アジアでのビジネスの洞察や刺激し合うためのコミュニティを提供してきたTech in Asia日本法人が31日、閉鎖することになりました。

Tech in Asiaは2012年から日本のテックシーンを同社メディアで取り上げ、2014年に日本法人を設立。それ以来、日本から生まれるスタートアップのストーリーを世界に発信したり、日本のスタートアップエコシステムを世界とつなぐためのカンファレンスなどを開催しておりました。

外国企業の参入が非常に困難であると言われている日本において、スタートアップエコシステムを発展させるために事業展開し、日本のスタートアップエコシステンの発展に尽力してきました。

しかし、Tech in Asia Japanは来る3月31日を持って業務を終了することになりました。日本におけるサービスは終了しますが、 Tech in Asiaは引き続きアジアのスタートアップエコシステムを支えていくことをミッションとし、今後はTech in Asiaのシンガポール、インドネシアオフィスを通じて、日本のスタートアップエコシステムに寄与していくとしています。