スマートメディア、メディア統合型コーポレートサイト構築サービス「Company Cloud」をリリース

SaaS型CMS事業を展開する株式会社スマートメディアが、企業が見込み顧客獲得からブランディングまで、マーケティングを意識した企業サイトを構築できるメディア統合型コーポレートサイト構築サービス「Company Cloud(カンパニークラウド)」の提供を開始したと発表しました。

スマートメディアは、エンジニアがいない企業でも安心してWEBサイトの構築ができるSaaS型のWEBサイト構築ツール「Clipkit®」や、社内サイト構築サービス「ザ社内報」など、累計750サイトの立ち上げから運営までをトータルサポートする企業です。

情報発信力と更新性をもったコーポレートサイト運営が実現

スマートメディアによると、コストや人材不足により「企業の顔」であるコーポレートサイトの運営が後回しになり、更新性のないサイトを抱えている企業が増えているといいます。

また、現在のコーポレートサイトには、情報の鮮度やユーザーに届けたい情報が何なのかわかりにくい、企業理念等の訴求が重視されていてTOPページの情報量が少なく、第二階層へ遷移しないと伝えたいことが伝わらない構造になっている、などの課題があるとしています。

スマートメディは、コーポレートサイトの運営に課題を抱える企業には、企業が本当に伝えたい情報やストーリーをステークホルダーにわかりやすく伝えるために、情報発信力と更新性を持った自社メディアが必要と結論。この度、メディア統合型コーポレートサイト構築サービス「Company Cloud(カンパニークラウド)」を開発するに至ったとのことです。

カンパニークラウドの特長

  1. 直感的な操作で誰でも簡単にコンテンツ作成が可能
  2. マーケティングに必要な機能が搭載
  3. 国内産のCMSで安心のセキュリティ

カンパニークラウドは、初めてでも担当者が操作できる編集画面なので、エンジニアが不要。コストを抑えつつ柔軟かつ更新性の高いコーポレートサイト運営が可能といいます。資料ダウンロード機能やメール配信機能など、マーケティングに必要な機能も搭載。月間1,000万PVを超えるメディアにも利用されている強固なシステムを使用しており、急激なPVの増加にも対応可能なサーバーインフラ構成を備えているとのことです。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,469フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事