「オプトホールディング」、「デジタルホールディングス」に社名変更へ…2020年7月から

株式会社オプトホールディングは、今年7月1日に社名を「株式会社デジタルホールディングス」に変更すると発表しました。

1994年に株式会社オプト(現 株式会社オプトホールディング)という商号で主にインターネット広告代理事業を主事業として運営してきた同社は、インターネット広告代理事業だけには留まらない“あらゆるデジタルシフト”に対応するため、従来のインターネット広告代理事業におけるデジタルマーケティングに加え、デジタルプロフェッショナル人材の育成、デジタルを活用した新規事業の開発等、企業全体のデジタル化を全面的にサポートするデジタルシフト事業の拡大に取り組んできました。

上記のような状況のなか、主事業を「インターネット広告代理事業」から「デジタルシフト事業」へと事業構造を改革するため、新戦略・経営体制によりデジタルシフト事業を拡大、2030年に企業価値を1兆円とすることを新たな目標と設定。商号を「株式会社デジタルホールディングス」に変更することといたしました。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,429フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事