RKBと九州博報堂、「REACH REACH FUKUOKA」設立で九州・福岡のベンチャー企業の発信力をサポート

RKB毎日放送株式会社株式会社九州博報堂が、2社の共同事業として九州・福岡のスタートアップ・ベンチャー企業の発信力を支援する「REACH REACH FUKUOKA(リーチリーチふくおか)」を設立したと発表しました。

「REACH REACH」は、株式会社毎日放送株式会社博報堂(関西支社)、株式会社博報堂DYメディアパートナーズの3社が2021年1月、関西のベンチャー企業の発信力を強化するためのサポートプロジェクトとしてスタートした共同プロジェクトです。

今回設立された「REACH REACH FUKUOKA」は、関西エリアで培った「REACH REACH」のノウハウをグループネットワークを活用し、実証実験プロジェクトとして九州・福岡エリアで展開するものです。

「REACH REACH FUKUOKA」の目的は、福岡県で長年にわたりラジオ・テレビなどを通じて情報を発信してきたRKBと、「地域の情熱たちと、未来をつくる。」をパーパスに掲げる九州博報堂が両社のリソースを持ち寄り、スタートアップ・ベンチャー企業の発信力を支援することで社会や世界にリーチしてもらうことだといいます。

また、スタートアップ・ベンチャー企業を支援している行政、団体とも連携し、幅広い支援活動を行っていくとのことです。

プロジェクト第一期は、RKB毎日放送がスポンサーになっている福岡市の官民共働型スタートアップ支援施設「Fukuoka Growth Next」において、10月より支援プログラムが実施されます。

【主な支援内容】

  • RKBの報道記者やプロデューサーらによる月1回のREACH力UPセミナーの開催(メディア側の視点からの発信ノウハウ支援、リリース添削など)
  • 九州博報堂によるブランディング・マーケティング・メディアプランニングのセミナーや相談会の実施
  • 2社のネットワークを活かした各業界とのビジネスマッチング

他にもオプションとして、RKBが社会課題と向き合うスタートアップ・ベンチャー企業を紹介する映像の制作や、アナウンサーによるプレゼントレーニング、九州博報堂によるプレゼン資料制作サポート、九州博報堂の社内研究所「九州しあわせ共創ラボ(Qラボ)」の研究プロジェクトも計画されています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,460フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事