利益1億9900万円(3.3%)となりました。

イノベーションのQ2は黒字転換、メディア集客が回復傾向

株式会社イノベーションが11日に発表した2020年3月期 第2四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年9月30日)は、売上高9億3200万円( ― )、営業利益5000万円(...

オールアバウトの2Qは黒字転換、マーケティング関連が苦戦も「サンプル百貨店」などが牽引

株式会社オールアバウトが8日に発表した2020年3月期 第2四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年9月30日)は、売上高76億7100万円(前年同期比10.2%)、営業利益1200万円(-%)、経常利益1500万円(-%)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲5700万円(-%)となりました。

Fringe81の2QはUniposへの投資を継続し赤字続く

Fringe81株式会社が8日に発表した2020年3月期 第2四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年9月30日)は、売上高28億4700万円(前年同期比▲5.8%)、営業利益▲2億900万円(―)、経常利益▲2億1300万円(―)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲2億7200万円(―)となりました。

カカクコムのQ2は増収増益、「食べログ」の予約が伸びる

株式会社カカクコムが6日に発表した2020年3月期 第2四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年9月30日)は、売上収益295億2900万円(前年同期比15.1%)、営業利益135億6900万円(16.1%)、税引前利益133億4300万円(14.9%)、親会社株主に帰属する四半期純利益90億9500万円(18.8%)となりました。

ソーシャルワイヤーの2Q、増収ながら減益・・・「アットクリッピング」が増加

ソーシャルワイヤー株式会社が5日に発表した2020年3月期 第2四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年9月30日)は、売上高18億3000万円(前年同期比16.7%)、営業利益1億4600万円(▲20.8%)、経常利益1億3100万円(▲25.2%)、親会社株主に帰属する四半期純利益7600万円(▲34.0%)となりました。

Zホールディングスの2Qは増収も前期売却益の影響で減収、広告は増加

Zホールディングス株式会社が1日に発表した2020年3月期 第2四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年9月30日)は、売上高4841億4500万円(前年同期比4.1%)、営業利益756億6100万円(▲9.0%)、税引前利益755億8600万円(▲9.4%)、親会社株主に帰属する四半期純利益511億7700万円(▲7.2%)となりました。

アイティメディアの上期は増収増益、リードジェンや「ねとらぼ」伸びる

アイティメディア株式会社が31日に発表した2020年3月期 第2四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年9月30日)は、売上収益24億4000万円(前年同期比12.5%)、営業利益4億9000万円(50.9%)、四半期利益3億1900万円(82.0%)、親会社株主に帰属する四半期純利益3億1800万円(75.0%)となりました。

ユナイテッドのQ2業績は減収減益もアドテクやコンテンツは増収

ユナイテッド株式会社が31日に発表した2020年3月期 第2四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年9月30日)は、売上高113億500万円(前年同期比▲40.1%)、営業利益26億2800万円(▲78.5%)、経常利益25億7800万円(▲78.9%)、親会社株主に帰属する四半期純利益12億7300万円(▲84.2%)となりました。

ぐるなび上期業績、加盟店の大幅な解約で減収減益・・・通期では20億円の赤字予想

株式会社ぐるなびが30日に発表した2020年3月期 第2四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年9月30日)は、売上高151億6300万円(前年同期比▲5.3%)、営業利益6億8100万円(▲33.9%)、経常利益7億円(▲32.8%)、親会社株主に帰属する四半期純利益4億8400万円(▲28.0%)となりました。

サイバーエージェントの通期業績は「AbemaTV」への投資続くも他事業が補う

株式会社サイバーエージェントが30日に発表した2019年9月期の連結業績(2018年10月1日~は、売上高4536億1100万円(前年同期比8.1%)、営業利益308億2500万円(2.2%)、経常利益304億9300万円(6.8%)、親会社株主に帰属する四半期純利益16億9400万円(▲65.1%)となりました。

GMOメディアの3Q業績、ユーザー減少で減収減益・・・通期は赤字予想

GMOメディア株式会社が30日に発表した2019年12月期 第3四半期の業績(2019年1月1日~2019年9月30日)は、売上高31億9000万円(前年同期比▲9.4%)、営業利益5700万円(▲76.6%)、経常利益5700万円(▲76.5%)、純利益▲6100万円(―)となりました。

