クリーマの成長可能性、ハンドメイド市場で構築する「経済圏」

東証マザーズ上場のクリーマが成長可能性に関する資料を公開。ハンドメイド作品を売買できるマーケットを軸に関連サービスが連携する「経済圏」を構築する計画をアピールした。

注目するポイント: コロナ禍でハンドメイド市場には追い風が吹いた。クリエイター支援なども含めた巨大な潜在市場を見据え、クリエイターとの共存共栄を目指して新サービスを育成する。

ハンドメイドマーケットプレイス「Creema」を運営。中国語圏にも進出を果たし、登録クリエイター数は22万人、年間流通総額は154億円(2021年2月期)と、GMOペパボの「minne(2020年12月期に149億円)」と肉薄する。

クリーマ 流通総額

マーケットプレイス(例:売買手数料)とプラットフォーム(例:広告)、イベント・ストア収入が柱。2021年2月期はオフライン領域が苦戦し、オンライン領域が大幅に上回る拡大となった。

全社売上高は前年比36%増の20.6億円、営業利益は2.3億円と黒字化。巣ごもり消費を追い風に、今期の流通総額は162億円を見込む。

クリーマによると、国内ハンドメイドマーケットプレイスの潜在市場規模は1,400億円。素材販売やスキル習得のための教室など関連市場は約1.9兆円にのぼるとし、新サービスを順次投入する。マーケットプレイスを核にした「経済圏」を構築していく。

具体的にはクリエイターが資金を募れるクラウドファンディングサービスを今期にスタートしたほか、レッスン動画販売プラットフォーム「FANTIST」を買収。来期以降、新サービス群への戦略投資を加速する計画だ。

(記事提供元: 経済をシンプルに解説するStrainer)

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,453フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Strainerhttps://strainer.jp/
Strainer(ストレイナー)のMedia Innovation出張版です。Strainerは要点をシンプルに解説する経済メディアです。上場企業の決算を中心に国内外の経済ニュースをウォッチ、注目の話題を分かりやすくお届けするメディアです。

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger