「デジタルメディアに挑戦する人々の学びの場」としてMedia Innovation Academyを開設いたしました。7月18日(木)にメディアの「マネタイズ」「運用」「新規事業」をテーマとしたイベントを開催いたします。

登壇者でもあいテクテク株式会社の代表取締役社長で、LoveTech Media編集長の長岡 武司 氏にメディアの「マネタイズ」「運用」「新規事業」についてお尋ねしました。

長岡 武司 氏のご経歴は下記の通りです。

あいテクテク株式会社 代表取締役社長 LoveTech Media編集長・ライター 新潟県長岡市出身。青山学院大学国際政治経済学部卒業後、ドラマ制作スタッフ、国産ERPパッケージコンサルタント、Pairs婚した婚活コンサルタント・澤口珠子の事業開発責任者を経て、2018年にWEBメディア「LoveTech Media(ラブテックメディア)」を立ち上げる。 『愛に寄り添うテクノロジー』という切り口で、世の中の最新プロダクトや取り組みを発信中。 特定非営利活動法人日本教育福祉振興支援協会 理事長。 一児の父。

―――これまでの経歴と簡単に自己紹介をお願いします

新潟県長岡出身の長岡武司です。長岡の長岡って覚えてください(笑)

キャリアは、色々な業種を変遷しています。

新卒で映画やドラマを作る制作会社に契約社員で入り、映像のプロデュースアシスタントをしていました。楽しい反面、体力的にきつい仕事だったので、体調を崩して入院したのちに退職し、そこから半年ほどは派遣バイトをやってました。

そのあと、未経験からのプログラミング研修を経てパッケージソフトベンチャーのワークスアプリケーションズに入社し、北海道・青森・岩手・新潟・静岡・福島・茨城・秋田・栃木など、遠隔地のクライアントを担当するエリアコンサルタントになりました。

そこで5年ほど人事・給与・ワークフローといった領域の業務システム改善に携わったのちに、一瞬だけ人材教育コンサルの会社に行き、初めての「普通の会社」環境に慣れずうつ病の傾向になりました。

同時期に、マッチングアプリPairsで出会った人が、最初のデート前日に会社の登記を済ませていて、びっくりするくらいアナログな人だったので、業務改善のアドバイスをしているうちに恋人になり、そのまま結婚しました。それが婚活コンサルタント・澤口珠子でして、今年までは彼女の夫であり会社の取締役として一緒に事業を営んでいました。

そして昨年11月に「あいテクテク株式会社」を立ち上げ、今に至ります。

―――現在、携わられているお仕事について教えてください

あいテクテクでは主に以下の事業を展開しています。

・愛に寄り添うテクノロジー紹介メディア「LoveTech Media(ラブテックメディア)」の運営

・編集プロダクション事業

・専門家マネジメント(婚活コンサルタント澤口珠子など)

・新規事業「デアリーチ」の準備

自社運営メディア「LoveTech Media」については、編集長も担っています。

LoveTech Mediaは、「”愛”に寄り添うテクノロジー」という切り口のもと、「恋愛/結婚」「妊娠/出産」「育児/教育」「家族生活」「医療/福祉」「社会課題」という6テーマについて、愛に寄り添っていると編集部が感じたサービスや取り組みを紹介するWEBマガジンです。

真面目でエモいものを積極的に発信しています。

―――なぜその仕事に携わることになったのでしょうか

婚活コンサルタントのマネジメントを通じて感じたことなのですが、彼女の元に相談に来る独身女性の方々って、みなさん超魅力的なんですよ。綺麗だし仕事もバリバリやってるし。

一方で改善すべきだと強く感じた点が2つあります。

・セルフイメージが低い

・適切な情報をキャッチできていない

特に後者について、例えばマッチングアプリ一つとっても、そもそも根拠のない不安で始められない、始めるのはいいが自分の状態や性格等に適したサービスを選べていない、といった、情報不足によるミスマッチがめちゃくちゃ発生していました。

また、婚活で悩んだ女性が結婚後に悩むことって、次は妊活や不妊治療だったりします。澤口の元でレッスンをして結婚した生徒さんで、子作り関連の悩みを再度連絡をくださる方は多いです。

前者については澤口のコンサルに任せ、後者は僕がメディアという形で世の中の情報を再整理して発信するべき、と考えたのが、LoveTech Mediaを作ることになったそもそものきっかけです。

そして、どうせなら「愛 × テクノロジー」という尖った切り口で情報発信したら、結果として良質な情報が集積する仕組みを作れると感じ、恋愛/結婚だけではなく、トータルのライフイベントに関わる「愛あるテクノロジープロダクト」について発信することにしました。

―――その仕事の魅力はなんですか

メディアの記事では、とにかく丁寧に取材することにしています。

インタビューはもちろんですが、記者会見や製品発表についても「ただこんな発表がなされた」という報告記事ではなく、その裏側にある背景や担当者の思いについても、しっかりと「学べる」内容を心がけています。

ですので、読者の方々や取材者に関係した人々(本人含む)からの嬉しいメッセージが送られてきたときは、取材者冥利に尽きると言いますか、純粋に嬉しいし、これが情報発信者としての仕事の魅力だなと感じます。

―――メディアが果たすべき役割についてどう思いますか

メディアは、自分たちの発信物が中長期的に読者や社会に与えうる影響を、これまで以上にしっかりと考える必要があると考えています。

多くのメディアは未だにPVという、一種ポルノ化した指標を使って収益化していますよね。

だからか、発信するコンテンツの質と目線が超短期的なものになってしまっている印象があります。

短絡的な批判記事を作ることが、短期的には収益につながるとしても、中長期的には物事に不寛容な社会を醸成する、といった目線を養う必要があるのでは、と思っています。

もちろん、これは「批判的な記事を書くべきではない」ということを言いたいのではなく、批判の中にも適切な情報を盛り込むべき、ということです。

最近の安い批判記事は、情報の切り取りレベルがエグく、あまりにも扇動的なので、たまに吐き気がします。

今は1億総発信者の時代なので、特に、メディアが率先してそのような「愛のある」姿勢を示す必要があると思います。

愛のないコンテンツなんて、ただのリソースの無駄遣いです。即刻メディアなんてやめるべきだと思います。

―――メディアのマネタイズ方法についてご意見を聞かせてください

これは難しい質問ですね。LoveTech Mediaは、今年からスクール事業とスポンサー事業を開始するのですが、これにはリリースから1年近くかかりました。

つまり、1年近くは赤字垂れ流しです。

WEBメディアプロダクト単体で指数関数的成長を見込もうとすると、どうしてもコンテンツが置いてきぼりになるのではと思っているので、そのメディアがもつ世界観に集まるオフライン活動やコミュニティを生かしたマネタイズ方法が、結果としてサステナブルなマネタイズ事業になるだろうなと、勝手にイメージしています。

―――メディアの運営のコツについてご意見を聞かせてください

ぼんやりとでも良いので、携わりたい、と思える世界観を作れることかなと。僕自身、LoveTech Mediaを立ち上げるまでは、いわゆるWEBメディアに携わったことがなかったので、毎日が学びです。

一つ言えることは、取材する対象物を記事として出す際には、発信者としての責任が大きく伴うということ。この責任感を、いつ何時も忘れないことが、メディア運営のコツかなと思います。

―――メディアの新規事業についてご意見を聞かせてください

メディアは情報が集積する場なので、新規事業を作りやすいと思っています。

色々と語弊がないようにしなきゃですが、例えばリクルートさんとか、まさにその辺が得意ですよね。先に人を集めちゃうみたいな。うちも、今3つくらい新規事業を仕込んでいます。