ミンカブ・ジ・インフォノイドの2Q業績、メディアもソリューションも順調

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドが29日に発表した2020年3月期 第2四半期の業績(2019年4月1日~2019年9月30日)は、売上高11億300万円(前年同期比22.3%)、営業利益1億3800万円(86.4%)、経常利益1億3300万円(85.2%)、純利益8700万円(92.8%)となりました。

弁護士ドットコムの2Qは有料会員が順調に増加し増収増益

弁護士ドットコムが28日に発表した2020年3月期 第2四半期の業績(2019年4月1日~2019年9月30日)は、売上高19億2900万円(前年同期比35.1%)、営業利益2億5900万円(6.2%)、経常利益2億5900万円(6.3%)、純利益1億5900万円(2.9%)となりました。

バリューコマースの1Qはアフィリエイトが伸長して増収増益

バリューコマース株式会社が28日に発表した2018年2月16日)等を第1四半期連結会計期間の期首から適用しており、2018年12月期は、売上高182億9800万円(前年同期比24.7%)、営業利益34億9200万円(33.4%)、経常利益35億300万円(31.2%)、親会社株主に帰属する四半期純利益23億5500万円(29.8%)となりました。

モーニングスターQ2はデータ・ソリューションが好調

モーニングスターが23日に発表した2020年3月期 第2四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年9月30日)は、売上高33億3300万円(前年同期比3.2%)、営業利益8億6500万円(▲4.4%)、経常利益10億1300万円(3.3%)、親会社株主に帰属する四半期純利益6億8500万円(6.1%)となりました。

Gunosyの1Qは積極的なマーケティングで増収も大幅減益

株式会社Gunosyが15日に発表した2020年5月期 第1四半期の連結業績(2019年6月1日~2019年8月31日)は、売上高38億7900万円(前年同期比4.8%)、営業利益2億3200万円(▲70.7%)、経常利益2億1800万円(▲72.5%)、親会社株主に帰属する四半期純利益1億9500万円(▲64.1%)となりました。

地域新聞社の通期業績、原価コントロールで黒字転換

株式会社地域新聞社が10日に発表した2019年8月期の連結業績(2018年9月1日~は、売上高39億9200万円(前年同期比▲1.9%)、営業利益2200万円(7.3%)、経常利益4500万円(107.7%)、親会社株主に帰属する純利益2200万円(-%)となりました。

ベクトルのQ2業績、売上成長も買収事業の減損で純損失

株式会社ベクトルが15日に発表した2020年2月期 第2四半期の連結業績(2019年3月1日~2019年8月31日)は、売上高179億3100万円(前年同期比39.7%)、営業利益12億4300万円(▲14.5%)、経常利益13億500万円(▲30.7%)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲6億7900万円(-%)となりました。

夢の街創造委員会の通期業績は売上が大幅増も営業赤字、今年も積極投資

夢の街創造委員会株式会社が10日に発表した2019年8月期の連結業績(2018年9月1日~は、売上高66億6600万円(前年同期比22.7%)、営業利益▲3900万円(%)、経常利益▲700万円(%)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲1億300万円(%)となりました。

GameWithの1Q業績、PV数は回復傾向にあるもののコスト増で大幅減益

株式会社GameWithが26日に発表した2020年5月期 第1四半期の業績(2019年6月1日~2019年8月31日)は、売上高7億4800万円(前年同期比▲1.7%)、営業利益1億3300万円(▲45.4%)、経常利益1億3200万円(▲45.4%)、純利益8500万円(▲49.8%)となりました。

アイモバイルの通期業績は利益が前年の2倍に、ふるさと納税「ふるなび」が好調

株式会社アイモバイルが12日に発表した2019年7月期の連結業績(2018年8月1日~2019年7月31日)は、売上高211億3800万円(前年同期比17.6%)、営業利益31億6000万円(49.2%)、経常利益31億4900万円(50.3%)、親会社株主に帰属する四半期純利益13億6700万円(17.3%)となりました。

