株式会社CyberZが、eスポーツに特化した広告マーケティング事業会社、株式会社CyberE(サイバーイー)を設立しました。

CyberEは、「eスポーツ市場に新しい価値を創造し、世界に変革をもたらす」という理念のもと、商品企画やコンテンツ制作、プロゲーマータイアップ、イベント企画・運営など、顧客の課題解決のためにeスポーツを活用し包括的に支援します。

CyberZが2018年9月におこなった国内におけるeスポーツ認知度調査では、10~20代の認知率は約8割、10~60代の認知率も前年度の約2倍の49.8%という結果となり、eスポーツへの関心の高まりを示しました。

また、CyberZが提供するゲーム動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」は月間200万人が利用し、eスポーツ番組の配信数は月に100コンテンツを超え、エイベックス・エンタテイメント社と共催する国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」では過去最高動員数3.5万人、ネットでの視聴数は700万を記録し、大きな盛り上がりをみせています。

今後、CyberEでは、2015年よりeスポーツ事業に取り組むCyberZの知見を活かし、成長が期待される日本のeスポーツ市場の発展に努めていくとしています。

■CyberEの主な事業内容

CyberEは、eスポーツを活用したブランディング施策・販売促進策の提案や、イベント企画・運営、プロゲーマーを活用したタイアップ企画の実施など、eスポーツを活用したマーケティングソリューションを提供します。

■取り組みの流れ

​また、RAGE以外のeスポーツイベントやプロゲーミングチームとも提携し、スポンサードメニューの代理販売やタイアップ企画の提供を行っていきます。

■ 会社概要
社名:株式会社CyberE
公式サイト:https://www.cybere.co.jp/
本社:東京都渋谷区道玄坂1-12-1渋谷マークシティウエスト17階
代表者:代表取締役社長 文 晟新
事業内容:eスポーツ広告マーケティング事業