株式会社オープンエイトが提供するAI自動動画編集クラウド「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」はこの度、写真・イラスト・動画素材等を取り扱う企業である株式会社アマナイメージズおよびピクスタ株式会社が運営する写真・イラスト等のデジタル素材マーケットプレイス「PIXTA(ピクスタ)」とAPI連携を実施し、素材提供サービスを開始します。

加えて、オープンエイトが運営するメディア事業:おでかけ動画マガジン「LeTRONC(以下ルトロン)」のオリジナル動画素材の提供も行います。

「VIDEO BRAIN」新機能について

「VIDEO BRAIN」は、AIが動画編集をサポートしてくれる、AI自動動画編集クラウドです。専門知識がなくても誰でも簡単に動画を編集できることが特徴で、写真やテキストなどの素材を入稿すると、AIが入稿データを分析し、ストーリー性のある動画を自動で生成。動画の尺やサイズ、文言などを微調整するだけで、簡単に動画が編集できます。

今回新たに追加された機能では、動画のテロップをもとに、シーンに最適な素材(動画・静止画)が提案され、実際に編集中の画像に挿入することが可能です。

利用可能な素材は、ストック素材販売サイトを運営する「amanaimages」より約80万点の動画と静止画と、写真・イラスト等のデジタル素材のマーケットプレイス「PIXTA」より3,300万点以上の素材が対象となります。さらに、オープンエイトが運営するおでかけ動画マガジン「ルトロン」より約10,000点の動画コンテンツから切り出した動画・静止画が利用可能です。

「VIDEO BRAIN」提供開始の背景

オープンエイトは、おでかけ動画マガジン「LeTRONC(ルトロン)」を運営するメディア事業において、ユーザーの閲覧履歴などを分析し、それぞれの趣味嗜好に合わせた「あなたにおすすめ」動画コンテンツを、約10,000本の動画ストックの中から自動生成する「LeTRONC AI(ルトロンAI)」を開発・展開してきました。

動画の普及および市場の拡大に貢献するため、自社の事業を通して培ったAIによる言語解析や画像解析、自動編集・配信などの動画に関する技術を活用し、誰でも簡単に動画編集ができるAI自動動画編集クラウド「VIDEO BRAIN β版」を2018年9月に発表、2019年2月にオフィシャルリリースしました。

これからもオープンエイトは「ユーザーの心を動かす体験を創り続け、快適な情報流通を提供する」ことをミッションに掲げ、ライフスタイルに革新を起こし、世界を豊かにするサービスの開発・提供に尽力していくとしています。