はてな通期業績は、コンテンツマーケやテクノロジーソリューションが伸びて増収増益

株式会社はてなが12日に発表した2019年7月期の業績(2018年8月1日~2019年7月31日)は、売上高25億2000万円(前年同期比20.5%増)、営業利益4億5200万円(41.5%)、経常利益4億4900万円(34.1%)、純利益3億2700万円(39.6%)となりました。

イトクロの3Q業績は増収ながら減益も依然として高い利益率

株式会社イトクロが6日に発表した2019年10月期 第3四半期の業績(2018年11月1日~2019年7月31日)は、売上高36億3700万円(前年同期比0.8%)、営業利益14億9200万円(▲16.7%)、経常利益15億400万円(▲16.3%)、純利益9億6900万円(▲16.2%)となりました。

ザッパラス1Q業績は減収続く、動画やリアルイベントに注力

株式会社 ザッパラスが5日に発表した2020年4月期 第1四半期の連結業績(2019年5月1日~2019年7月31日)は、売上高8億8500万円(前年同期比▲10.5%)、営業利益▲3500万円(―)、経常利益▲6800万円(―)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲8500万円(―)となりました。

リブセンス2Q業績、「マッハバイト」「DOOR賃貸」が伸びて減収ながら大幅増益

株式会社リブセンスが14日に発表した2019年12月期 第2四半期の連結業績(2019年1月1日~2019年6月30日)は、売上高31億6000万円(前年同期比▲10.2%)、営業利益1億2100万円(172.4%)、経常利益1億8300万円(105.7%)、親会社株主に帰属する四半期純利益1億2600万円(94.3%)となりました。

シェアリングテクノロジー3Q業績、コンテンツ投資や広告宣伝費が重く赤字が続く

シェアリングテクノロジー株式会社が14日に発表した2019年9月期 第3四半期の連結業績(2018年10月1日~2019年6月30日)は、売上収益55億4200万円(前年同期比97.4%)、営業利益▲5億7900万円(―)、税引前利益▲6億1500万円(―)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲4億9300万円(―)となりました。

ログリー、1Q業績は利益が大幅減・・・広告審査厳格化の影響は収束

ログリー株式会社が14日に発表した2020年3月期 第1四半期の業績(2019年4月1日~2019年6月30日)は、売上高6億2400万円(前年同期比15.7%)、営業利益600万円(▲86.3%)、経常利益600万円(▲80.2%)、純利益300万円(▲81.5%)となりました。

AppBankのQ2業績、ストア事業が黒字転換で赤字縮小

AppBank株式会社が13日に発表した2019年12月期 第2四半期の連結業績(2019年1月1日~2019年6月30日)は、売上高6億7800万円(前年同期比▲3.0%)、営業利益▲1800万円(―)、経常利益▲1800万円( ― )、親会社株主に帰属する四半期純利益▲2000万円(...

イードの通期業績は増収増益、複数事業を取得しPVも増加

株式会社イードが13日に発表した2019年6月期の連結業績(2018年7月1日~は、売上高51億9200万円(前年同期比10.1%)、営業利益3億1000万円(20.9%)、経常利益3億1300万円(16.6%)、親会社株主に帰属する四半期純利益1億9400万円(287.4%)となりました。

ユーザベースの2Q業績は依然として赤字も、SPEEDA、NewsPicksが順調に伸びる、FORCUSも好調

株式会社ユーザベースが13日に発表した2019年12月期 第2四半期の連結業績(2019年1月1日~2019年6月30日)は、売上高56億6500万円(前年同期比84.6%)、営業利益▲9億3100万円(%)、経常利益▲10億700万円(%)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲9億6500万円(%)となりました。

ポート1Q業績は主要メディアが堅調、買収の「債務整理の森」も業績貢献

ポート株式会社が9日に発表した2020年3月期 第1四半期の業績(2019年4月1日〜2019年6月30日)は、売上高8億8800万円(前年同期比―)、営業利益1億5300万円(―)、経常利益1億5100万円(―)、純利益1億300万円(―)となりました。当社の提供しているサービスである、キャリア系メディア「キャリアパーク!」、ファイナンス系メディア「マネット」等の主要インターネットメディアの業績が堅調に推移したほか、前事業年度より参入したリーガル系メディア「債務整理の森」は既に当社の業績に貢献してます。また、当第1四半期会計期間において、複数のインターネットメディアをM&Aにより取得するなど、新たな収益源の確保に向けた取り組みも積極的に推進してます。今期の通期業績予想は、売上高17億2300万円(前年同期比27.8%)、営業利益2億5000万円(8.3%)、経常利益2億3500万円(1.8%)、純利益1億6600万円(▲13.8%)としています。※本記事は決算AIによって生成されました

