企業「業績」

note株式会社、第2四半期で黒字化 画像

note株式会社、第2四半期で黒字化

note株式会社が10日に発表した2024年11月期 第2四半期の連結業績(2023年12月1日~2024年5月31日)は、売上高16億1600万円(―)、営業利益1200万円(―)、経常利益1500万円(―)、親会社株主に帰属する四半期純利益1400万円(―)となりました。

【メディア企業徹底考察 #167】オウンドメディアの成果創出を支えるミエルカSEOのFaber Companyが新規上場 画像

【メディア企業徹底考察 #167】オウンドメディアの成果創出を支えるミエルカSEOのFaber Companyが新規上場

・株式会社Faber CompanyがミエルカSEOを提供し2024年7月に上場
・オウンドメディアの重要性を支えるSEOが注目されている
・Faber Companyの新規上場により資本構成が変わる可能性あり

【メディア企業徹底考察 #166 】ふるさと納税のポイント廃止はアイモバイルの利益率低下をもたらす? 画像

【メディア企業徹底考察 #166 】ふるさと納税のポイント廃止はアイモバイルの利益率低下をもたらす?

・ポイント制度禁止は業界に大きな影響
・寄付額増加で競争過熱
・ポイント制度禁止で利益率低下へ

【メディア企業徹底考察 #165】クラシコムが通期業績を上方修正、成長をけん引する単価アップは持続可能か? 画像

【メディア企業徹底考察 #165】クラシコムが通期業績を上方修正、成長をけん引する単価アップは持続可能か?

「北欧、暮らしの道具店」の運営する株式会社クラシコムの業績が堅調です。

【メディア企業徹底考察 #164】ZUUは苦戦する金融メディアから資産運用アドバイスへの転換急ぐ 画像

【メディア企業徹底考察 #164】ZUUは苦戦する金融メディアから資産運用アドバイスへの転換急ぐ

金融メディア「ZUU Online」を運営するZUUが、事業の転換点を迎えています。

テレグラフ・メディア・グループ、2023年度はサブスク100万件突破で利益拡大 画像

テレグラフ・メディア・グループ、2023年度はサブスク100万件突破で利益拡大

・テレグラフメディアグループ、2023年度はサブスク100万件突破
・デジタル広告とデジタルサブスクリプションによる営業利益35%増加
・2023年度の総収益は2億6800万ポンドに増加

【メディア企業徹底考察 #163】電子チラシの成長限界が見えたか? くふうカンパニーが苦戦 画像

【メディア企業徹底考察 #163】電子チラシの成長限界が見えたか? くふうカンパニーが苦戦

・くふうカンパニーの業績低迷、2割の減収予想
・トクバイの有料掲載店舗数減少
・電子チラシの成長が鈍化

【メディア企業徹底考察 #162】豆蔵が再上場、MBOからインテグラルの支援でどう変わった? 画像

【メディア企業徹底考察 #162】豆蔵が再上場、MBOからインテグラルの支援でどう変わった?

・豆蔵デジタルが上場承認
・インテグラル100%子会社、上場に際し株を処分
・2020年にはMBO実施

【メディア企業徹底考察 #161】ログリー2期連続の営業赤字見通し、減収から抜け出せず 画像

【メディア企業徹底考察 #161】ログリー2期連続の営業赤字見通し、減収から抜け出せず

・ログリー株式会社が2期連続の営業赤字見通し
・セプテーニが好調なデジタルマーケティング事業
・ログリーはアドネットワークの売上が回復せず

産経新聞社、2024年3月期通期はリストラ費用などで大幅な最終赤字 画像

産経新聞社、2024年3月期通期はリストラ費用などで大幅な最終赤字

・産経新聞社、2024年3月期は大幅赤字
・売上減少、リストラ費用で特別損失
・来期以降販管費圧縮、リストラ規模は不明

【メディア企業徹底考察 #160】「ライブドア」買収後のミンカブの業績に異変、営業赤字に転落 画像

【メディア企業徹底考察 #160】「ライブドア」買収後のミンカブの業績に異変、営業赤字に転落

投資家向けメディア「株探」などを運営する株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイドの業績が冴えません。

米バスフィード、第1四半期は赤字継続・・・直接トラフィックが最大の集客源に 画像

米バスフィード、第1四半期は赤字継続・・・直接トラフィックが最大の集客源に

・BuzzFeedの2024年Q1収益は前年比18%減
・直接トラフィックは増加、AIコンテンツに注力
・2024年Q2の収益見通しは前年比21%~30%減

ログリー3月通期は大幅減収で赤字転落 画像

ログリー3月通期は大幅減収で赤字転落

ログリー株式会社が13日に発表した2024年3月期の連結業績(2023年4月1日~2024年3月31日)は、売上高20億5400万円(前年同期比▲23.6%)、営業利益▲200万円(-%)、経常利益▲200万円(-%)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲4600万円(-%)となりました。

【メディア企業徹底考察 #159】「求人ボックス」急進と「食ベログ」Web予約増でカカクコムが2期連続2桁増収 画像

【メディア企業徹底考察 #159】「求人ボックス」急進と「食ベログ」Web予約増でカカクコムが2期連続2桁増収

・カカクコムの売上増は、求人ボックスと食ベログの増加で成長
・求人ボックスは10%、食ベログは45.5%の増収
・食ベログはネット予約サービスが貢献

INCLUSIVEの通期は赤字幅縮小・・・今期は黒字転換を目指す 画像

INCLUSIVEの通期は赤字幅縮小・・・今期は黒字転換を目指す

INCLUSIVE株式会社が14日に発表した2024年3月期の連結業績(2023年4月1日~2024年3月31日)は、売上高53億5900万円(前年同期比11.5%)、営業利益▲9400万円(-%)、経常利益▲1億200万円(-%)、親会社株主に帰属する四半期純利益3億1400万円(-%)となりました。

カカクコム、2024年3月期通期は増収増益・・・食べログや求人が好調 画像

カカクコム、2024年3月期通期は増収増益・・・食べログや求人が好調

株式会社カカクコムが9日に発表した2024年3月期の連結業績(2023年4月1日~2024年3月31日)は、売上収益669億2800万円(前年同期比10.0%)、営業利益258億1900万円(7.8%)、税引前利益261億2200万円(12.3%)、親会社株主に帰属する四半期純利益180億9500万円(12.0%)となりました。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
Page 1 of 5