fbpx

WEB・CF・リアル店舗で新製品を包括支援「&GP GREEN PLAN」開始…「&GP」「GREEN FUNDING」「蔦屋家電+」が連携

株式会社徳間書店発行のモノ情報雑誌「GoodsPress」のWebメディア「&GP(アンドジーピー)」は、CCCグループのクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」を運営する株式会社ワンモア、株式会社蔦屋家電エンタープライズが運営する次世代型ショールーム「蔦屋家電+(ツタヤカデンプラス)」と連携し、新製品を包括的にマーケティング支援する「&GP GREEN PLAN」の提供を始めました。

株式会社蔦屋家電エンタープライズが運営する「蔦屋家電+」と株式会社ワンモアが運営する「GREEN FUNDING」は2020年1月から、クラウドファンディング掲載中商品を実店舗で展示し、オンライン・オフライン双方で新製品をサポートする「GREEN PLAN」を提供してきました。これに今回、新型コロナウイルス感染症の流行による外出自粛等で閲覧数が続伸するウェブメディア「&GP」を加えた3社で、クラウドファンディングに挑戦する各モノづくりメーカーのプロジェクト情報を発信し、モノづくりメーカーと支援者双方に顧客価値を提供できる「&GP GREEN PLAN」をスタート。「&GP GREEN PLAN」を利用するモノづくりメーカーは「&GP」上で無料で商品の紹介ができ、さらに「GREEN FUNDING」でプロジェクトが達成すると、「蔦屋家電+」での展示も特別価格で利用可能になります。

第一弾プロジェクトには、クリエイティブブランド「Stay smile」を運営する株式会社イロドリップによるアウトドアカーボンキッチンウェアを販売するプロジェクト実施を予定しています。

【&GP 運営会社 概要】

・運営会社 株式会社徳間書店 代表取締役社長 小宮英行
・所在地 〒141-8202 東京都品川区上大崎3-1-1 目黒セントラルスクエア5階
・TEL 03-5403-4300
・ホームページ https://www.tokuma.jp/ &GP https://www.goodspress.jp/


GREEN FUNDING 運営会社 概要】

「TSUTAYA」「TSUTAYA BOOKSTORE」「蔦屋書店」「蔦屋家電」など約1,100店舗を展開し、Tポイントを運営するCCCグループのクラウドファンディングサイト。現在2,100を超えるプロジェクト、総計61億円以上の資⾦調達をサポートしています。

・運営会社 株式会社ワンモア 代表取締役(CEO) 沼田健彦
・所在地 〒150-0034 東京都渋谷区代官山町9-10 Soddacoビル 6F
・ホームページ https://greenfunding.jp/
 

【蔦屋家電+ 概要】

「蔦屋家電+」は世界中のユニークなプロダクトに実際に触れることができ、創り手とのコミュニケーションで製品開発に参加することができる次世代型ショールーム。創り手のプロフィールや製品に込められた思い、デザインのコンセプトなど、普段触れることが難しいリアルな情報を、蔦屋家電+のキュレーターが独自の目線で編集し紹介しています。

・店舗名 蔦屋家電+(ツタヤカデンプラス)
・営業時間 10:00~20:00 ※最新の営業時間はHPを確認のこと
・定休日 1月1日
・所在地 二子玉川 蔦屋家電 1階
〒158-0094 東京都世田谷区玉川1丁目14番1号二子玉川ライズ S.C. テラスマーケット
<ホームページ> https://store.tsite.jp/tsutayaelectricsplus-futako/
<Twitter> https://twitter.com/t_electricsplus
<Facebook> https://www.facebook.com/tsutayaelectricsplus/

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

お知らせ

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事