ジーニー、第1四半期はMAツールなど伸びるも広告は苦戦

株式会社ジーニーが9日に発表した2020年3月期 第1四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年6月30日)は、売上高33億9300万円(前年同期比▲15.7%)、営業利益▲1億6200万円(-%)、経常利益▲1億6900万円(-%)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲1億5100万円(-%)となりました。

クックパッド、Q2は減収減益・・・採用や新規事業に積極投資

クックパッド株式会社が9日に発表した2019年12月期 第2四半期の連結業績(2019年1月1日~2019年6月30日)は、売上収益57億8600万円(前年同期比▲2.6%)、営業利益4億5600万円(▲71.2%)、税引前利益4億2900万円(▲71.9%)、親会社株主に帰属する四半期純利益2億8900万円(▲52.3%)となりました。

博報堂DYHDの1Q業績は、インターネットが伸びるも4マスで減収

株式会社博報堂DYホールディングスが9日に発表した2020年3月期 第1四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年6月30日)は、売上高3329億7300万円(前年同期比2.6%)、営業利益69億5500万円(▲65.3%)、経常利益78億8200万円(▲63.6%)、親会社株主に帰属する四半期純利益25億7600万円(▲73.9%)となりました。

タウンニュース社の通期業績、WEB強化や紙面以外強化で増収増益

株式会社 タウンニュース社が9日に発表した2019年6月期の業績(2018年7月1日~2019年6月30日)は、売上高31億2100万円(前年同期比0.8%)、営業利益3億2300万円(10.7%)、経常利益3億5000万円(4.4%)、純利益2億3600万円(13.3%)となりました。

オールアバウト1Q業績はコンテンツマーケティングやプログラマティック広告が不調で増収ながら赤字に

株式会社オールアバウトが8日に発表した2020年3月期 第1四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年6月30日)は、売上高38億7600万円(前年同期比8.1%)、営業利益▲1100万円(-%)、経常利益▲800万円(-%)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲2400万円(-%)となりました。

ファンコミQ2は減収減益、A8.netはITPや検索アルゴリズム変更の影響を受ける

株式会社ファンコミュニケーションズが8日に発表した2019年12月期 第2四半期の連結業績(2019年1月1日~2019年6月30日)は、売上高177億9500万円(前年同期比▲3.3%)、営業利益19億7300万円(▲13.4%)、経常利益19億9300万円(▲17.6%)、親会社株主に帰属する四半期純利益12億9000万円(▲20.5%)となりました。

「@cosme」のアイスタイル通期業績は減収減益、投資拡大に伴い今期は赤字計画

株式会社アイスタイルが7日に発表した2019年6月期の連結業績(2018年7月1日~は、売上高321億9300万円(前年同期比13.1%)、営業利益4億7600万円(▲77.6%)、経常利益3億8000万円(▲82.3%)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲5億1900万円(%)となりました。

GMOインターネットの2Q業績は、仮想通貨マイニングが黒字転換も金融で減益

GMOインターネット株式会社が6日に発表した2019年12月期 第2四半期の連結業績(2019年1月1日~2019年6月30日)は、売上高960億3800万円(前年同期比5.2%)、営業利益109億5700万円(▲7.0%)、経常利益106億5300万円(▲6.0%)、親会社株主に帰属する四半期純利益40億3500万円(▲4.6%)となりました。

アドウェイズの1Q業績は売上利益ともに減少し赤字に・・・EC案件などが縮小

株式会社アドウェイズが5日に発表した2020年3月期 第1四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年6月30日)は、売上高90億2600万円(前年同期比▲21.1%)、営業利益▲1億900万円(-%)、経常利益▲7500万円(-%)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲2億6600万円(-%)となりました。
1,837ファンいいね
7フォロワーフォロー
1,627フォロワーフォロー

お知らせ

最新ニュース

人気記事ランキング