fbpx

Media Innovation Video

Media Innovation Videoでは、メディア関係者のための動画コンテンツを公開していきます。コンテンツは全て会員限定となっています。快適な閲覧のために、ぜひMedia Innovation Guildへの有料登録をご検討ください。

最新の動画コンテンツ

Continue to the category

世界の消費者の半数以上が、コロナ禍以降モバイルストリーミング利用が増加…Adjustが発表

B2B SaaSのグローバル企業であるadjust株式会社(以下、アジャスト)が、世界の主要市場における2020年のストリーミングの利用状況をまとめた「モバイルストリーミングレポート 2021」を発表しました。 調査対象は、日本、米国、英国、ドイツ、トルコ、シンガポール、韓国、及び中国の16歳以上の消費者8,000人です。 ソーシャルディスタンス以降にストリーミングの利用が以前と同等...

【動画解説】ロイター研究所による、 世界のメディア企業の戦略予測調査を読み解く

ロイタージャーナリズム研究所(Reuters Institute)が毎年好評しているメディア企業の戦略予想調査の2021年版が公開されました。 毎週実施しているライブ番組「Media Innovation Live」にて「ロイタージャーナリズム研究所、世界のメディア企業の戦略予測調査2021年版を発表」と題して、株式会社コンテンツジャパン代表の堀鉄彦氏が、2021年のトレンドなどに...

SPAC&直接上場、 大きく変わる米国株式市場がメディアに与える影響

米国では金融市場の変革により、メディアビジネスにも巨大資金が流入するようになっています。資金獲得の有力手段として注目されているのが「SPAC上場」。今回は、「SPAC&直接上場 大きく変わる米国株式市場がメディアに与える影響」と題して、株注目されているSPACのしくみなどについて株式会社コンテンツジャパン代表の堀鉄彦氏が解説しました。(聞き手: 株式会社メディアインキュベート 浜崎正己代...

ソニーの世界戦略に影響を与える「鬼滅の刃」の意外な効果とは

今年度の最終利益が1兆円を超え、過去最高益となる予想を発表したソニー。ビジネスは祖業の家電から大きく広がり、金融、ゲーム、音楽など多岐に広がりますが、最近特に注目されるのがアニメです。アニプレックスはゲームの「FGO」で大きく稼ぎ、今度は「鬼滅の刃」の大ヒットがありました。 毎週実施しているライブ番組「Media Innovation Live」にて「ソニーの世界戦略に影響を与える...

広告市場の2021年はどうなる? 大手各社の市場予測が出揃う

2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた出稿取り止めなどで世界的に打撃を受けた広告市場ですが、その反動もあり、デジタルメディアを中心に2021年は回復するのではないかと見られています。 毎週日曜日に実施しているライブ番組「Media Innovation Live」で、「主要広告会社の2021年広告市場予測出揃う」として、グループエムなど米国主要広告会社の調査結果を株式...

毎日新聞、朝日新聞、産経新聞が共同でニュース動画サイトを開始…インストリーム広告配信も提供

株式会社毎日新聞社、株式会社朝日新聞社、株式会社産経デジタルは、ニュース動画コンテンツサービス「NewsVideo」を開設し、インストリーム広告を3社提供の動画にまとめて配信できる商品の提供を開始しました。 「NewsVideo」は、毎日新聞、朝日新聞、産経新聞の3社が新聞社ならではの視点で取材、制作したニュースを映像にして配信する全国紙各社のコンテンツが横断的に楽しめる動画コンテンツです...

シニア層のわかりにくい、をわかりやすく解説する「シニア動画ラボ」がリリース

大王製紙印刷グループのダイオープリンティング株式会社が、シニアマーケットに対し“あらゆるサービスを動画でわかりやすく解説”する「シニア動画ラボ」をリリースしました。 同社は「シニア動画ラボについて」の中で、平均寿命が延び続け「人生100年時代」といわれる今、現在のシニア層は従来の「お年寄り」のイメージはなく、自分が欲しいものを手に入れ人生を楽しむ様々な価値観を持った大人であると考えられてい...

