fbpx

訪日外国人観光客向けメディア「tsunagu Japan」がリニューアル 新たに韓国語・ベトナム語に対応、ナビゲーションやMAP等のデザイン刷新

株式会社D2C Xが運営する訪日外国人観光客向けWebメディア「tsunagu Japan」がサイトリニューアルし、新たに韓国語、ベトナム語に対応したほか、スマートフォンユーザーが欲しい情報を探しやすいようナビゲーションやMAP等のデザイン改良を実施、記事保存できる「クリップ機能」も追加しました。

「tsunagu Japan」は、訪日観光客が日本の観光情報を調べるメディアとして、英語・中国語(繁体字/簡体字)・タイ語に対応し、各国のカルチャーに精通するネイティブスタッフが外国人視点で編集した日本のおすすめレストランやお土産情報、おすすめの観光コースなどをWebサイト・SNSを通じて提供、月間150万UU・400万PV以上を誇ります。今回新たに韓国語、ベトナム語に対応することで、訪日外国人観光客の約1/4を占める韓国人観光客と、増加が著しいベトナム人観光客にも情報提供が可能になります。

今後も対応言語の拡大やコンテンツの強化、UIの改良などを行っていくほか、将来的には「ホテル」、「レストラン」や「文化体験」などをサイトから直接予約できるようにするなど訪日客の旅行体験を向上させる機能を強化していくとしています。

【株式会社D2C X 概要】
会社名 株式会社D2C X (読み:ディーツーシー クロス)
代表者 萩原 良
本社住所 東京都中央区銀座6-18-2 野村不動産銀座ビル
所在地 東京都千代田区永田町2-10-1 永田町山王森ビル4階
事業内容 海外向けインターネットメディアの運営
     海外向けマーケティングのコンサルティング
     海外向けプロモーション業務

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【12月24日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【12月8日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

お知らせ

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事