コスメブランド×美容メディア事業のコスメブランドと美容メディア運営の「DINETTE」が総額8億円の資金調達

コスメブランドと美容メディアを展開するDINETTE株式会社が総額8億円の資金調達を行いました。シリーズBラウンドとして大和企業投資株式会社、株式会社セレス、株式会社MTG Venturesの計3社を引受先とした第三者割当増資とみずほ銀行などからの融資を原資としております。

DINETTEは、「今日なりたい『私』を叶える」をテーマに、2017年4月から美容メディアを運営。現在のフォロワー数は約50万人。運営の中でユーザーから集まった声を元にコスメのプライベートブランド「PHOEBE BEAUTY UP」をローンチしました。

コスメブランド「PHOEBE BEAUTY UP」は、同社が運営するSNS美容メディアに寄せられた声を元に2019年2月に誕生したオリジナルブランドで、これまで、サブスクリプションをメインに販売展開してましたが、​​今回調達した資金でOMO施策に投資を行い、販売チャネルを拡大。アジア圏へのマーケティング活動の投資を行うほか、今年度からさまざまなブランドを創出するための商品開発に投資を行うとしています。

【DINETTE株式会社 概要】
会 社 名:DINETTE株式会社
代 表 者:尾﨑美紀
設   立:2017年3月30日
所 在 地:東京都渋谷区神南1丁目12番20号 渋谷大井ビル3F
会社HP:https://dinette.me/

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,459フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事