fbpx

株式会社ぐるなび、「レッツエンジョイ東京」事業を会社分割…新設会社の株式を株式会社エヌケービーに譲渡へ

株式会社ぐるなびは、運営する「レッツエンジョイ東京」事業を9月1日予定で、会社分割により新設会社に承継し、新設会社の株式の90%を株式会社エヌケービー(NKB)に譲渡します。

ぐるなびは外食産業を取り巻く環境変化や消費者の飲食店検索手法の多様化等厳しい事業環境の中にあり、業績回復及び再成長に向けた施策に注力しており、中核事業である飲食店支援以外の事業について見直しを検討をしていました。今回、新規事業としてWEBメディアを用いた広告事業の確立を図っていたNKBより「レッツエンジョイ東京」の事業を譲り受けたい旨の提案があり、今回の決定へと至りました。

一都三県のお出かけ情報メディア「レッツエンジョイ東京」は東京地下鉄株式会社の協力の下、お出かけスポットやイベント情報の発信を通じ、お出かけとそれに伴う外食需要を喚起する役割を担っており、広告代理店としてマーケティングやプロモーションに関する豊富な知見を有し、「お出かけ」との親和性が高い交通広告を強みとするNKBへの譲渡は、本事業の強化につながるとしています。

ぐるなびは9月1日に新設会社の株式譲渡に関する契約を締結、株式譲渡を行うと予定しています。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【5月6日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【5月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

お知らせ

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事