そのうちの一つが、今年8月21日から始める「100年後も愛されるコンテンツライター養成講座」。

世の中には色々なライティング講座がありますが、受講者がキャリアにしっかりと活かせていなかったり、それゆえに講座費用をきちんと回収できていないケースがほとんどではないかと思います。あと、こういった講座が東京一極集中の傾向があるので、地方在住者が置いてけぼりになっていることも課題に感じます。

だから、うちは「講座受講費用回収モデル」で、「卒業制作が実際のWeb掲載記事になる」形でカリキュラムを組み、地方在住者が積極的に参加できるように「遠隔ビデオ受講前提」の形で設計しています。

あと、2ヶ月半の講座期間の間に個別面談を3回もやりますし、何より登壇講師が素晴らしいです!

あと、2ヶ月半の講座期間の間に、個別面談を3回もやります。

細かい内容は以下をご覧ください!

他にも、取材をシェアできる仕組みなど、何個か面白い仕組みをスモールスタートで種まきしているので、順次発表してまいります。

―――メディアの未来はどうなっていくと思いますか

TV・雑誌・WEBメディアなど、既存媒体の形は100%変わると思っていますし、その発信者もTV局や出版社・既存のメディア関連事業者だけで無くなることは自明ですが、ヒトが社会的な動物である限り、メディアそのものは絶対に消滅しません。

今後数年以内に、個人レベルの発信でもその情報を欲している人に最適に届く仕組み、みたいなものが出てくるでしょうし、虚構新聞の極みみたいなミラーワールドも出てくるでしょう。

細かい部分だと、個人的には紙媒体も絶対になくならないと思ってて、100年後は、読む感覚を質感で楽しむ最高のエンタメとして、紙プロダクトが稀少性の非常に高いメディアになっているでしょう。

何れにしても、その時代のテクノロジーと社会背景を持って、メディアは進化していくものなので、それに柔軟に対応する事業者が、今後も“メディア事業”として残っていくでしょう。

―――イベントにいらっしゃる方々へのメッセージをお願いします

第一線で活躍するメディア運営者がここまで集まる場って、なかなかないのではないでしょうか。

また、僕みたいなメディア運営歴1年足らずのひよっこもいれば、何十年もメディア業界にいる重鎮まで、多様性に溢れた登壇メンバーであることも特徴だと思います。

メディアの何かしらを知りたい・学びたいという方は、ぜひご参加ください!

Media Innovation Academy #1 業界TOPリーダー18名が集結!メディアの「マネタイズ」「運用」「新規事業」研究会

株式会社イードが運営するMedia Innovation が、「デジタルメディアに挑戦する人々の学びの場」としてMedia Innovation Academyを開設いたしました。リアルな交流、協業が生まれることを目的としており、オンライン、オフライン合わせたコミュニティを形成していきます。

今回のイベントは下記18社の方々に5分ほどプレゼンいただき、その後、メディアの「マネタイズ」「新規事業」「運用」をテーマに、座談会を実施いたします。

アドテクノロジー、テレビ・雑誌・新聞のデジタルメディア、メディア業界のオープンイノベーション、メディア担当者が知っておくべきマーケティングのテクノロジー、ブロックチェーンなどの新規ビジネス、メディア起点の横展開、顧客データを活用したメディアビジネス、海外メディアの動向、カテゴリー特化のバーティカルメディア、インフルエンサービジネス、メディアが行うオンラインサロン、メディア業界の再編ファンド、など、盛り沢山の内容でお送りいたします。

■概要
日時 2019年7月18日 (木) 19:00 – 22:00
会場 Speee Lounge:〒106-0032 東京都港区六本木4-1-4 黒崎ビル4階
  (東京メトロ日比谷線、都営大江戸線六本木駅、4a、6番出口から徒歩7分)
主催 株式会社イード/ 株式会社メディアインキュベート

■スケジュール
18:30 開場
19:00 開演、主催者挨拶
19:05 各登壇者からプレゼンテーション(18社)
20:30 パネルディスカッション
21:15 懇親会(軽食とドリンクを用意します)
22:00 終了

チケットはPeatixで販売中です