「デジタルメディアに挑戦する人々の学びの場」としてMedia Innovation Academyを開設いたしました。7月18日(木)にメディアの「マネタイズ」「運用」「新規事業」をテーマとしたイベントを開催いたします。

登壇者でもある株式会社VOYAGEGROUP ポイントメディア事業本部 事業開発担当 渡辺 亮介 氏にメディアの「マネタイズ」「運用」「新規事業」についてお尋ねしました。

渡辺 亮介 氏の経歴は下記の通りです。

株式会社VOYAGEGROUP ポイントメディア事業本部 事業開発担当

1988年生まれ、東京都出身。 慶應義塾大学商学部卒業後、2011年株式会社ECナビ(現株式会社VOYAGE GROUP)に入社。事業開発担当としてiPhone&Androidアプリプロデューサー、ポイント交換サービス事業責任者、メディア事業責任者、アライアンス事業責任者を歴任。 2017年10月より家族都合により渡英し、1年間のリモートワークを経験。2018年10月に帰国。

現在はポイントサイト「ECナビ」にてプロモーション&マーケティング担当。

これまでの経歴と簡単に自己紹介をお願いします

2011年に株式会社ECナビ(現株式会社VOYAGE GROUP)に入社し、スマートフォンアプリのプロデューサーや、ポイント交換事業責任者、新規メディア事業の立ち上げ等を担当してきました。

現在、携わられているお仕事について教えてください

直近では、ポイントサイト「ECナビ」の事業開発担当として、ユーザーコミュニティの立ち上げ等を行なっています。具体的には、Instagramをベースに「ポイ活」アンバサダーのリクルーティング等を行なったり、全国各地でのオフラインイベントの企画・運営等を行なったりしています。

なぜその仕事に携わることになったのでしょうか

従来、ポイントサイト利用は「小銭稼ぎ」、さらに言えば「怪しい副業」と思われることが多く、ユーザーの方々の中でも、利用していることをリアルの知人・友人には話せないといった状況が続いていました。

事業者として我々がコミュニティを組成することで、ユーザー間のコミュニケーションを誘発し、ECナビの継続利用、引いてはポイントサイトのイメージの向上ができればと思っております。

その仕事の魅力はなんですか

単なる「Webメディア」として運営しているだけでは見えない、ユーザーのリアクションやコメントが返ってくることです。実際にユーザーの方々にお会いしてお話を聞かせていただく中で、新しい発見や課題が毎回のように見つかることはとても貴重な体験です。

メディアのマネタイズ方法についてご意見を聞かせてください

WEBメディアにおいては、売上比率が広告からコンテンツ課金やECにシフトしていくのではないでしょうか。決済手段もワンショットだけではなく、サブスクリプション等も組み合わせたハイブリッドな形に変化していくかなと思います。

メディアの新規事業についてご意見を聞かせてください

メディア事業者としてのアセットは、大別すると「不特定多数のユーザーを保有していること」と「コンテンツの企画・開発力」の2つです。

前者を軸にする場合には、ECや人材事業の展開。後者を軸にする場合には、分散型のメディア運営や、toB向けのコンサル事業の展開等が考えられるのではないでしょうか。個人的には、ユーザベース社の「NewsPicks」はその辺りの展開がとてもうまいなと感じます。

メディアの未来はどうなっていくと思いますか

ユーザーの視聴空間や体験は変われど、これからも、SNSを駆使して個人がメディア化していく流れは続いていくと思っています。今は一部のインフルエンサーに限った権利だったかもしれませんが、今後はオーディエンス側に居た人々が個人でサロン運営を始めたり、D2Cブランドのオーナーになるような時代が、そう遠くない未来に来るのではないでしょうか。

イベントにいらっしゃる方々へのメッセージをお願いします

様々なジャンルのメディア企業の方々と意見交換ができる機会を、非常に楽しみにしております。宜しくお願いいたします。

Media Innovation Academy #1 業界TOPリーダー18名が集結!メディアの「マネタイズ」「運用」「新規事業」研究会

株式会社イードが運営するMedia Innovation が、「デジタルメディアに挑戦する人々の学びの場」としてMedia Innovation Academyを開設いたしました。リアルな交流、協業が生まれることを目的としており、オンライン、オフライン合わせたコミュニティを形成していきます。

今回のイベントは下記18社の方々に5分ほどプレゼンいただき、その後、メディアの「マネタイズ」「新規事業」「運用」をテーマに、座談会を実施いたします。

アドテクノロジー、テレビ・雑誌・新聞のデジタルメディア、メディア業界のオープンイノベーション、メディア担当者が知っておくべきマーケティングのテクノロジー、ブロックチェーンなどの新規ビジネス、メディア起点の横展開、顧客データを活用したメディアビジネス、海外メディアの動向、カテゴリー特化のバーティカルメディア、インフルエンサービジネス、メディアが行うオンラインサロン、メディア業界の再編ファンド、など、盛り沢山の内容でお送りいたします。

■概要
日時 2019年7月18日 (木) 19:00 – 22:00
会場 Speee Lounge:〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル4階
  (東京メトロ日比谷線、都営大江戸線六本木駅、4a、6番出口から徒歩7分)
主催 株式会社イード/ 株式会社メディアインキュベート

■スケジュール
18:30 開場
19:00 開演、主催者挨拶
19:05 各登壇者からプレゼンテーション(18社)
20:30 パネルディスカッション
21:15 懇親会(軽食とドリンクを用意します)
22:00 終了

チケットはPeatixで販売中です