XTech(クロステック)株式会社はIT領域に特化したM&A支援事業に参入し、M&A BASE株式会社を設立しました。また、XTech新卒第一号の廣川航氏がM&A BASE株式会社の取締役に就任しました。

XTechはインターネット関連事業に取り組む企業で、Startup Studio(スタートアップスタジオ)の運営も行っています。

この度のM&A BASEの設立背景には、新しい産業でもあるIT領域でM&Aを行う上で必要となる売り手と買い手の情報やPMIまでを想定したアドバイスができる人材などのM&Aの基盤(BASE)が不足していることが挙げられています。

また、日本企業におけるM&Aは増加しており、2018年には過去最高の件数と金額を更新しています。IT領域においてもM&Aは増加していますが、大企業の新規参入や人材確保を目的にしたスタートアップ企業の買収、業界再編の加速でさらに伸びると考えたこともM&A BASEの設立背景には繋がっています。

M&A BASEはIT領域のスタートアップ企業や大企業に対して、専門知識を持つスタッフがM&Aに関するアドバイスだけではなく、仲介やデューデリジェンスやPMIの支援、M&Aの戦略立案など、M&Aに必要な支援事業を全般的に行います。

取締役の廣川航氏は「今後、日本のM&Aの活性化に向けてスタートアップと大企業の両者に寄り添いながらより良いサービスを提供し、IT領域におけるM&Aの支援基盤でNo.1になることを目指します。」とコメントし、意気込みをみせています。