プレミアム・ディスカバリー・プラットフォームのアウトブレイン ジャパン株式会社は3月1日、ドイツのメディア・コングロマリット、Bertelsmannグループに所属するパブリッシャーで、Gruner + Jahr社の完全子会社、Ligatus社(リガタス社、本社=ドイツ・ケルン)を買収しました。

アウトブレイン/Ligatus について

アウトブレインジャパン株式会社は、米国ニューヨークに本社を持つOutbrain社の日本法人で、サイト読者個人の興味・関心に応じて最適化された、オンライン、モバイル、動画コンテンツを提供し、パブリッシャーが読者を理解することでトラフィックを増加させる手助けをする、ディスカバリー・プラットフォームです。

アウトブレイン株式会社が提供する「 Outbrain 」はCNN、Time Inc.、など世界中のリーディングパブリッシャーで採用されており、月間10億人以上のユーザーが利用、月間2750億回以上のコンテンツ・レコメンデーションを提供しています。日本でも2014年4月にサービスを開始して以降、多くのパブリッシャーがOutbrainを採用しています。

Advertising

Ligatus社は、ヨーロッパのネイティブ広告ソリューションプロバイダーで、遮断性のないネイティブ広告でマーケターとパブリッシャーを結びつけるソリューションを提供しています。これによりマーケターは、適切なユーザーの認知獲得・エンゲージメントの向上が可能となります。また、パブリッシャーは強力なSSPとコンサルティングサービスを獲得し、収益へと還元されます。

「Ligatus」は、ヨーロッパ10か国において1,400を超えるパブリッシャーと提携し、毎月370億を超える広告インプレッションを保有するサービスで、ブランド・セーフティを保証しながら、マルチデバイスにおいてユーザーごとに最適なパブリッシャー・コンテンツ、広告コンテンツを提供しています。

今回の買収の目的は…

今回の買収でアウトブレインは、ヨーロッパでSTERN、RTL、Femme Actuelleを含む1,400社を超えるプレミアム・パブリッシャーを擁する事になり、ヨーロッパでの地位拡大と強化を目指すとしています。

アウトブレインCo-CEO、デイビッド・コストマン氏は「Ligatus社の買収は、当社の市場統合戦略の一部であり、マーケターによる当社プロダクト利用の拡大とパブリッシャーパートナーとの関係強化を可能にします。Ligatusの高品質なネイティブ広告の提供と、アウトブレインの強力なターゲティング技術およびリーチとを組み合わせることで、マーケター、パブリッシャー、およびユーザーにとってより有益なディスカバリー体験を提供出来るようになります。またこの取引は、ヨーロッパにおける当社の新規市場においてアウトブレインのビジネスを更に広げることになり、Gruner + JahrとBertelsmannの所有するプレミアムなパブリッシャーと、マーケターを結びつける大きな機会となるでしょう」とコメントしています。

また、Ligatus社のCEO、Klaus Ludemann氏は次のように述べています。
「この組み合わせは、私たちのチームの強みを活かして、パブリッシャーとマーケターの双方にとって有益なものになるでしょう」