激化する動画配信サービス戦争、2億を突破したNetflix、新規加入者数ではディズニーやHBO Maxが伸びる

市場調査を行うカンターが実施した米国の動画配信サービスに関する最新の調査によると、2020年12月までに、米国のストリーミング・ビデオ・オン・デマンド(以下、SVoD)のサブスクリプションが2億3300万に到達しました。HBO Maxは、2020年の第四半期に米国で最も多くの新規会員を獲得し、年間で見るとディズニープラス(Disney +)が最も多くの新規会員を獲得しました。 今回...

ファンドによるメディア企業買収が増加、その背景は? 業界再編の動きを加速

PEファンドによるメディア企業の買収が増えています。PEファンド(プライベート・エクイティ・ファンド)は機関投資家や個人からの資金を集め、企業に投資し成長させ、バリューアップさせた後に売却する事をビジネスモデルとしたプレイヤーです。長期的な金融緩和によって潤沢な資金を集めていて、メディア業界のみならず存在感を増しています。 直近ではADKを買収したベインキャピタルや、ドイツのアクセ...

CNET、Lonely Planetを相次いで買収したRed Venturesが目指すものは

Red Venturesというデジタルメディアを次々に買収して巨大なポートフォリオを構築している企業をご存知でしょうか? 最近ではテクノロジーメディアとして老舗なCNETや、同じく旅行業界での老舗として知られているlOnely Planetを買収した事でも話題になりました。 今回の「Media Innovation Live」は「CNET、Lonely Planetを相次いで買収し...

丸井から学ぶ“メディアのエンゲージメントとファイナンス”

今回は「丸井のデジタル・ネイティブ・ストア構想ーーD2Cプラットフォーム化の先に見える新しいメディアの形を考える」と題して、小売り大手の丸井グループの戦略と「売らない店」の集積にカジを切ったとして話題の、新しいビジネスモデルなどについて解説しました。 「丸井とメディア」と突然言われてもピンとくる人はほとんどいないかもしれません。しかし、丸井のビジネスにはこれからのプラットフォームビ...

米出版業界はペンギンランダムハウスがサイモン&シュスターを買収し一強時代に…日本でも再編は起こるか?

米国の出版社で業界第1位のペンギンランダムハウスが、第3位のサイモン&シュスターをバイアコムCBSから買収しました。数年前まで米国の出版業界はビッグ5と言われていましたが、この買収によって圧倒的に一強となります。これからどような事が起きるのでしょうか? また、日本ではどのような動きが今後あるでしょうか? 毎週実施しているライブ番組「Media Innovation Live...

韓国発「ピッコマ」が漫画アプリで首位に、その背景とは? 日本企業の課題は?

韓国のネット企業、KAKAOが展開するコミックアップ「ピッコマ」が日本のコミックアプリのランキングで1位を獲得しました。漫画王国日本での快挙に韓国のネットは大きく盛り上がったそうです。 毎週実施しているライブ番組「Media Innovation Live」にて「韓国の大手ネット企業・KAKAOが日本のコミックアプリで1位に」と題して、出版業界に造形の深い、株式会社コンテンツジャパ...

再上場計画を発表した「プレイボーイ」、雑誌休刊もプラットフォーム戦略で成長加速

ライブ番組の「Media Innovation Live」にて、「堀鉄彦メディア調査団が斬る『PLAYBOY再上場』に見る雑誌ビジネスモデルの再生シナリオ」と題して、いつものように株式会社コンテンツジャパン代表の堀鉄彦氏に、デジタル時代における雑誌ビジネスの今後の可能性について解説してもらいました。(聞き手: 株式会社メディアインキュベート 浜崎正己代表) 会員の方にはライブ番組の...

激戦となった大統領選挙、メディアは党派対立を埋められず…ポストトランプ時代でどう変化?

3日に投票が行われたアメリカ大統領選挙で、数日間に渡る開票作業の結果、元副大統領のジョー・バイデン氏が1月に大統領に就任する事がほぼ確実という情勢になりました。今回の選挙は史上稀に見る激戦と言われ、投票率もこの100年で最も高く、約1億6000万人が投票したということです。 毎週実施しているライブ番組「Media Innovation Live」の8日の回では、トランプ氏が大統領を...