fbpx

デジタルクルーズ株式会社、 釣り業界初の機能やサービスを備えた総合釣りメディア 「TSURIKO」をサービス開始

デジタルクルーズ株式会社は、釣りの総合情報メディアTSURIKOをリリースしました。

TSURIKO では、デジタルクルーズのクラウド事業、動画配信プラットフォームadmintTVを活用し、 年間350タイトル以上の釣り動画を新規制作すると共に、動画視聴するシーンで利用されている釣り具をシーン画像から簡単にEC購入できる仕組みを構築。毎日更新される、信頼性が確保された全国釣果情報の提供や、釣り船予約システム、新規取材したレンタルボート店情報、釣り場周辺情報を含むポイントマップなどの数々の機能をサイト内で連携させて提供していくといいます。

各種サービス展開や販売に関しては、株式会社ワールドスポーツ、株式会社週刊つりニュース、株式会社タックルベリーと協業。サービスの質を高め、サービス販路も開拓。月額980円(税抜)で、2020年に5万人の会員獲得を目指すとしています。

【デジタルクルーズ株式会社 概要】
会社名 デジタルクルーズ株式会社
住所 東京都中央区日本橋蛎殻町2-13-6 ユニゾ水天宮ビル10階
代表取締役社長 押田 賢一
資本金 192,494,000円(資本準備金 193,857,799円)
事業内容
1 動画配信クラウドサービス(admintTV/admintTV Biz)
2 デジタルサイネージクラウドサービス(admintSignage)
3 釣り動画&情報提供メディア TSURIKO

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

note、学校向け「表現力講座」出前授業を無料提供

メディアプラットフォーム「note」を運営するn...

不透明な時代に団結するメディア人たち【Media Innovation Newsletter】5/16号

新型コロナウイルスの感染拡大によるパンデミックは、メディア企業に大きな打撃を与え、ニューヨーク・タイムズは12月に3万7000の職が失われたと報じました。また、Poynterはコロンビア大学と共同で、どの地域で職が失われたかというマップを公開していますが、全国に広がっている事が分かります。

ソーシャルメディアの最適な投稿時間は? 最新の調査結果が明らかに

米国においてソーシャルメディア・マネジメ...

お知らせ

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事