ホーム タグ 調査

タグ: 調査

CHEQ JAPANとCCIが広告効果分析を実施・・・掲載面によってCTRが最大2.5%上昇することが判明

CHEQ JAPAN株式会社と株式会社サイバー・コミュニケーションズは、CHEQの技術を活用した広告配信における広告効果分析を実施。その結果、CTRは最大2.5倍、ブランド好意度は4倍以上の数値になっていることていることがわかりました。

Instagramアプリの利用状況調査…若年層女性の約7割がInstagramアプリを利用していることが判明

ニールセン デジタル株式会社が「ニールセン モバイル ネット...

ハーバード大学が出版社におけるサブスクに関するレポートを発表・・・有料登録の過程で大半が離脱していることが判明

ハーバード大学ケネディスクール併設の研究機関であるSHORENSTEINセンターが、出版社におけるデータの活用法や、サブスクリプションについてのレポートを発表しました。

「Instagram」は若年層女性の約7割が利用、「Snapchat」も増加著しい・・・ニールセン調査

視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社が、スマートフォン視聴率情報「ニールセン モバイル ネットビュー(Nielsen...

EVERRISEが広告費の支払先を分析・・・インターネット型運用広告の出稿先の50%がGoogleであることが判明

広告運用のデータ収集をするサービス「HARBEST(ハーベスト)」を提供する 株式会社EVERRISEは今回、企業がHARBESTを活用して収集した運用データについて広告費の支払先を分析しました。

ライムライト・ネットワークス、「デジタルライフスタイルの現状 2019」調査結果を発表 デジタル技術に対して懐疑的な日本人、セキュリティへの意識が高まる

世界最大級のコンテンツ・デリバリー・ネットワーク(CDN)を提供するライムライト・ネットワークスの日本法人、ライムライト・ネットワークス・ジャパン株式会社は、2019年7月にグローバルが発表した報告書「デジタルライフスタイルの現状(State of Digital Lifestyle)」の日本調査結果を発表しました。

Phybbitがアドフラウド調査レポートを公開

株式会社Phybbitは、「アドフラウド調査レポート2019年7月」を公開しました。(調査期間:2019年1月1日 〜 2019年6月30日)この定点調査は今回で2回目となります。

良質なコンテンツにより広告の好感度が74%上昇…IASが脳科学の観点から、コンテンツとデジタル広告の関係を調査

Integral Ad Science(本社:米国ニューヨーク)は、スマートフォンで閲覧するコンテンツの質が広告のパーセプションに及ぼす影響を脳神経学の観点からの調査レポートを発表し、IAS Japanは、同レポートの日本語版を発表しました。

訪日客に受け入れられるインターネット広告とは…アウンコンサルティングが調査

アウンコンサルティング株式会社は、訪日客数の多い中国、香港、アメリカに対して、Web広告に関する意識調査の結果を発表しました。

米国でニュースルームの雇用が2008年から25%減少・・・主な要因は新聞業界

アメリカで、ニュースルームの雇用が減少を続けているとピューリサーチセンターが発表しました。主な要因は、新聞社においての雇用減少とのことです。

Amazonプライムデーで買い物をする会員が昨年より増加…プライムデー消費行動予測調査

ECモール分析ツールの開発企業「Profitero(プロフィテロ)」は、2019年5月に行った「2019 Prime Day Predictions:...

休日の過ごし方、10~20代は「動画配信サービス」、50~60代は「テレビ」を利用…動画&動画広告 月次定点調査

株式会社ジャストシステムが、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で実施した『動画&動画広告 月次定点調査(2019年5月度)』の結果を発表しました。本調査は、17歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。

利用メディアは「テレビ」が76.3%で最多、10代のみ「SNS」が78.3%でトップ…ニュースに関する意識調査

株式会社テスティーと、MMDLabo株式会社が運営するMMD研究所とが、18歳から69歳のスマートフォンを所有する男女1,533人を対象に2019年5月8日~2019年5月10日の期間で「2019年6月 ニュースに関する年代別意識調査」を実施し、結果を発表しました。

2018年度のPR業売上高は推計1,290億円…PR業実態調査

日本パブリックリレーションズ協会(PRSJ)は、PR業界の最新の潮流を探るとともにPR業全体の売上規模を推計することを目的に、通算7回目となる「PR業実態調査」を実施し、その結果を発表しました。

2018年のサブスクリプションサービス、国内市場規模は5,627億3,600万円

株式会社矢野経済研究所は国内のサブスクリプションサービス市場を調査し、主要カテゴリーの市場動向、参入企業動向、将来展望を明らかにしました。

定額制サービス(サブスクリプション)、直近1年間の利用者は全体の2割・・・マイボイスコム調査

マイボイスコム株式会社は「定額制サービス(サブスクリプション)」に関するインターネット調査を2019年3月1日〜5日に実施し、結果を公開しました。

多くの人が複数のメディアサービスを横断して好みのコンテンツを利用・・・デロイトのデジタルメディア動向調査

デロイトは今年で13年目になるデジタルメディア動向調査 (Digital Media Trend)の2018年版(昨年2月から今年2月)を発表しました。

無料動画は前年比3ポイントUP、有料動画ではAmazonプライム・ビデオが他を圧倒「映像メディアユーザー実態調査2019」レポート

映像コンテンツ・流通のマーケティング事業を総合的に手掛ける株式会社フィールドワークスと、映像メディア総合研究所合同会社が、全国5000人規模のネットアンケート調査を実施し、テレビ放送、映画館、DVD・ブルーレイ、有料・無料の動画配信など、すべての映像視聴メディア・サービスのユーザー利用実態を調査・分析し、3月15日にレポートを発行しました。

IAB、データとデータ関連のソリューションへの支出は2019年も増加し続けると報告

IABおよびリサーチ&コンサルティング会社Winterberry Groupによって本日発表されたIAB Data Center...

アカウント共有で大きな損失、Netflixは24億ドルを失っているとの調査結果

Netflix、Amazon Prime Video、Huluなどサブスクリプション型のサービスが増加し、ビジネス的にも成功を収めていますが、CordCuttingが発表した最新のリサーチによれば、ユーザーのアカウント共有によって大きな損害を受けているようです。

30代は4割がアドブロッカーを利用? 前年より増加傾向

株式会社ジャストシステムが運営するマーケティングリサーチ情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」が全国の17歳から69歳の男女1,100名を対象に毎月1回実施している「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査」で、トレンドに焦点をあてて調査を行っている設問について、2018年1月から12月までの調査データをまとめて分析し直した「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査~2018年総集編 【トレンド版】」...

YouTubeへの動画投稿経験者の3割が広告収入を得た経験あり…ライブ動画視聴の10代の約半数はInstagramで視聴

株式会社ジャストシステムは「marketing Research Camp」でネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した「動画&動画広告 月次定点調査(2018年12月度)」の調査を発表しています。

「SmartNews」英語圏の記事への流入元で第10位にランクイン・・・米Parse.ly発表

アクセス解析ツールを提供する米Parse.lyが発表した、2018年12月の英語圏における記事へのトラフィック流入元によれば、スマートニュース株式会社が提供する「SmartNews」が初めて第10位となり、これまで10位を守ってきた「Yahoo」を逆転したそうです。

2019年のメディアトレンドを占う、ロイター研究所とオックスフォードのレポートを詳報

ジャーナリズムを研究するReuters Instituteとオックスフォード大学が共同で手がける「Journalism, Media, and...
1,755ファンいいね
7フォロワーフォロー
1,594フォロワーフォロー

お知らせ

最新ニュース