ニュースメディアの信頼低下は、46%の国民が新聞を読まない国にする・・・ロイター研究所の「デジタルニュース報告書2022」を読み解く(4)

ロイター通信研究所の年次データの分析によると、英国のニュースメディア(Times、The Telegraph、BBC)は、過去5年間、最も信頼度が低下しているとのことです。2018年かつてThe Timesは最も信頼される英国の新聞ブランドに選ばれましたが、その後、信頼度は20ポイント低下し43%になっており、 BBCに至っては2018年の信頼度が20ポイント下がって75%から55%に低下しまし...

英エコノミスト、過去最高の業績を更新・・・デジタルでも強さを発揮する老舗メディア

創業1843年で「エコノミスト」などを発行する英国の老舗新聞社ザ・エコノミスト・グループが2022年3月期の決算報告を公表。昨年は、サブスクリプションの購読者数合計が118万5000契約へと増加したことにより増益、過去最高の収益を記録し、財務的に堅実な成功をした年でした。 これらの成功はサブスクリプションの購読者が2020年3月末の108万8000契約、2021年3月末の118万2000契...

参院選に向けニュース各社特集続々、各社工夫を凝らして投票率向上を目指す

7月10日に参院選の投票日がせまるなか、ニュースメディア各社は投票率向上への機運醸成のため、さまざまな企画や特集に取り組んでいます。 日本最大のアクセス数を有するYahoo!Japanでは、参院選期間中に「Yahoo!ニュース参議院選挙2022」とする特集を実施し、スマートフォン向けブラウザーとアプリのトップ画面に参院選タブを表示することでユーザーに訴求しています。 提供する参院選関...

活性化するB2Bメディアの世界【Media Innovation Weekly】6/27号

B2B領域のメディアが好調のようです。新型コロナウイルスの影響で外出が制限されたことから、ビジネス機会をオンラインに求める企業が増え広告に好影響があったほか、リアルイベントの制約もオンラインに上手く吸収できたようです。

ジェフ・ベゾスはメディア業界も「独占」するか、出版システムをアマゾン流に改革

日本のIT業界がことごとく米国のビッグテックに蹂躙され、その結果、プラットフォーマーのお先棒を担ぐ仕事をコツコツやっているのを見ると、技術で負けているのではなく、技術に対するこだわり、あるいは技術が生み出すスケールの大きさやスピードに関する強いこだわりで負けている気がしてしまいます。大阪弁で言う“がめつさ(かじりついてでも奪ってみせる根性)”でしょうか。 そういう意味でスティーブ・...

Netflix一強の終焉、米国サブスクリプションVODの売上成長率は減速も250億ドルに到達

サブスクリプション・ストリーミング・ビデオ(SVOD)は、新型コロナの流行によるロックダウンの影響で2020年と21年に猛烈な成長をしたのに比べると今は冷え込んでいますが、それでもエンターテイメント分野で最も成熟した市場の一つとして依然として健全な拡大が続いています。 PwCが発表したレポート「Global Entertainment & Media Outlook 2022-2026」...

Wikipedia運営による初の商用プロダクト、グーグルも採用する背景

世界的に有名なウィキペディアはグーグルで検索して上位に表示されることが多い上、最近はナレッジパネルと呼ばれる公式な辞書表示でリンク先に行くまでもなく簡易の関連情報を表示するパネルにも利用されています。 もともとそのような連携が実現しているのも、グーグルの社是と非営利団体のウィキメディア財団も「世界中の人々のために知識と情報へのアクセスを拡大するという共通の目標」を掲げているということがあり...

再注目されるメール、ただし開封率やクリック率は低下傾向?

メールマーケティングプラットフォームのGetResponseが、Eメールマーケティングのベンチマークを発表しました。GetResponseの顧客が2021年に送った350億通以上のメールのうち約70億通を分析し、少なくとも1,000人の連絡先を持つアクティブな送信者のみを調べました。平均的なメールのオープン、クリック、購読解除、バウンス、スパム (悪用) 苦情の合計値も使用し、ユーザーが行ったす...

19%がニュースに支払う、米国の業界動向・・・ロイター研究所の「デジタルニュース報告書2022」を読み解く(3)

前回に引き続き、オックスフォードのロイタージャーナリズム研究所(RISJ)のデジタルニュースレポートの国別調査分析から米国の動向をご紹介します。 米国のニュースメディアの動向に関する様々な報告書によると、ニュースにお金を払うほとんどのアメリカ人は、複数の報道機関のニュースを購読しています。 ただし、本報告書では、その複数の報道機関はたった3つのニュースブランドに集中している上、米国のニュー...

YouTube Shortユーザー月間15億人に、TikTokに拮抗・機能面でも追随

YouTubeは、世界的な人気を誇るTikTokと競合する同社の動画サービス「Shorts」の月間視聴者数が15億人を超えると発表しました(WSJ報道)。 YouTubeの最高製品責任者であるニール・モーハン氏は、「Shortsは本当に好調で、現在では毎月15億人以上のログインユーザーが視聴しています」と述べています。「私たちは、この製品が今後もYouTubeの体験に不可欠な要素であり続け...

Advertisment ad adsense adlogger