株式会社Gzブレイン(カドカワグループ)が、2月14日(木)に発売するゲーム情報誌「週刊ファミ通」にて、週刊ファミ通の誌面上で初めての試みとなる<AR付録&SNSキャンペーン>を実施します。

コラボレーションタイトルは、2月14日(木)に発売されるPS4/PS Vitaソフト『キャサリン・フルボディ』から。『キャサリン・フルボディ』は、2011年にアトラスから発売され話題を呼んだアクションパズルアドベンチャーゲーム『キャサリン』に追加要素をふんだんに盛り込んだ超・パワーアップ版です。

今回、同時発売となる週刊ファミ通2月28日号(2月14日木曜日発売)で、『キャサリン・フルボディ』の魅力あふれるヒロイン3人をあしらった表紙や誌面・企画で総力特集。ゲームプレイに役立つ情報のほか、ファミ通“誌”上初となる<AR付録&SNSキャンペーン>を実施します。

AR付録とは?

AR付録の内容は、スマートフォンにAR読み込み用アプリケーションCOCOAR2(ココアルツー)を無料でダウンロードし、誌面上にあるARマーカーを読み取るとAR(拡張現実)で『キャサリン・フルボディ』の魅力的かつ魅惑的なキャラクターとの「写真」や「動画」の撮影が行えるというものです。

キャラクターは合計12名。メインキャラクターである3人のキャサリンとヴィンセントに加え、ヴィンセントの友人や撮り下ろしのスペシャルキャラクターまで登場します。

また、ゲームでも重要なポイントである「昼夜」設定に合わせ、マーカーを撮影するタイミングによって変化が起こる仕掛けも。時間によって変わるキャラクターの姿にも注目です。

SNSキャンペーンの内容は?

上記のように撮影した「写真」や「動画」をTwitter(登録無料SNS)に、2つのハッシュタグ(#キャサリン #ファミ通キャンペーン)をつけて投稿することでエントリー完了。『キャサリン・フルボディ』非売品クリアファイルが抽選で50名にプレゼントされます。

詳細はキャンペーン特設ページおよび2月14日発売の「週刊ファミ通」の誌面で確認できます。