活用が広がるブロックチェーン領域のカオスマップを大公開!全135の企業・サービスを掲載

ブロックチェーンは分散型台帳技術とも呼ばれ、仮想通貨のビットコインの中核を担う技術です。改ざんに極めて強く、分散型で、データの安定性や透明性を確保することができるという特徴を持ちます。

シネマトゥデイが名作映画の無料ネット配信番組を開始…今後は動画コンテンツを強化

映画情報サイトを運営するシネマトゥデイは、無料で試聴できる名作映画のネット配信番組「金曜レイトショー(無料)」を2019年9月6日(金)より開始すると発表しました。今後は動画コンテンツを強化していくとしています。

noteクリエイター支援プログラムに朝日新聞出版、日経BP、BuzzFeed Japanなど10パートナーが参画

株式会社ピースオブケイクはnoteクリエイター支援プログラムのパートナーシップを新たに10社と提携しました。

BuzzFeedが、気分に合わせた記事を提供する「MoodFeed」を発表

BuzzFeedは、読者の気分に合わせた記事を提供する新機能「MoodFeed」を発表しました。

モメンタム、米オラクルと連携し、安全性と視聴効果の高いメディアリストを提供

Momentum株式会社は、アドベリフィケーションを米オラクル社が提供する「Oracle Data Cloud」と長期間での戦略的な連携を開始すると発表しました。

メディアにおけるブロックチェーン技術の活用とは? 著作権管理と許諾のプラットフォームにも取り組む、コンテンツジャパンの堀代表に聞く

仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーン技術は、さまざまな分野で活用され、注目されています。デジタル化が進むメディア業界でもブロックチェーンの活用が模索されています。

CCI、Quark tokyoが、新しいエージェンシー「Mediator」設立

株式会社Quark tokyoは、株式会社サイバー・コミュニケーションズ(CCI)との合弁により、新会社「株式会社Mediator(メディエイター)」を8月20日付で設立しました。

Media Innovation 8月の特集は「ブロックチェーンとメディアのこれから」、gumi國光氏、bitFlyer blockchain加納氏ら登壇のイベントも28日(水)開催

ビットコインに代表される仮想通貨(金融庁は暗号資産と名称を変更しました)の基盤技術として登場したブロックチェーン。 分散型台帳技術とも呼ばれ、鎖のように連続的に繋がれたブロック構造でデータを保持し、遡っての改変が極めて困難という信頼性、自律的に複数のノードが同期する安定性、取引履歴が公開される透明性などが特徴とされます。

EVERRISEが広告費の支払先を分析・・・インターネット型運用広告の出稿先の50%がGoogleであることが判明

広告運用のデータ収集をするサービス「HARBEST(ハーベスト)」を提供する 株式会社EVERRISEは今回、企業がHARBESTを活用して収集した運用データについて広告費の支払先を分析しました。

メディアジーン、Amazonプライムデー期間中にコンテンツコマースの最多売上を達成…「売るメディア」に成長

株式会社メディアジーンは、2019年のAmazon「プライムデー」に合わせて掲載した記事を通じて、数億円の売上と数万件の注文件数を達成したことを発表しました。この成果は、これまでのコンテンツ展開と比べて、過去最多となります。

オトナル、音声広告に接触したユーザーをリタゲで追跡できる広告商品を開発

"オト"×アドテクノロジーを活用したデジタル音声広告事業を展開する株式会社オトナルが、デジタル音声広告を聴き広告接触したユーザーを、ディスプレイ広告や動画広告といった運用型広告のリターゲティングで追跡することが可能な『デジタル音声広告 for リターゲティング』 を2019年8月20日より開始します。

朝日新聞社、広告プロダクション・イベント運営会社のDECをグループ会社に…イベント事業を経営の柱に

株式会社朝日新聞社は、広告プロダクション・イベント運営会社の株式会社ディーイーシー・マネージメントオフィス(DEC)をグループ会社としたことを発表しました。DECは今後、朝日新聞社が手掛ける各種イベントの運営拠点となるほか、広告企画・制作でも協働を進めるとしています。

AIでメディア報道間の意見相違を把握・・・東大発ベンチャーが三井物産戦略研究所向けに提供

東大発AIベンチャーのストックマーク株式会社は、株式会社三井物産戦略研究所向けにAIテクノロジーを活かした論説ニュース分析システム「LOGOS(ロゴス)」の運用を開始しました。

Chatwork 、東証マザーズに上場へ

ビジネスチャットツール「Chatwork」を提供するChatwork株式会社は、株式会社東京証券取引所より、東京証券取引所マザーズ市場へ上場することを発表しました。

フェイクニュース検証サービス「Adverif.ai」の独占契約をAtlas Associatesが締結

イスラエル企業Adverif.aiがAtlas Associates 合同会社と日本における独占契約を締結したことを発表しました。この契約はプラットフォーマーの統合管理を目指すAtlas Associates...

リブセンス2Q業績、「マッハバイト」「DOOR賃貸」が伸びて減収ながら大幅増益

株式会社リブセンスが14日に発表した2019年12月期 第2四半期の連結業績(2019年1月1日~2019年6月30日)は、売上高31億6000万円(前年同期比▲10.2%)、営業利益1億2100万円(172.4%)、経常利益1億8300万円(105.7%)、親会社株主に帰属する四半期純利益1億2600万円(94.3%)となりました。
1,473ファンいいね
46フォロワーフォロー
1,606フォロワーフォロー

お知らせ

人気記事ランキング

メディア業界求人

メディアスポンサー

食めぐ

ヘルスプレス

MoguraVR

チューリップテレビ

NYジャピオン