ホーム タグ YouTube

タグ: YouTube

Google、8月から有害な広告ブロックを拡大、YouTubeのスキップ不可広告も

GoogleはChromeブラウザにおける有害な広告のブロックを拡大すると明らかにしました。

YouTubeの有料会員が2000万人を突破、広告は四半期で47億ドルまで成長

Googleの親会社である米Alphabetは2月3日、2019年の業績を発表しました。

YouTubeの動画広告視聴経験者、25.2%がその商品を検索

ジャストシステムは、「動画&動画広告 月次定点調査(2019年12月度)」の結果をMarketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)にて発表しました。調査対象は、17歳~69歳の男女1,100名です。

企業YouTubeアカウントの開発・運用を行う広告ソリューション「ブランデッドチャンネル」ワンメディアとサイバーエージェントが共同開発

ワンメディア株式会社が、株式会社サイバーエージェントと共同で、広告主企業の自社YouTubeチャンネルの開発・運用を行うソリューション「ブランデッドチャンネル」の提供を開始することを発表しました。

YouTube視聴者の約6割が更新を必ず確認するYouTubeチャンネルあり…ジャストシステム調査

株式会社ジャストシステムは、「動画&動画広告 月次定点調査(2019年10月度)」を発表しました。調査対象は17-69歳の男女1000名です。

YouTube、クリエイターの収益化施策として「Super Stickers」を発表

YouTubeが11月5日(現地時間)、YouTubeクリエイターの新しい収益化ツールとして「Super Stickers」を発表しました。

YouTubeサムネイルから再生回数を予測するサービス「サムネで釣れるくん」をリリース

株式会社音圧爆上げくんが、YouTube動画のサムネイル画像から再生回数を予測するサービス「サムネで釣れるくん」をリリースしました。

「オープンなプラットフォームが重要である」とYouTube CEOが声明

YouTubeのCEOであるスーザン・ウォシッキー氏がYouTubeのブログ上で、アップロードされるコンテンツについて、自身の考えを発表しました。この発表でウォシッキー氏は、YouTubeの開放性を保つことの重要性を主張しています。

YouTubeへの動画投稿経験者の3割が広告収入を得た経験あり…ライブ動画視聴の10代の約半数はInstagramで視聴

株式会社ジャストシステムは「marketing Research Camp」でネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した「動画&動画広告 月次定点調査(2018年12月度)」の調査を発表しています。
1,877ファンいいね
7フォロワーフォロー
1,625フォロワーフォロー

お知らせ

最新ニュース

人気記事ランキング