fbpx

音声配信アプリ運営の「stand.fm」、YJキャピタルから5億円の資金調達を実施 …配信者の収益化を支援するパートナープログラムも開始

女性向けメディアMERYの創業者の中川綾太郎氏らが設立した株式会社stand.fmは、YJキャピタルより5億円の資金調達を実施。同社運営の音声配信アプリ「stand.fm」で、配信者の収益化を支援する「stand.fmパートナープログラム(SPP)」を開始します。SPPの第一弾として、再生時間に応じた収益還元プログラムをリリースし、審査を通過した配信者は、再生時間に応じた収益を受け取ることが可能で、今後コンテンツ販売、サポーター機能も利用可能になります。

stand.fmは、誰でもどこにいても気軽に収録ができ、すぐに配信できる音声配信アプリで、現在、エンタメやビジネス、スポーツ、恋愛、美容、ミュージック、ライフスタイルなど、幅広いジャンルのコンテンツを揃え、タレントやインフルエンサー、専門家などによるコンテンツも配信されています。LIVE配信ではリアルタイム配信に加え、複数人同時配信ができる新機能で、視聴しているリスナーも配信に参加してもらうことが可能になります。

stand.fmでは、音声コンテンツの楽しさをより多くの方に知ってもらい、音声配信をする人・聴く人を増やしていくための取り組みも行っている中で、配信者の収益化をサポートし、配信をサステイナブルにすることで、新しいコンテンツを生み出し続けるために大切と考え、今回、SPPを試験導入しました。

SPP第一弾の「再生時間に応じた収益還元」において、2020年内はキャンペーンとして、再生1時間につき4〜6円の収益還元を計画。60分の投稿が2万回再生された場合、10万円前後の収益を受け取ることが可能になります。なお、還元の単価は利用状況を見て調整予定で、将来的には広告収益の一部を還元することを想定しており、SPP対象配信者の投稿の前後に広告が挿入される場合があります。

第2弾として準備中の「コンテンツ販売」では、価格を自由に設定し、音声コンテンツを販売することができます。コンテンツ販売はアーカイブ・LIVE配信どちらも可能なので柔軟な収益化が可能になります。

合わせて第3弾として準備中の「サポーター機能」は、チャンネルを応援してくれる有料月額ユーザー(サポーター)向けに限定コンテンツの配信が可能。サポーター限定配信時間を1秒単位で設定可能なため、「放送の8割は全ユーザーが再生可能、残り2割をボーナストラックとしてサポーター限定配信」という使い方も可能です。

※画面は開発版のもの

SPPは審査制となり、承認された配信者のみが対象で、配信者のstand.fm・YouTube・SNS等のフォロワー数や発信内容など総合的な角度から審査する予定です。

■ 音声配信アプリ「stand.fm」概要
アプリ名 : stand.fm
対応機種 : iOS / Android / Web
価格 : 無料
Web:https://stand.fm/

◼️ 株式会社stand.fm 会社概要
会社名:株式会社stand.fm
所在地:〒107-0062 東京都港区南青山5-17-2-402
代表取締役:河合真吾
設立:2020年4月1日

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

お知らせ

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事