ソーシャルリーディングプラットフォーム「ReadHub(リードハブ)」を開発・提供するReadHub株式会社は、プレシードラウンドにおいてIncubate Fund、豊吉隆一郎氏、山口豪志氏およびその他個人投資家を引受先とする第三者割当増資により資金調達を実施しました。

本リリースに向けた開発環境の強化が目的

「ReadHub」は、ネット上で読書にまつわる情報を共有し読書体験の向上を実現するソーシャルリーディングのプラットフォームです。

今回の資金調達は、本格リリースに向けた開発環境の強化及び、サービスの品質向上を目的としています。現在はクローズドのβ版で機能改善を実施しており、本格リリースは8月中を予定しているとのことです。

各者からのコメント

ReadHub株式会社代表取締役 青木郷師氏
ReadHubは日本初の実名制ソーシャルリーディングプラットフォームです。私自身が、なかなか読む本を決められない中、信頼する人から勧められた本は良書であることが多いという経験があり、そこから着想を得てこのサービスを作っております。

今後の展開としては、アプリ上での読書からその場で売れるなど読書の一連のサイクルが完結するようなサービスを展開し、新たな読書体験を創造していきたいと考えております。今回出資して頂いた経験豊富な心強い株主の方々と共に読書体験を向上させ、ユーザーから愛されるReadHubを作って参ります。

■Incubate Fund
インキュベイトファンドは大学生によるスタートアップの支援を積極的に行っております。ReadHubの事業内容はもちろん青木さんとチームに惹かれて投資を実行しました。このサービスを通して、たくさんのユーザー様に様々な本との出会いが生まれることを期待しサポートして参ります

株式会社Misoca共同創業者 豊吉隆一郎氏
私は本が大好きで、仕事でも遊びでもまず本から基礎を学ぶことから始めています。多くのことを本から学んできた一方で、もっと早くこの本と出会えていればと思うことも少なくありません。

ReadHubで一人でも多くの人の本との出会いを生み、本好きの仲間が増えることを楽しみにしています。

株式会社54代表取締役社長 山口豪志氏
この度は、投資先の起業家からご紹介いただき、代表の青木さんにお会い致しました。本という媒体の持つ可能性を感じており、書籍の販売部数が下がる中においても、やはり書籍で読むことの価値を感じている身としては、是非とも、この領域での事業を応援させていただくことに致しました。

奇しくも同性同名でもある“ゴウシ”さんの感性と行動力を見守りつつ、私の知見・経験を活用して頂き、彼の実現したい世界観を実現して欲しいと思います。