アップル、米国初の時価総額3兆ドル企業に

1月3日の株式市場で、Appleの時価総額が一時3兆ドルに到達した。堅調な業績に加え、力強いキャッシュフロー創出力、そして大規模に続けられている「自社株買い」が奏功しているものとみられる。

Apple 株価推移

Appleは2021年9月期、3,658億ドルの売上と1,089億ドルの営業利益を上げた。稼ぎ出したフリーキャッシュフローは929億ドル。同時期に860億ドルを自社株買いに費やしている。

経営陣はかねてより、ネットキャッシュ(手持ちの現金、金融資産から借入金など金融負債を引いた純額)がブレークイーブンになるまで株主還元を続けることを宣言。配当と合わせて、四半期に200億ドルもの株主還元を進める。

Appleには更なる成長余地があると、強気な予想を立てるアナリストもいる。オミクロン株の流行が不安視される中、Appleを資産の逃避先として見る向きもあるようだ。

他のビッグテックを見れば、マイクロソフトは2.5兆ドル、アルファベットは1.9兆ドル、アマゾンは1.7兆ドルとそれぞれ堅調だ。Facebook(9,417億ドル)を含む5社合わせた時価総額は約10兆ドルにものぼる。

(記事提供元: 経済をシンプルに解説するStrainer)

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,461フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

Strainerhttps://strainer.jp/
Strainer(ストレイナー)のMedia Innovation出張版です。Strainerは要点をシンプルに解説する経済メディアです。上場企業の決算を中心に国内外の経済ニュースをウォッチ、注目の話題を分かりやすくお届けするメディアです。

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger