ホーム タグ AI

タグ: AI

D2C、MaaSの将来性を高評価…「トレンドマップ 2020冬」発表

株式会社日経BPは、マーケティング専門メディアである日経クロストレンドが作成した技術、マーケティング、消費の潮流を見極める「トレンドマップ 2020冬」を発表しました。調査は2020年2月に実施。18年夏、19年冬、19年夏に続く4回目となります。

地震データ解析のイイチロ、地震記事の自動作成支援システムを提供開始

独自に開発を行った地震データ解析システム「EDASシリーズ」による地震発生予測と、地震解説メディア「地震NEWS」を提供している合同会社イイチロは、EDASシリーズの最新バージョン「EDAS2,1」の地震データベースを利用した記事自動作成支援システムの運用を開始しました。

ロイター通信、AI技術でコメンテーターによるスポーツの解説映像を自動生成

ロイター通信は、AI企業のSynthesiaと共同で、スポーツ解説映像を自動生成するプロトタイプを開発したと発表しました。この分野では世界初の試みであるとのことです。

博報堂DYMPとオープンエイト、AI技術を用いたニュース動画自動生成ソリューションを開発

株式会社博報堂DYメディアパートナーズと株式会社オープンエイトが共同で、新聞記事の要約から音声化までをワンストップで行うニュース動画自動作成ソリューション「NEWS BRAIN」(ニュースブレイン)の提供を開始しました。

日テレとドコモ、AIを活用したニュース記事の自動要約における実証実験で、自動要約システムのプロトタイプを開発

日本テレビ放送網株式会社と株式会社NTTドコモが、AIを活用したニュース記事の自動要約システムの実用化をめざす実証実験で、WEB用ニュース記事の要約作業を自動化するシステムのプロトタイプを開発しました。

みずほ銀行、凸版印刷のAI校閲で印刷物等のチェックを省力化

凸版印刷株式会社が、AIを活用することで印刷物・デジタル媒体に関する業界・企業特有の表記や専門用語を学習し、企業ごとの基準に合わせて文章の校閲・校正を可能にする「AI校閲・校正支援システム」を2019年10月に開発しましたが、1月よりみずほ銀行で採用が決定しました。

災害情報のSpectee、ソニービジネスソリューションと資本業務提携

株式会社Specteeが、ソニービジネスソリューション株式会社を引受先とする第三者割当増資を実施するとともに、業務提携契約を締結しました。

「Voicy」に新チャンネル登場…スカイデスクが、ゲストと共にものづくりの最前線を紹介

株式会社Voicyは、スカイディスクの新チャンネル「しーたのデジトラ!」をボイスメディア「Voicy」に開設したことを発表しました。

Repro、minneと共同で、パーソナライズした情報発信を目的にAIを活用した実証実験を開始

CE(Customer Engagement)Platform Reproを提供するRepro(リプロ)株式会社のAI・機械学習を活用した機能の研究開発チーム「Repro AI...

方正、コンテンツ不正利用監視サービス「CosmosEye」サービス開始 ネット上の記事不正利用をAIパトロール

方正株式会社は、記事コンテンツがインターネット上に無断で転載されているかどうかをAIによって検知し、その類似度も判定するコンテンツ不正利用監視サービス「CosmosEye(コスモス・アイ)」のクラウドサービスを開始しました。

マイクロソフトのAI「りんな」、BuzzFeed Japanに入社

BuzzFeed Japan株式会社(以下、バズフィード)と日本マイクロソフト株式会社の取り組みの一環として、マイクロソフトのAI「りんな」(以下、りんな)が、インターンとしてバズフィードに入社しました。

NTTぷらら、TリーグをdTVチャンネルで生配信…AI技術で編集作業時間を短縮

株式会社NTTぷららは、株式会社NTTドコモが提供する配信サービス「dTVチャンネル®」向けに、ノジマTリーグ(卓球リーグ)のセカンドシーズン全試合を生配信することを発表しました。

DNP、エー・アンド・ユー、新建築社がAIを活用した誌面レイアウト自動生成技術を開発

大日本株式会社は株式会社エー・アンド・ユーおよび株式会社新建築社と共同で、雑誌の原稿となる画像テキストを入力すると、その内容や雑誌の持つブランドイメージにあった誌面レイアウトをAI(人工知能)を活用して自動生成する技術を開発しました。

AIを活用したSoVeCの動画自動作成エンジンをTGC公式メディア「girlswalker」の公式TikTokアカウントが採用

SoVeC(ソベック)株式会社が提供している、AIを活用した動画自動作成エンジンを、株式会社W TOKYOが運営する東京ガールズコレクション公式メディア「girlswalker」が採用したことを発表しました。ショートムービーアプリTikTok内の「girlswalker」公式アカウントでは、この技術を使った動画の配信が開始されています。

AI導入パッケージ「On AI」を博報堂DYMPが採用・・・動画クリエイティブを分析し、広告効果を可視化

AI/ブロックチェーン技術を活用し、人やモノが繋がるテクノロジーインフラ事業を展開するOnplanetz株式会社の企業向けAI導入パッケージ「On AI」が、株式会社博報堂DYメディアパートナーズが提供する動画広告におけるクリエイティブの分析ソリューション「動画クリエイティブプラナー™」に採用されました。On AIが採用されるのは、2019年9月頃実装予定のバージョンです。

データセクション株式会社、広告コピー文自動生成AIを提供開始、不動産物件情報で実運用開始へ

データセクション株式会社は、AIによる「広告コピー文自動生成システム」の提供を開始、第一号案件として、株式会社LIFULLが運営する住宅情報サービスで、不動産物件情報の広告コピー文生成システムの提供を開始しました。

モリカトロン、エンタメ×AIの最新情報に特化したサイト「モリカトロンAIラボ」を開設…今後は開発者が交流できるコミュニティ機能も

日本初のゲームAI専門開発会社となるモリカトロン株式会社が17日、「エンターテインメント×AI」の最新情報を紹介するコミュニティメディア「モリカトロンAIラボ」サイトをオープンしました。

MITとハーバード大学、AIとニュースに関する75万ドルの支援プロジェクトの採択団体を発表

MIT(マサチューセッツ工科大学)のメディアラボと、ハーバード大学の バークマン・センターが共同で運営しているAIに関する倫理とガバナンスを研究する「The Ethics and...

AP通信が「Automated Insights」を使用してNCAAの試合レポートを自動生成

AP通信は、Automated Insightsの自動化技術とSTATSのデータを使用して、年間5000試合を超える、すべてのNCAAディビジョンI男子バスケットボールゲームの試合結果レポート を今月11日週から配信開始したと発表しました。

Specteeと神戸市、災害時にAIを活用した多言語での情報発信を整備へ

株式会社Specteeは、神戸市が進める地域・行政課題をスタートアップ・ベンチャー企業とともに解決する国内自治体初の取り組み「Urban Innovation KOBE(アーバンイノベーション神戸)」における人工知能(AI)を活用して、災害が発生した際に災害情報や避難情報等を複数の言語でいち早く地域住民にテキストや音声で伝える「AI x自動読み上げで災害情報を多言語で発信!」プロジェクトに採択されました。
1,902ファンいいね
136フォロワーフォロー
1,669フォロワーフォロー

最新ニュース

お知らせ

人気記事ランキング