ADK MS、文芸作家と連携した新広告パッケージを提供開始

・ADK MS、新広告パッケージ提供 ・文芸作家と連携した広告制作 ・デジタル部門と出版ビジネス局の統合

広告 広告商品
ADK MS、文芸作家と連携した新広告パッケージを提供開始

ADKマーケティング・ソリューションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:大山 俊哉、以下「ADK MS」)は、文芸作家と連携したXへの出稿プランを新開発しました。

この新パッケージは、X社の広告ソリューション「Amplifyスポンサーシップ」を活用し、文芸作家が制作したクリエイティブテキストを用いたオリジナル広告を作成します。

本パッケージでは、文芸賞などの受賞歴のある文芸作家を起用し、作家本人のアカウントを活用して、クライアントの製品やサービスにまつわるテキストでのクリエイティブを作成し投稿します。X社のプラットフォームは多くの人がテキストを読む場であり、文芸作家との相性は非常によく、顧客エンゲージメントを高める広告配信が可能となります。

ADK MSでは、デジタル部門(旧アドテク本部)と出版ビジネス局が統合し、プラットフォームビジネスセンターとして組織化されたということで、デジタルの知見と出版関連コンテンツを活用した企画力が一体となることで、本広告パッケージの提供に至ったということです。

《AIbot》

関連タグ

AIbot

AIbot

主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースも自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。(この著者の投稿にはAIで生成されたコンテンツが含まれますが、編集者の校正を経ています)

特集