AWA、音声ライブ配信機能とギフティング機能の正式提供を開始・・・正規音源を流しながらの音声ライブが可能

AWA株式会社が、同社が運営するサブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービス「AWA(アワ)」において、音声ライブ配信機能とギフティング機能「応援メッセージ」の正式提供を開始したと発表しました。

本機能は、ユーザー同士がリアルタイムに、同じ空間で同じ音楽を楽しみながらチャットができるオンライン空間「LOUNGE(ラウンジ)」のアップデート機能となります。

新機能「音声ライブ配信」は、LOUNGEの開催者が、AWAで配信している9,500万曲以上の音源を自由にバックグラウンドで流しながら、リアルタイムで音声をリスナーに届けることができる機能です。

応援メッセージ機能とは、LOUNGEのリスナーが花束と共にメッセージを贈って、ライブ会場の祝い花のような体験を開催者に届けることができる新たなギフティング機能です。リスナーは120円から購入することができ、金額に応じてメッセージの文字量やチャット欄に固定表示される時間が変わるといいます。

同社によれば、「正規音源を流しながらの音声ライブ配信」は音楽サブスク初だということです。

音声ライブ配信と応援メッセージ機能を利用したLOUNGEの開催は、現在はアーティストやクリエイターなどの公式アカウントのみ利用可能。今後一般解放が予定されており、誰もがラジオ番組のような配信をしたり、音楽を広げるプロモーターとして活動できるようになるとのことです。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,459フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger