XTechがM&A支援事業に参入…MA BASEを設立し新卒の廣川航氏が取締役に就任

XTech(クロステック)株式会社はIT領域に特化したM&A支援事業に参入し、M&A BASE株式会社を設立しました。また、XTech新卒第一号の廣川航氏がM&A BASE株式会社の取締役に就任しました。

XTechはインターネット関連事業に取り組む企業で、Startup Studio(スタートアップスタジオ)の運営も行っています。

この度のM&A BASEの設立背景には、新しい産業でもあるIT領域でM&Aを行う上で必要となる売り手と買い手の情報やPMIまでを想定したアドバイスができる人材などのM&Aの基盤(BASE)が不足していることが挙げられています。

また、日本企業におけるM&Aは増加しており、2018年には過去最高の件数と金額を更新しています。IT領域においてもM&Aは増加していますが、大企業の新規参入や人材確保を目的にしたスタートアップ企業の買収、業界再編の加速でさらに伸びると考えたこともM&A BASEの設立背景には繋がっています。

M&A BASEはIT領域のスタートアップ企業や大企業に対して、専門知識を持つスタッフがM&Aに関するアドバイスだけではなく、仲介やデューデリジェンスやPMIの支援、M&Aの戦略立案など、M&Aに必要な支援事業を全般的に行います。

取締役の廣川航氏は「今後、日本のM&Aの活性化に向けてスタートアップと大企業の両者に寄り添いながらより良いサービスを提供し、IT領域におけるM&Aの支援基盤でNo.1になることを目指します。」とコメントし、意気込みをみせています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,437フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger